正方形ティッシュボックスのオリジナル製作の方法とポイントは?


ティッシュボックスの一般的な形は「長方形」ですが、「正方形」タイプの人気が上昇中です。「かさばらない」「形がかわいい」「会社の引き出しなどに入れられる」と、さまざまなメリットが注目されています。そんな正方形タイプのティッシュボックスは、オリジナル製作ができるアイテムです。自分だけのデザインが反映でき、プレゼントや贈り物としても最適でしょう。本記事では、正方形ティッシュボックスのオリジナル製作の方法とポイントについて解説します。

  1. 正方形ティッシュの魅力を知ろう!
  2. 正方形ティッシュのオリジナル製作のメリットは?
  3. 正方形ティッシュの製作方法は?
  4. 正方形ティッシュの製作業者選びのポイント
  5. 正方形ティッシュに関してよくある質問

この記事を読むことで、正方形ティッシュの魅力が分かり、想像どおりのオリジナルティッシュが製作できます。検討している方はぜひチェックしてください。

1.正方形ティッシュの魅力を知ろう!

人気のある正方形ティッシュは、どんな魅力があるのでしょうか。まずは、サイズと枚数、魅力・利便性の把握が必要です。

1-1.正方形ティッシュのサイズは?

正方形ティッシュのサイズは、ボックスが110×110×110mm、ティッシュが200×210mmが一般的です。通常のティッシュボックスは正方形ではなく平型となりますが、こちらよりも小さめのサイズとなっています。サイズは小さめでも高さがあるため、入るティッシュの枚数は同じなのです。約1,000枚~5万枚収めることができます。

1-2.魅力、利便性のポイントは?

正方形ティッシュの人気が出ているのは、かわいいサイズ感です。一般的な平型とは異なる正方形サイズなのでかわいさが増し、書類でかさばるデスクでも、正方形のコンパクトなサイズならスペースを取らないのが魅力といえます。おしゃれなデザインにすれば、デスクが明るくなること間違いなしです。たとえ、デスクに置けなくても引き出しに入れることができます。必要なときにだけ、引き出しからティッシュを取り出せば良いので見た目がスッキリするでしょう。

2.正方形ティッシュのオリジナル製作のメリットは?

オリジナル製作のメリットと実例、最近の傾向について解説します。

2-1.主なメリットをご紹介!

スーパーマーケットやドラッグストア等で販売されているのは、ほとんどが平型タイプです。たまに、正方形ティッシュボックスを見かけますが、珍しい形なので目立ちます。オリジナル製作は、自分の好みのデザインが反映できるため、さらに目立つこと間違いありません。おしゃれなデザインは人目を引き、会社・店舗等の宣伝効果にもつながるでしょう。
さらに、正方形というサイズ感が「ちょうど良い」のも大きなメリットとなります。「平型サイズだと大きくて邪魔、ポケットサイズではすぐになくなる」と悩んでいる方に、ちょうど良いサイズでかさばらないと好評です。なかなか見つからないサイズだからこそ、オリジナルデザインで作り利用してみてはいかがでしょうか。

2-2.実例を紹介!

「オリジナル製作がどういう感じに仕上がるのか見てみたい」と思っている方が多いでしょう。そんなときは、オリジナル製作を受けつけている業者のホームページをチェックしてください。実際に製作したアイテムの写真が掲載されていたり、相談すれば実物を見せてくれたりするところもあります。また、ホームページで「正方形 ティッシュ」と検索すれば、さまざまなデザインのティッシュボックスが確認できるでしょう。デザインの参考になるので、ぜひ検索してみてください。

2-3.最近の傾向は?

最近は、ほかにはない独特なデザインを反映させるケースが増えています。たとえば、自分が考えたキャラクターをティッシュボックスに記載してプレゼントとして贈るなどです。個人的に贈り物として活用するだけでなく、会社のロゴや名前を記載すれば社内で使用し取引先へのアピールにもなるでしょう。オリジナル製作だからこそ、ほかにはないデザインが反映できます。

3.正方形ティッシュの製作方法は?

