使い捨てランチマットのメリットは? オリジナル製作のポイント解説


使い捨てランチマットは、飲食店や企業のノベルティとして活躍するアイテムです。オリジナル製作では、目的に沿ったデザインが反映できるため、企業のPRができる大きなメリットがあります。また、布製は手入れが大変ですが、紙製なら使い捨てタイプなので清潔で手入れも楽です。

本記事では、そんな使い捨てランチマットをオリジナル製作するポイントについて解説します。

  1. 使い捨てランチマットは清潔で便利!
  2. 使い捨てランチマットはオリジナル製作ができる
  3. オリジナル製作の前に確認すべきこと
  4. 使い捨てランチマットの製作業者を選ぶポイント
  5. 使い捨てランチマットに関してよくある質問

この記事を読むことで、使い捨てランチマットの製作方法やコツなどが分かります。オリジナル製作を検討している方は、ぜひチェックしてください。

1.使い捨てランチマットは清潔で便利!

最初に、使い捨てランチマットがいかに便利なアイテムか、その魅力とメリットについて解説します。

1-1.ランチマットは機能性抜群

ランチマットは和製英語で、正式名称はプレイスマット、テーブルマットといいます。ランチマットの主な役割は、テーブルを料理や飲み物で汚さないようにすることです。テーブルクロスやテーブルの汚れを未然に防ぐことができるだけでなく、テーブルと食器類がこすれたり、水ぬれを防止したりする役割を担っています。

1-2.食卓が華やかになる

基本的に、ランチマットは1人1枚ずつ用意し使用します。リビングの雰囲気や食事会の目的に合わせてランチマットを自由に変えることができ、食卓をより華やかにすることができるでしょう。ランチマットを交換するだけでも雰囲気が変わるので、その日の気分に合わせることもできます。また、シンプルなものからデザインに凝ったものまで多種多様です。デザインに大きな魅力があるため、ランチマットの愛好家も存在しています。

1-3.布製・紙製・木製それぞれのメリット

ランチマットは、布製・紙製・木製と素材による違いも楽しむことができます。布製は汚れたら洗ってキレイにできるため、何度も使い続けられるでしょう。コストパフォーマンスに優れていますが、手入れが面倒に感じる方もいます。木製は木材ならではの温かみが感じられますが、水に弱い傾向があるため、ジュースなど飲み物をこぼすとすぐに拭き取らなければなりません。それぞれメリットだけでなく、デメリットもあります。使い捨てとして使用されるランチマットは、ほとんどが紙製ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。次の項目で解説します。

1-4.使い捨てのメリットは清潔さ

紙製のランチマットは、常にキレイな状態で使うことができる点が大きなメリットです。布製や木製はくり返し使うことになりますが、毎度使うたびに汚れが目立ち始めます。手入れが必要になり、常に清潔な状態で使うことはできません。しかし、紙製の使い捨てタイプなら手入れの必要もなく、吸水性も優れているのでランチマットとしての機能性は抜群です。特に、使用頻度が多い飲食店などでは、コストパフォーマンスに優れている紙製ランチマットが最適といえるでしょう。

1-5.飲食店・カフェなどで利用される

使い捨てランチマットは常に清潔な状態で使えるメリットから、飲食店・カフェ・レストランなどで使用されます。ファストフード店では、トレイの上に敷いているのをよく見かけるでしょう。さまざまな素材があるランチマットですが、紙製は使い勝手がいいので多くの場面で使用されています。また、ほかの素材よりも低単価なので、コストパフォーマンスに優れているのもメリットの1つです。

2.使い捨てランチマットはオリジナル製作ができる

使い捨てランチマットのオリジナル製作について詳しく説明します。オリジナル製作を検討している方は要チェックです。

2-1.オリジナル製作で自分だけのデザインに

オリジナル製作の大きなメリットは、自分だけのデザインが反映できることです。たとえば、飲食店のロゴを入れたり、会社のPR商品を印刷したりと、さまざまな方法があります。自分でデザインしたイラストをそのまま反映させることもできるのです。既製品にはないものを作ることができるのは、オリジナル製作の大きなメリットといえるでしょう。

