ポケットティッシュ広告にはどんな効果がある? 制作のコツを詳しく!


「ポケットティッシュ広告を配布したいけど、本当に効果があるのか」「ポケットティッシュ広告の費用対効果を高めるコツを知りたい」とお考えではありませんか? ポケットティッシュ広告は、駅前や繁華街などで配られることが多いですよね。しかし、実際にどんな効果があるのか、広告効果を高めるにはどうすればよいのかなど、よく分からないこともあるでしょう。せっかく制作するのなら、最大限の効果を出したいものです。

そこで今回は、ポケットティッシュ広告の効果について詳しく解説します。

  1. ポケットティッシュ広告は効果がある?
  2. ポケットティッシュ広告の費用対効果は?
  3. ポケットティッシュ広告の効果が高い理由
  4. 広告効果の高いポケットティッシュを作るコツ
  5. ポケットティッシュの広告効果に関するよくある質問

この記事を読むことで、費用対効果に優れたポケットティッシュ広告を制作するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ポケットティッシュ広告は効果がある?

最初に、ポケットティッシュ広告の効果について見ていきましょう。

1-1.ポケットティッシュ広告で来店に至るケースも多い

ポケットティッシュ広告がきっかけで、来店に至るケースが多いのも見逃がせません。たとえば、期間限定でお得なクーポンが付いていれば、ちょっと行ってみようという気持ちになるものです。ターゲットの興味を大きく引く内容だったり、店舗の立地が便利だったりすれば、ますます来店確率が上がります。今まで店舗の存在に気付かずに通過してしまっていた人が来店しやすくなるため、新規顧客獲得に大きな効果が期待できるでしょう。

1-2.来店に至らなくても企業名や店舗名を覚えてもらえる

来店に至らなくても、企業名や店舗名を覚えてもらいやすいのもメリットでしょう。たとえば、個人店などは、大手チェーン店などに比べて知名度が低く、新規顧客を獲得するのが難しくなります。まずは、何よりも企業名や店舗名を幅広く知ってもらうことから始めることが必要です。しかし、いくらお金をかけて宣伝してもターゲットの目に留まらなければ、覚えてもらうのは難しいでしょう。その点、ポケットティッシュ広告なら、手渡した人に対してダイレクトに宣伝できるため、企業名や店舗名を覚えてもらいやすいのです。

1-3.経費削減ラッシュでより高い広告効果が期待できる

ポケットティッシュ広告は、現在多くのライバル企業がこぞって経費削減に走っていることもあり、より大きな効果が見込めます。企業の経営が悪化すると、第一に広告宣伝費などの経費を削減することでしょう。すると、今まで積極的にポケットティッシュ広告を配っていた企業も、配布数を減らしたり配布を中止したりすることになります。つまり、ライバルが減るため、より効率よくターゲットに配布しやすくなり、大きな広告効果を期待できるのです。

2.ポケットティッシュ広告の費用対効果は?

ポケットティッシュ広告の費用対効果はどうか、詳しく見ていきましょう。

2-1.一般的な広告より費用対効果が高い

ポケットティッシュ広告は、一般的な広告より費用対効果が高いことが特徴です。一般的な広告は、一度にたくさんの人に届けることができますが、ターゲット以外の人も多く含まれているため、無駄が発生します。その点、ポケットティッシュ広告は、ターゲットを決めて配布することができるので、高い費用対効果が期待できるのです。限られた予算の中で費用対効果を高めたいのなら、ポケットティッシュ広告をおすすめします。

2-2.効果が長く続く分広告コストが下がる

効果が長く続く分、広告コストが下がるのもポケットティッシュ広告のメリットです。ポケットティッシュ広告を受け取った後、長期間持ち歩いたり家に置いておいたりする人が多く見られます。長期間保管することで、何度も広告を目にするので、内容を強く印象付けることが可能です。特に、パッケージ部分に印刷してあるタイプのポケットティッシュ広告は、より長期間保管される傾向があり、大きな費用対効果が望めます。

2-3.配布場所や時間帯・ターゲットを絞ることが大切

ポケットティッシュ広告の費用対効果を高めるためには、配布場所や時間帯・配布するターゲットを選ぶことが大切です。せっかくポケットティッシュ広告を配布しても、ターゲットとかけ離れた人に渡してばかりいては、十分な広告効果を得ることができません。まずは、どんな人に広告を見てもらいたいのか考え、ターゲットが多数出没する場所と時間帯を割り出してみてください。たとえば、20~40代の社会人男性をターゲットにするのなら、主要駅前・17時~19時ぐらいが最も効率よく配布できると想定できます。代行会社やアルバイトなどの外部スタッフに配布を依頼するときは、必ず指定場所と時間帯を守り、ターゲットへ確実に渡してもらえるよう念を押しておきましょう。