それでは、正方形ティッシュの製作方法はどのように進めるのでしょうか。ここでは、デザインのポイント・印刷方法・宣伝効果アップのポイントを紹介します。

3-1.デザインのポイント

まずは、何のために製作するのか「目的」を明確にすることが大切です。たとえば、贈り物として製作したい場合は、誰にどんな内容で贈るのかハッキリすることでデザインが決まりやすくなります。女性に贈るなら、かわいらしいデザインにするなど選択肢が狭まるでしょう。宣伝効果として会社で使用する場合は、名前やロゴ・キャラクターを入れたシンプルなデザインにしたり、人目を引く個性的なデザインにしたりとさまざまです。
また、正方形サイズは平型よりも、印刷できる範囲が広まります。そのため、デザインしやすく、選択肢も広がるでしょう。

3-2.印刷方法は?

製作業者で異なりますが、オフセット印刷が一般的です。オフセット印刷とは、印刷版から直接紙に印刷せず、1度ゴム布に印刷してから紙へ印刷します。文字の輪郭やエッジがシャープに仕上がり、大量に刷るほど単価が下がるのがメリットです。具体的な印刷方法に関しては、依頼する製作業者へ確認してください。

3-3.宣伝効果アップのポイントは?

宣伝目的にオリジナルティッシュボックスを製作する場合は、デザインや工夫によって効果をアップすることができます。たとえば、イベントの告知や店舗のPR詳細を記載することです。正方形サイズは、印刷範囲が広いので開催予定のイベントやキャンペーンなどの情報が記載できます。カラーも4色使用できるため、色合いも工夫できるでしょう。中には、会社の名前・ロゴだけでなく、関連写真を掲載するところもあります。どうすれば、注目されるデザインになるのか、製作業者と相談しながら決めると良いでしょう。

3-4.注意点

宣伝や販促品としてオリジナルティッシュボックスを製作する場合、他社との差別化に注目すると思います。しかし、差別化にこだわりすぎてしまうと、消費者に必要のないものを製作しがちです。いろいろな情報を入れすぎたり、デザインがごちゃごちゃになったりするおそれがあります。そのため、いくら差別化を図りたい気持ちがあっても「製作目的」を絶対に忘れてはいけません。消費者目線を忘れずに考えましょう。

4.正方形ティッシュの製作業者選びのポイント

イメージどおりの正方形ティッシュが仕上がるかは、業者の腕にかかっています。満足できる仕上がりになるためには、製作業者選びのポイントを押さえることが大切です。

4-1.業者選びのポイント

オリジナル製作を受注している業者はたくさんありますが、中にはきちんと希望どおりのデザインに仕上げてくれない悪質な業者も存在します。失敗しないために、以下のポイントを踏まえた上で信用できる業者を選んでください。

  • オリジナル製作の実績があるか
  • 無料相談・無料見積もりを受けつけているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 要望を聞き入れた上で、適切なデザインを提案してくれるか
  • ティッシュペーパーの素材がしっかりしているか
  • 少数ロットから受注可能か
  • オリジナル製作が可能な商品が豊富か

オリジナル製作の実績がある業者ほど、イメージどおりのティッシュボックスに仕上がるでしょう。上記の項目を踏まえた上で、複数の業者を比較してみてください。

4-2.平均費用はいくら?

枚数・カラーの数などで異なりますが、参考として「株式会社マスプロック」の料金設定を以下にピックアップしてみました。

  • 1,000枚:特1色 134,000円、特2色138,000円、特3色 144,000円、4色 137,800円
  • 2,000枚:特1色 212,000円、特2色 216,000円、特3色 222,000円、4色 216,000円
  • 3,000枚:特1色 289,500円、特2色 294,000円、特3色 300,000円、4色 294,000円

3,000枚以上注文する際の費用に関しては、ホームページをチェックしてください。具体的な見積もりや内訳は、無料見積もりを依頼すると良いでしょう。

4-3.製作方法、主な流れは?