2-2.業務用・ノベルティとしても便利

前述したように、使い捨てランチマットは飲食店全体での利用率が高いグッズです。紙製はデザインのアレンジがしやすい素材なのでノベルティとしても活用できます。オリジナル製作のランチマットを業務用やノベルティとして使うと、以下のようなメリットがあるでしょう。

  • コストをかけず簡単にオリジナルティがアピールできる
  • 実用性が高く、幅広い年齢層に使ってもらえる
  • 再製作が簡単にできる
  • 布製や木製よりも保管スペースを取らない
  • 使用機会が多く、効果的な宣伝につながる

2-3.コストパフォーマンスに優れている

使い捨てランチマットのオリジナル製作は、コストパフォーマンスに優れています。布製や木製よりも最小限の費用で抑えられ、1度入稿したデータを再度使用すれば再製作も簡単にできるのです。最初から作りなおす必要もないため、人件費の削減にもつながるでしょう。コストを抑えつつPRにつながるランチマットを作りたい方は、使い捨ての紙製が断然おすすめです。

2-4.汚れたら交換するだけ、気軽に使える

使い捨てランチマットは、汚れたら交換するだけでOKです。洗ったりキレイにしたりする必要がないため、オリジナル製作でも気軽に使うことができるでしょう。何より、飲食店においては、汚れてもすぐに取り換えられて清潔に使える点が紙製ランチマットの大きなメリットです。木製や布製のようにかさばることもないため、保管スペースが必要ないのもメリットとなっています。

3.オリジナル製作の前に確認すべきこと

オリジナルで製作する前に、確認すべき事項がいくつかあるので解説します。

3-1.サイズ・型を決める

まずは、ランチマットのサイズと型を大まかでいいので決めておきましょう。紙製テーブルマットやランチマットのオリジナル製作を行っている株式会社マスプロックでは、ランチマットをテーブルマットと称し受注を受けつけています。主な形状とサイズは以下のとおりです。

  • カドR Lサイズ:414×302mm
  • カドR Mサイズ:368×262mm
  • 六角型A Lサイズ:414×302mm
  • 六角型B Lサイズ:414×302mm

一般的な四角形だけでなく、六角型のように特徴的な型もあり、全部で3つの型を用意しています。食器や家具とのコーディネートに合わせて自由にお選びください。

3-2.デザインを大まかに決めておく

サイズと型だけでなく、大まかなデザインも事前に決めておきたいところです。デザインで悩んだときは、何のためにランチマットをオリジナル製作するのか考えてみてください。目的がハッキリすれば、具体的なデザインが浮かんでくるはずです。たとえば、企業PRのためのノベルティにする場合は、会社のロゴやマークを中央に入れたり、商品をそのまま印刷したりすることができます。自由なデザインが可能なので、業者との打ち合わせで決めるのもいいでしょう。

3-3.枚数・ロット数を確認する

オリジナル製作する際は、注文枚数を決めておかなければなりません。注文枚数によって費用が異なるため、まず予算を決めておけば、何枚発注できるか確認できます。ただし、受注可能な最小の枚数=ロット数が決まっているので、注意が必要です。2,000枚~と小ロットから受注可能なところもあれば、1万枚~と大ロットでなければ受注しないところもあります。

3-4.費用を確かめてから依頼する

注文数・色数・サイズなどによって、費用が大きく異なります。マスプロックの場合は、2,000枚から受注可能ですが、無地・1色・2色・4色の色数で価格が変わるのです。たとえば、2,000枚の場合、無地が17,000円、1色が23,000円、2色が25,000円、4色が29,000円となります。また、初版代として1色3,500円、2色7,000円、4色14,000円が必要です。業者によっては、もっと費用がかかる可能性があるため、見積書は細部まで確認してから依頼しましょう。