2-4.実際に費用対効果を計算してみるのがおすすめ

ポケットティッシュ広告の効果を把握するには、実際にどれぐらいの費用対効果があるか計算してみるとよいでしょう。まずは、以下を参考にして配布コストを計算してみてください。

  • 配布コスト=人件費(配布スタッフの人数×時給×配布時間)+配布したポケットティッシュ広告の制作費用

たとえば、時給1,100円のアルバイト2人に、2時間で単価5円のポケットティッシュ広告を合計1,000個配ってもらったとしましょう。この場合の配布コストは、4,400円+5,000円=9,400円となります。配布後、明らかにポケットティッシュ広告による売り上げがあり、9,400円以上の利益が上がった時点で成功です。実際に計算してみると、高い費用対効果があることが分かるでしょう。

3.ポケットティッシュ広告の効果が高い理由

ポケットティッシュ広告の効果が高いのはなぜか、詳しく見ていきましょう。

3-1.実用性が高くて受け取ってもらいやすい

ポケットティッシュ広告は、何と言っても実用性が高くて受け取ってもらいやすいのが大きなメリットです。広告とポケットティッシュを組み合わせることで、お得感が大きくなります。ポケットティッシュは、一つあると外出先で何かと重宝するものです。チラシ広告だけだと受け取らない人でも、ポケットティッシュ広告だと積極的に受け取ってもらえることが多いでしょう。

3-2.持ち歩きに便利

ポケットティッシュ広告は、コンパクトで持ち歩きに便利なのも有利なポイントです。コンパクトなサイズなので、受け取った後カバンや洋服のポケットに入れることもできます。たとえば、大きなカバンを持ち歩かない人にも受け取ってもらうことが可能です。中には、バッグや洋服を交換しても、ポケットティッシュ広告をそのまま持ち続けている人も多くいます。

3-3.少なくとも1回は広告が目に入る

ポケットティッシュ広告を手渡された人は、少なくとも1回はどんなところが配ったのだろうと目を落とします。そのため、少なくとも1回は広告を見てもらえるでしょう。チラシだけでも見てもらえることはありますが、中にはそのままゴミ箱に直行したり路上に捨ててしまったりする人もいます。しかし、ポケットティッシュ広告は、すぐに捨てず手に持ったままにしたりカバンに入れたりしてもらいやすく、複数回目にしてもらうことも可能です。

3-4.ターゲットに直接渡せる

ターゲットに直接渡せるのも、ポケットティッシュ広告が有利な点です。ポケットティッシュ広告は直接手渡すのが基本なので、ターゲットだけに渡すことが簡単にできます。ただし、配布スタッフに対し、時間がかかってもターゲットだけに渡すよう指示することが大切です。不特定多数に渡すことがないよう、信頼できる人物もしくは代行会社に依頼してください。

3-5.比較的長く保管してもらえる

ポケットティッシュ広告は、比較的長く保管してもらえるのも効果が高い理由の一つです。チラシ広告だけで特に興味がない内容なら、受け取ってもらえたとしても高確率で捨てられてしまうことでしょう。しかし、ポケットティッシュ広告は、たとえ興味がない内容であっても、ひとまず保管しておく人が多くいます。家のボックスティッシュがなくなったときの予備にできる、外出用に便利だという理由などにより、とても重宝するからです。そのため、配布してから数か月しても、思わぬタイミングで広告効果を実感することもあります。

4.広告効果の高いポケットティッシュを作るコツ

広告効果の高いポケットティシュを作るコツについて、詳しくご紹介します。

4-1.目を引くデザインにする

ポケットティシュ広告は、パッと見て目を引くデザインにすることが大切です。あっさりしたデザインは、スタイリッシュな印象になる反面、インパクトがありません。まずは、広告面を見てもらうためにも、色や文字配列などでアピールすることが大切です。もちろん、単に派手な色使いを選べばよいということではありません。視認性を高めるのも大事ですが、店舗名・企業名や伝えたい内容が分かりやすいことが一番大切です。なお、同じデザインでも、配色パターンによって印象や見やすさが大きく異なります。さまざまな配色パターンを比較し、最終的に決めるとよいでしょう。

