飲食店のテーブルマットは紙がおすすめ! 主なメリットや製作方法は?


「飲食店のテーブルマットは紙で作るとよいと聞いたけど、具体的にどんなメリットがあるのだろう」とお考えではありませんか? 飲食店でテーブルマットを使うと、食品汚れの付着を防ぐことができる、衛生管理がしやすいなど、さまざまなメリットがありますよね。しかし、実際にどんな方法で紙のテーブルマットを作ることができるかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、飲食店のテーブルマットについて詳しく解説します。

  1. 飲食店におけるテーブルマットの役割
  2. 飲食店のテーブルマットに紙を使うメリット
  3. 飲食店が紙のテーブルマットを作るときのポイント
  4. 飲食店がテーブルマット製作を依頼するときの注意点
  5. 飲食店のテーブルマットに関するよくある質問

この記事を読むことで、飲食店がテーブルマット製作を依頼するポイントなどがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.飲食店におけるテーブルマットの役割

最初に、飲食店においてテーブルマットにはどんな役割があるか見ていきましょう。

1-1.テーブルの汚れ防止

飲食店におけるテーブルマットの役割は、テーブルの汚れを防止することです。テーブルには、飲食物や手あか・ホコリなどの汚れが付着します。そのため、何も敷かない状態では、テーブルが汚れ放題になってしまうでしょう。しかし、テーブルマットを敷いておけば、汚れがテーブルに付着するのを防ぐことができ、テーブルをキレイに保つことができます。

1-2.掃除の簡略化

掃除の簡略化も、飲食店におけるテーブルマットの役割になります。油汚れなどのしつこい汚れがテーブルに付着すると、掃除が大変です。しかし、テーブルマットを敷いておけば、汚れたらテーブルマットを交換すればよく、掃除の手間がかかりません。顧客が帰った後のセッティングも簡単かつスピーディーにできるのもメリットです。

1-3.高級感の演出

飲食店でテーブルマットを使用すると、高級感を演出することも可能です。テーブルマットを使うと、使わない場合よりも店舗のランクが上がった印象になります。また、テーブルセッティングに力を入れているという印象が強くなるため、店舗のイメージアップを図ることも可能です。

2.飲食店のテーブルマットに紙を使うメリット

飲食店のテーブルマットに紙を使うとどんなメリットがあるか、詳しく見ていきましょう。

2-1.使い捨てできる

飲食店のテーブルマットに紙を使うと、汚れたらそのまま捨てることができて大変便利です。飲食店のテーブルマットは汚れやすいため、布製などのものは、頻繁に洗濯が必要になります。しかし、紙のテーブルマットは、汚れたら使い捨てできるため、洗濯する手間がかかりません。仕事の効率化という意味でも、大きな意味があるといえます。

2-2.製作価格が安い

製作価格が安いのも、飲食店のテーブルマットに紙を使うメリットです。同じ予算でも、布製のものと比較して多くの枚数を作ることができ、コストパフォーマンスに優れています。また、テーブルマットの製作価格が安ければ、浮いた予算をそのほかのものに使うことができ、一石二鳥といえるでしょう。

2-3.オリジナルデザインしやすい

オリジナルデザインしやすいのも、飲食店のテーブルマットに紙を使うことをおすすめする理由です。紙を使うと色乗りがよく、フルカラー印刷がとてもよく映えます。また、布よりも表面が滑らかなため、デザインの細かな部分がつぶれにくいのもメリットです。たとえば、写真を使ったデザインなども、美しく表現できます。

2-4.保管コストを抑えることができる

飲食店のテーブルマットに紙を使うと、保管コストをグンと抑えることができます。保管コストがかからないのは、飲食店の経営にとっても大きなメリットといえるでしょう。紙は布製・ビニール製などのテーブルマットと比べると薄いので、コンパクトに保管することが可能だからです。その分、空いたスペースにそのほかの備品を置くこともできます。

2-5.衛生的

飲食店のテーブルマットに紙を使うと、大変衛生的といえます。使用した都度交換するため、常に新しいテーブルマットを提供することが可能です。飲食店にとって、衛生的であることは大きなメリットといえます。実際に、紙のテーブルマットを用意している飲食店は、衛生管理がしっかりしている印象になり、顧客が安心して利用できるものです。

3.飲食店が紙のテーブルマットを作るときのポイント

飲食店が紙のテーブルマットを作るときに押さえておくべきポイントを、詳しく解説します。

3-1.デザイン

飲食店のテーブルマットは、デザインが大切です。料理を引き立てつつ、店舗の個性をアピールできるデザインを考えてみてください。実際に料理を置いた状態で違和感がないか確認するのも、失敗を防ぐポイントです。ほかの飲食店がどんなテーブルマットを使用しているかチェックしたり、業者に相談してなるべく多くの実例を見せてもらって参考にしたりするとよいでしょう。

3-2.サイズ

飲食店が紙のテーブルマットを作る場合、サイズも重要なポイントです。テーブルの大きさや料理の配膳方法などによっても、最適なサイズが異なります。そのため、きちんと必要なサイズを割り出しておくことが大切です。使いやすさと実用面の両方を考えて、理想のサイズを割り出しましょう。業者によっては、複数のサイズ展開を行っているほか、オーダーメイドでサイズ指定することもできることもあるので、相談してみてください。