4.使い捨てランチマットの製作業者を選ぶポイント

それでは、使い捨てランチマットの製作業者を選ぶポイントを解説します。業者選びは理想どおりのオリジナルを製作する重要なポイントの1つです。

4-1.素材・品質がいいか

製作業者によって使用する素材が異なり、中には低品質な素材で製作を行う悪質業者が存在しています。できれば、実物を手に取って確認したいですが、遠方の場合は困難でしょう。そんなときは、どのような素材を使用しているのかスタッフに尋ねてください。具体的に説明していくれる業者なら安心して依頼できますが、いい加減な対応をする場合は要注意です。

4-2.印刷方法が明確に記載されているか

オリジナル製作の場合は、印刷方法についても理解が必要です。一般的に、使い捨てランチマットのオリジナル製作では、オフセット印刷を採用します。オフセット印刷は多くの業者が採用している印刷方法で、色を多く使うことができる・安価に印刷ができる点が主なメリットです。ただし、業者によっては印刷方法が異なる場合もあるため、事前にチェックしておきましょう。

4-3.ロット数や納期が相談できるか

ロット数や納期が相談できるかどうかも、業者選びの重要なポイントです。優良業者は、なるべく要望を聞き入れながらも適切なプランを提案します。急いで製作したい場合も、業者に相談してみてください。スケジュールによっては、納期を早めてもらえる可能性があります。どのような相談に対しても丁寧に応えてくれようとする業者は、安心して依頼できる証拠です。

5.使い捨てランチマットに関してよくある質問

使い捨てランチマットに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.紙製のランチマットはどんな用途があるの?

A.業務用やノベルティ用のほかにも、子ども用・アウトドア用・記念日用・季節行事用などさまざまな使い道があります。最近では、お気に入りの柄で製作したランチマットを壁に飾ったり、雑貨やアクセサリー類のディスプレイ用として下に敷いたりして楽しむ方も増えているのです。

Q.デザインが決められないときは?

A.製作業者の無料相談を活用してください。マスプロックでは、メールフォームまたは電話から無料相談を受けつけています。「イメージが決まっている」「こんなシーンで使いたい」など、大まかな要望でも構いませんので、ぜひ1度ご相談ください。

Q.台紙の色は?

A.業者によって台紙の色が異なるため、事前の確認が必要です。たとえば、マスプロックの場合はレモン・さくら・若草・水・アイボリー・ラベンダーの6種類をご用意しております。ホームページで見た色と実際に印刷した色と異なるケースがあるので、できれば実物を見て確認したほうがいいでしょう。

Q.オーダーから納期までの流れは?

A.大まかな流れは以下のとおりです。

  1. フォームまたは電話から無料相談・問い合わせする
  2. サイズや枚数などを伝え、見積書を確認する
  3. 見積書に納得した後、原稿データを送る
  4. 製作→納品

Q.納期までどのくらいかかるの?

A.注文枚数によって異なりますが、だいたい1週間~10日で納品できるケースがほとんどです。ただし、枚数が多い場合はもっとかかる可能性があります。納期を早めたい場合は、業者へ確認し相談してください。スケジュールの都合によっては、早めに納品できる可能性があります。

まとめ

使い捨てランチマットの大きなメリットは、常に清潔な状態で使えることです。紙製なので、手入れの必要性がなく、吸水性も抜群で実用性があります。飲食店で使用するほか、会社のロゴマーク・名前・マスコットキャラクターなどをデザインしたノベルティとしても便利なアイテムです。既製品にはないオリジナルは、PRにぴったりのアイテムといえるでしょう。また、オリジナル製作の際は、目的をきちんと明確にしてからデザインを固め、実績のある業者へ依頼することが大切なポイントです。どのようなデザインにしたらいいのか分からない場合は、オリジナル製作業者の無料相談を利用してください。


コースター制作のマスプロック