居酒屋でオリジナルコースターを利用するメリットは? 製作方法も紹介


居酒屋でオリジナルコースターを利用するとどのようなメリットが生まれるのか、気になっている方は多いのではないでしょうか。オリジナルコースターにするだけで宣伝効果が高まりますし、SNSを通じて新規のお客を呼び込むきっかけになるかもしれません。では、どのようにオリジナルコースターを製作できるのか?

本記事では、オリジナルコースターの製作方法などについて解説します。

  1. 居酒屋でオリジナルコースターを利用するメリットは?
  2. コースターの素材ごとのメリットとデメリット
  3. オリジナルコースターの費用相場
  4. オリジナルコースターを製作する方法とポイント
  5. オリジナルコースターに関してよくある質問

この記事を読むことで、居酒屋にぴったりのオリジナルコースターを作るコツが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.居酒屋でオリジナルコースターを利用するメリットは?

まずは、居酒屋でオリジナルコースターを利用するメリットをチェックしておきましょう。

1-1.コースターならではのメリットが生まれる

そもそも、コースターは何のためにあるのか、本来の目的についてご存じでしょうか。コースターはグラスの滑り止めやテーブルへの傷を防ぐために使うものです。特に、居酒屋といった飲食店では、冷たいビールなどのドリンクを飲むことが多いでしょう。グラスについている水滴がテーブルにたまってしまい、不衛生な環境になってしまう恐れがあります。けれども、コースターを使うことで水滴をキャッチしてくれますし、テーブルへの傷を防ぐことができるのです。そこに、オリジナル性がプラスされれば、さらなる特別感が得られるでしょう。

1-2.おもてなしが伝わる特別感

一般的に、飲食店やカフェで出されるコースターは紙製で白地タイプが多いと思います。無地のコースターは世の中にあふれていますが、居酒屋の雰囲気に合わせたコースターをオリジナル製作することで、おもてなしが伝わる特別感が生まれるのです。コースターにはさまざまな素材があり、それぞれでメリットとデメリットがあります。素材によって特徴や見た目も異なるため、居酒屋の雰囲気やテーマに合わせた素材を選ぶのがポイントです。居酒屋の雰囲気に合わせたオリジナルコースターを作れば、ライバル店よりもおもてなし度がグッと上がるでしょう。

1-3.店名の宣伝ツールやキャンペーン告知などに使える

居酒屋にとってのオリジナルコースターは、店名の宣伝ツールやキャンペーン告知などにぴったりのアイテムです。実際に、店名やメッセージ・キャンペーン告知をコースターに入れることで、宣伝ツールとして活用している居酒屋もたくさんあります。チラシやポスターでも宣伝効果は得られますが、オリジナルコースターはコースターとしても使えるので一石二鳥です。また、コースターはドリンクの注文から最後までテーブルに置かれることが多いため、飲食を楽しむ間はずっと目に留めてもらうことができます。

2.コースターの素材ごとのメリットとデメリット

ここでは、コースターの素材ごとのメリットとデメリットを解説します。

2-1.扱いやすさNo.1の紙製コースター

居酒屋や飲食店などで多数採用されているのが、紙製コースターです。紙製コースターは、オリジナル製作の定番素材といっても過言ではありません。居酒屋だけでなく、どのような業態にも使うことのできる素材で、居酒屋のさまざまなテーマにも合わせることができます。また、種類が豊富にそろっているほか、扱いやすい素材としても人気です。飲食を扱うお店にとっては清潔さが1番大事だと思いますが、紙製コースターは使い捨てがしやすく扱いやすいメリットもあります。

2-2.コルク・木製コースター

コルクや木製のコースターは、木材ならではの温かみのある雰囲気が特徴です。より居酒屋の雰囲気を演出したい・テーマに沿った素材を使いたいという方におすすめの素材といえるでしょう。演出重視で選ばれる素材ではありますが、使いまわすことになるため、衛生管理が大変です。ただし、使いまわしができる分、費用は削減できるでしょう。

2-3.シリコン・ウレタンコースター

滑りにくいコースターを作りたいという方は、シリコン・ウレタンコースターがおすすめです。シリコンとウレタンでできているコースターは、滑りにくく、ガラス天板のテーブルを使用している居酒屋にとっては重宝されるアイテムといえるでしょう。ガラス天板を傷つけないよう保護するために、シリコン・ウレタンコースターを使っているところもあります。ただし、吸水性に劣っていたり、使いまわしのため管理に気をつけたりしなければならないという点がデメリットです。

3.オリジナルコースターの費用相場

ここでは、オリジナルコースターの費用相場と費用を抑えるポイントについて解説します。

3-1.1,000枚あたり10,000円が目安

オリジナルコースターの製作費用は、1,000枚あたり10,000円が相場となっています。料金は製作業者やデザイン・素材によって異なるため、もっと安くなったり高くなったりする可能性があるでしょう。1,000枚あたり10,000円はあくまで単色印刷の場合なので、さまざまな色を使ったり、定型以外のサイズにしたりする場合は割高になるかもしれません。もちろん、印刷枚数やコースターの厚さによっても料金が変わるので、製作業者に見積もりを依頼し確認することをおすすめします。

3-2.最小限に抑えたいなら紙製がおすすめ

コルク・フェルト・布製・シリコン製など、オリジナルコースターにはさまざまな素材があります。できるだけ費用を抑えたいという方は、その中でも紙製のコースターがおすすめです。紙製のコースターはさまざまな点でメリットがありますが、特に、1枚あたりの単価が安いということで選ばれています。オリジナルデザインの製作を依頼する際に、コストはとても大きなポイントになるでしょう。紙製は安く製作できるだけでなく、大量に作りやすいという魅力的な素材です。