まずは、業者のホームページまたは電話から無料相談をします。オリジナル製作の商品・価格・サイズなどを確認した上で無料見積もりを業者が提示するので確認してください。そして、見積内容に納得したら、デザインの原稿データの作成に入ります。デザイン原稿のデータは、Adobe Illustrator CCやMicrosoft Wordなどで制作しますが、業者によって制作方法が異なるので要注意です。デザインができたら業者へメール等で送り、最終確認後に製作開始となります。商品が完成すると、宅配便または直接の手渡しとなるでしょう。

4-4.注文方法は?

業者のホームページまたは電話から注文が可能です。注文する際は、どんな商品を製作したいのか、商品名・注文数・サイズなどを伝えてください。できるだけ詳しく伝えたほうが、見積内容も具体的になります。

4-5.どこに相談すべきか?

オリジナル製作や費用・デザインなどで相談したいことがあれば、業者の無料相談を利用してください。「株式会社マスプロック」では、目的や店舗イメージに合わせた製品作りをアドバイスしています。どのような悩みでも丁寧にお応えしておりますので、ぜひ1度ご相談ください。

4-6.注意点

オリジナル製作の注文で注意してほしいのが「ロット数」です。ロット数とは、1回で生産する数量のまとまりのことを指します。業者の中には、1万枚~と大ロット数だけしかないところもあるので注意しなければなりません。ロット数を大きくすると在庫数が増大し、小さくすると生産性が低くなる可能性があるため、バランスを考えた数量の設定が必要です。

5.正方形ティッシュに関してよくある質問

正方形ティッシュに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.販促品として使うメリットは?
A.オリジナルのティッシュボックスは、デスク上・車内などさまざまな場所に置いてもらいやすいアイテムです。日常生活の中でティッシュを使うシーンが多々あるため、販促効果が持続しやすいメリットがあります。場所を取らず、持ち帰りにも便利でしょう。コンパクトなサイズだからこそ、インテリア感覚としても使えるというメリットがあります。

Q.販促品として使う場合、どんな業種に向いているのか?
A.一般的な平型とは異なりデザイン性が高めなので、「おしゃれ」を求める業種の販促品として向いているでしょう。たとえば、デザイン事務所・不動産関係の会社などです。世にあまり出回っていない正方形のティッシュボックスは、注目を浴びやすいアイテムと言えるでしょう。

Q.注文から納品まで何日かかる?
A.ロット数やカラーの数・業者の受注状況などで異なりますが、目安は約20~30日です。早めの納品を希望する方は、事前に業者へ相談すると良いでしょう。状況によっては、早く納品できることもあります。

Q.デザイン例が知りたい
A.たとえば、美容室・ネイルサロン・エステの場合は、メニュー内容と金額、スマホから直接予約可能なQRコードやLINE@を記載することがあります。アパレルの場合はブランドイメージをアピールしたり、企業・店舗では人気アニメとタイアップしたデザインにしたりすることもあるのです。

Q.デザインデータの作り方が分からない場合は?
A.簡単なラフ画などを用意すれば、オリジナル製作業者がデータを作成してくれます。ただし、作成料がかかる可能性もあるため、前もって確認したほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 一般的なティッシュボックスは平型ですが、おしゃれでデザイン性の高い「正方形(サイコロ型)」に注目が集まり始めています。人目を引くデザインで、オリジナル製作がしやすいサイズでもあるのです。6つの面にデザインが反映できるため、目的と用途に合わせて考えることができるでしょう。販促品や同窓会・卒業式など記念品や贈り物としても最適です。オリジナル製作の方法とポイントを理解し、イメージどおりの正方形ティッシュボックスを作りましょう。


コースター制作のマスプロック