3-3.納期

紙のテーブルマットをいつまでに必要かも、確認しておきたい点です。特に、飲食店のリニューアルオープンなど、特定の日に間に合わせたい場合は、確実に手元に届いている必要があります。必要となる日の1週間前をデッドラインにし、逆算して準備を進めていくと間違いがありません。ギリギリのスケジュールで進めていくと、何らかの理由で遅れが発生して間に合わなくなることがあるので注意しましょう。

3-4.製作枚数

店舗の来客数を考えて、必要な製作枚数を割り出してください。店舗の来客数+αの枚数を用意すれば、ひとまず間に合うはずです。オーダーする枚数が多いほど1枚当たりの単価が下がるものの、初期費用が高くなり、保管の手間もかかります。なお、テーブルマットの納期を考えると、足りなくなったときのことを考えて、1か月分程度余分にオーダーしておくことも検討してみてください。

3-5.予算

飲食店が紙のテーブルマット製作を業者に依頼する際、予算も重要なポイントです。多くの場合、限られた予算の中で発注することになるでしょう。品質にこだわり過ぎても、また、むやみに多くの枚数をオーダーしても予算をオーバーしてしまいます。まずは、予算内で必要な枚数を一定の品質で確保することが大切です。そのためにも、この記事の「4-1.信頼できる業者に依頼することが大切」を参考にし、信頼できる業者を選んでオーダーするとよいでしょう。

4.飲食店がテーブルマット製作を依頼するときの注意点

飲食店がテーブルマット製作を依頼するときには、どんな注意点があるのでしょうか。

4-1.信頼できる業者に依頼することが大切

飲食店のテーブルマットは、以下のポイントを参考にして信頼できる業者に製作を依頼しましょう。

  • 飲食店のテーブルマットで豊富な製作実績がある
  • 多くの実例を元にして的確にアドバイスしてもらえる
  • 高品質な仕上がりで定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 注文しやすいロット数
  • できるだけ短納期発送に対応している
  • スタッフが親切で感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 必要に応じてデザインデータの作成も依頼できる

なお、当マスプロックでも、飲食店のテーブルマットを数多く製作し、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.依頼内容は文書に残しておく

飲食店がテーブルマット製作を業者に依頼する場合、きちんと文書に内容を残しておくことが大切です。口頭で伝えるだけでは、後からトラブルになることがあります。たとえば、口頭で問い合わせた場合でも、再度メールで確認して文書に残しておきましょう。依頼内容を文書に残しておくことで、何かあったときの証拠になります。

4-3.不安な点や不明な点をクリアにしておく

不安な点や不明な点は、必ずクリアにしておいてください。小さなことでもそのままにしておくと、後から大きな問題に発展することがあります。業者との打ち合わせなどで、よく分からない点があったらその場で説明してもらうようにしてください。特に、納期や仕様の問題は、行き違いが発生しやすいので注意しましょう。

5.飲食店のテーブルマットに関するよくある質問

最後に、飲食店のテーブルマットに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.テーブルクロスを敷いていてもテーブルマットを併用すべきか?

A.併用するのがおすすめです。テーブルクロスとテーブルマットを併用することで、テーブルに汚れが付着するのをより強力に予防できます。また、テーブルマットの使用により、テーブルクロスの汚れを予防することができ、交換や掃除の手間を減らすことが可能です。

Q.紙のテーブルマットをオリジナルの形状にしてもらうことはできる?

A.業者によっては対応可能なので、確認してみてください。なお、テーブルマットの形状変更は特注扱いになるため、オプション費用が必要だったり納期が長くなったりするのが一般的です。

Q.紙のテーブルマットを保管するときの注意点は?

A.変質を防ぐために、衛生的で直射日光の当たらない場所に保管してください。また、ホコリや湿気を避けて保管することも大切です。たまに保管状況をチェックし、変色や破損が見られるものは処分しましょう。また、残りが少なくなっていたら追加オーダーを考えてください。

Q.テーブルマットの仕上がりが気に入らない場合は再製作してもらえる?

A.業者に明らかな落ち度があった場合以外は、自己負担での再製作になります。よくあるのが、イメージしていた色合いと異なるというものです。テーブルマットの色合いについては、パソコンなどの画面で見たイメージと実際の仕上がりで多少のギャップが出ることを理解しておきましょう。

Q.最小ロット数より少ない枚数でもオーダーできる?

A.多くの場合、相談により対応してもらうことができます。ただし、オプション費用が上乗せとなり、1枚当たりの価格が割高になることが多いでしょう。

まとめ

今回は、飲食店のテーブルマットについて詳しく解説しました。飲食店のテーブルマットを紙で製作すると、使い捨てできて便利など多くのメリットがあります。また、優れたデザインで製作できれば、顧客から評判を集めてコレクターズアイテムとなり、テーブルマットを目当ての来客が増加することもあるでしょう。なお、飲食店のテーブルマット製作で満足できる仕上がりにするためには、信頼できる業者によく相談して製作することがおすすめです。


コースター制作のマスプロック