4-2.クーポン券などの特典を付ける

クーポン券などの特典を付けるのも、広告効果を高めるポイントです。多くの人は、お得感に弱いため、クーポン券が付いていると捨てずに保管してもらいやすくなります。魅力的な内容だったり有効期限が迫っていたりすると、「損をしたくない」気持ちを刺激し、積極的に来店を促すことが可能です。クーポン券をデザインするのなら、なるべく目に付く位置に入れたり、表面に「今だけお得なクーポン券付き」と記載しておいたりして裏面に印刷するのもよいでしょう。

4-3.店舗の立地や簡単な地図を記載する

店舗の立地や地図を簡単に記載するのも、来店率を高めるのに効果的です。せっかく興味を持ってもらっても、店舗がどこにあるのか分からないのでは困ります。なお、住所を文字だけで記載より、最寄り駅やランドマークが入った地図を記載したほうが、はるかに親切です。ただし、ポケットティッシュ広告は印刷範囲が狭いので、レイアウトに注意する必要があります。全体の印象を大きく損なわず、なおかつ、分かりやすいデザインに仕上げるようにしましょう。

4-4.QRコードを印刷する

QRコードを印刷しておき、ホームページやSNSアカウントに誘導するのもおすすめです。QRコードを印刷しておけば、スマホでも簡単に店舗の内容や立地などの情報を詳しく知ることができます。上手に配置すれば、ポケットティッシュ広告の限られた面積でも高い集客効果を出すことが可能です。

5.ポケットティッシュ広告の効果に関するよくある質問

最後に、ポケットティッシュ広告の効果に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.若い女性をターゲットにする場合、ピンク色を使ったデザインにすべきか?

A.断言できません。若い女性がターゲットであっても、商品やサービスの内容により、ピンク色がマッチしないこともあります。若い女性はピンク色が好きだろうという考えはいったん捨て、商品やサービスの内容に合った色でデザインしてみてください。

Q.ポケットティッシュ広告の効果はどれぐらい後に出てくる?

A.たとえば、期間限定クーポンなどが印刷されている場合は、配布後すぐに集客することも可能でしょう。しかし、単に店舗名や業務内容をデザインしただけの場合は、集客効果が出るまで日にちがかかることが多くなります。早く集客効果をアップしたいのなら、より戦略的なデザインにしたりやお得な特典を付与したりすることを考えてみましょう。

Q.印刷の仕上がりがイメージと違うときは無料でやり直してもらえる?

A.状況によるでしょう。たとえば、明らかに業者のミスが原因の場合は、無料でやり直してもらえます。しかし、色指定や印刷指定などで業者に不備がない場合は、自己負担でのやり直しが基本です。

Q.ポケットティッシュ広告の制作はどんな業者に依頼すべきか?

A.以下のポイントを参考に、信頼できる印刷業者に依頼するとよいでしょう。

  • ポケットティッシュ広告の作成実績が豊富
  • センスのよいデザインと高い技術力で定評がある
  • 豊富な実例を見せながら親身になって相談に乗ってもらえる
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 注文しやすいロット数
  • 希望納期にできるだけ合わせてもらえる
  • スタッフの対応が親切で顧客からの評判もよい

なお、当マスプロックでも、ポケットティッシュ広告制作のご相談をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

Q.デザインデータの作成も業者に依頼できる?

A.業者によっては可能です。ただし、簡単なデザインに限られるでしょう。もちろん、できる限り要望に合わせてデザインを作成してもらえるものの、場合によっては、理想の仕上がりイメージとはかけ離れてしまう可能性があります。理想のイメージになるべく近づけるためには、簡単でもよいのでラフ画を提示してスタッフとよく話し合うことが必要です。

まとめ

今回は、ポケットティッシュ広告の効果について詳しく解説しました。ポケットティッシュ広告は、費用対効果の高い宣伝方法の一つです。集客率や売り上げを最大限に高めるためには、ターゲットとなる人へ確実に手渡すようにする、目を引くデザインにする、お得なクーポン券などを付けるなどの方法があります。まずは、この記事を参考にして信頼できる印刷業者によく相談し、費用対効果を高めるためにはどんなデザインにするとよいか、アドバイスしてもらうとよいでしょう。


コースター制作のマスプロック