3-3.色数を抑える

オリジナルコースターの費用相場よりも安く作りたいという方は、色数を最小限に抑える方法があります。前述したように、コースターに使用する色の数が多くなるほど印刷に手間と時間がかかるため、費用が割高になりがちです。色数を1色だけにしたり、ロゴや店名だけを入れたりするだけで費用を最小限に抑えることができるでしょう。費用相場やコストに関しては、製作業者と入念に確認することが大切です。

4.オリジナルコースターを製作する方法とポイント

それでは、オリジナルコースターを製作する方法とポイントを解説しましょう。

4-1.製作実績のある業者に依頼する

オリジナルのコースターを製作する場合、専門の製作業者へ依頼することになります。さまざまなタイプの製作業者がありますが、できればオリジナル製作の実績がある業者に依頼してください。実績があるかどうかは、製作業者のホームページをチェックすれば分かります。製作実績がある業者のホームページには、どのような商品をオリジナル製作しているのか・どのようなサービスを行っているのかなど、具体的な内容が記載されているのが特徴です。悪徳業者はホームページが見にくかったり、具体的に記載されていなかったりしがちなので注意してください。

4-2.形状・サイズ・材質などを確認する

居酒屋の雰囲気に合わせた形状・サイズ・材質などを確認することも大切なポイントです。製作業者によっても製作できる形状・サイ等が異なるため、事前に確認しておかなければなりません。参考として、オリジナルコースターを製作しているマスプロックの形状・サイズ・材質等を下記にピックアップしました。

  • 形状:丸型・角丸型
  • サイズ:70mm・75mm・80mm・85mm・88mm・90mm
  • 材質:コースター厚紙
  • 厚さ:0.5mm~2.0mm

4-3.目的を考慮したデザインにする

オリジナルコースターの製作で1番悩みどころになるのがデザインです。デザインを考える際は、目的を考慮することがポイントとなります。居酒屋の場合は、宣伝効果も期待しているところが多いので店名やロゴを入れたり、オリジナルのキャラクターをデザインしたりするといいかもしれません。ライバル店との差別化を図りたいなら、QRコードを印刷するのも選択肢の1つです。そのQRコードを読み取るとキャンペーン告知のページやホームページにジャンプし、宣伝ツールの役割を果たしてくれます。

4-4.製作業者選びのポイントもチェック!

どの製作業者に依頼すべきか分からないときは、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • オリジナル製作の実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どのような質問にも分かりやすく説明してくれるか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • デザインの相談を受けつけているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか

オリジナルコースター等の製作を行っているマスプロックでは、吸水性抜群のコースターを製作しています。無料相談や無料見積もりも受けつけているため、悩んでいる方はぜひご相談ください。

5.オリジナルコースターに関してよくある質問

オリジナルコースターに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.居酒屋のオリジナルコースターに必要なものは?

A.機能性やファッション性が求められます。前述したように、コースターはグラスに吸着した水分を吸収したり、グラスが水滴によって滑るのを防いだりすることが大きな役割です。その役割を十分に果たすためには、水分の吸水率が高いものが必要となります。デザインに関しても、よりお客の目に留まりやすいオシャレなほうがいいでしょう。

Q.デザインで悩んだらどうすればいいのか?

A.製作業者の中には、デザイン案の相談を受けつけているところがあります。居酒屋の雰囲気やテーマなどを踏まえた上で、最適なデザインをいくつか提案してくれるでしょう。マスプロックでもデザイン案の相談は可能ですし、ラフ画からデザインを具体的に生み出すことも可能です。実績のある業者に依頼するほど、より理想に近いデザインでオリジナルコースターが作れます。

Q.カラーや印刷方法は?

A.製作業者によって異なりますが、マスプロックの場合は以下のとおりです。

  • カラー:1色・2色・3色・4色(無地も可能)
  • 印刷:オフセット印刷

なお、印刷に関しては別途見積もりとなりますが、型押し・箔(はく)押し・浮き出しも可能です。

Q.よくある失敗と失敗を防ぐポイントは?

A.イメージと完成品がまったく違う・製作後に追加費用を請求されたなどのトラブルが多発しています。これらのトラブルを防ぐためには、より信用できる製作業者に依頼するのはもちろんのこと、入念な打ち合わせが必要になるでしょう。どのようなデザインにしたいのか・どのような色にしたいのかなど、具体的に要望を伝えてください。納得がいくまでデザインを固めることが大切なポイントです。

Q.依頼しないほうがいい製作業者の特徴は?

A.スタッフの対応が悪かったり、見積書の内容が具体的に記載されていなかったりする製作業者は悪徳業者の可能性があります。すぐに契約を取ろうとする傾向があるため、説明を省く傾向があるのです。どのような質問をしても丁寧に答えてくれない・料金体系が明確でない製作業者は依頼しないでください。また、複数の製作業者を比較することも大切です。複数の製作業者を比較すれば、業者ごとの良しあしが分かりやすくなり、悪徳業者が見極めやすくもなるでしょう。少しでも不安要素を感じる製作業者には依頼しないことが、トラブルを防ぐポイントでもあります。

まとめ

コースターに店名のロゴや名前を入れたり、オリジナルキャラクターをプリントしたりすることで、居酒屋の宣伝効果が高まります。実際に居酒屋を訪れた人が、コースターと一緒にSNSにアップするなど、口コミでお店の評判が広がることもあるのです。ライバル店との差別化を図りたいのなら、目に留まるようなデザインにするといいでしょう。オリジナル製作を行っている業者の中には、デザインの相談を行っているところもあるので、ぜひチェックしてください。


コースター制作のマスプロック