飲食店におすすめの販促ツールは? オリジナルグッズの作製方法も解説


「飲食店を経営しているが、販促方法に悩んでいる」という人は多いことでしょう。飲食店の販促方法はたくさんある反面、どれが自分の店にとって効果的なのか迷いがちです。また、「販促ツールを使いたいが予算に限りがあるため、できるだけ効率のよい方法を知りたい」という方も多いことでしょう。そこで今回は、飲食店の販促ツールの種類や活用方法を紹介します。

  1. 飲食店における販促の必要性や特徴
  2. 飲食店の販促ツール
  3. 飲食店で販促に使えるオリジナルグッズの作製方法
  4. 飲食店の販促ツールに関するよくある質問

この記事を読めば、個性的なオリジナルの販促ツールを作ってもらう方法も分かるでしょう。飲食店の販促方法を知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.飲食店における販促の必要性や特徴

はじめに、飲食店に販促が必要な理由や効果的な販促の特徴を紹介します。

1-1.飲食店はライバルが多い

飲食店は複数の店が一か所に固まって、同じような客層をターゲットにしていることも珍しくありません。つまり、ライバルが多いので、顧客を増やすには店の特徴や利用するメリットを多くの人に伝えることが大切です。

1-2.オープンする際やイベントの際は特別な販促が必要

飲食店を新しくオープンする際や、「何周年記念」などイベントの際は時間とお金をかけて特別な販促を行う必要があります。ここでたくさんの人に来てもらうことができれば、常連になってくれる可能性も高まるでしょう。

1-3.普段から知名度を上げる販促も重要

特別なイベントがなくても、顧客を増やすための販促は重要です。細く長く行う販促は、販促アイテムなどを利用すると手間もかかりません。

1-4.同業者が周囲に多いほど販促は大切

たとえば、居酒屋や定食屋など、同じようなコンセプトのお店が固まっているような立地条件にある店は、常に販促をしていく必要があります。特に、客単価が低く、利益を上げるためにはたくさんのお客に来てもらう必要がある店ほど、販促は重要になるでしょう。

2.飲食店の販促ツール

この項では、飲食店の販促ツールを紹介します。

2-1.販促ツールは紙媒体とweb媒体が主流

飲食店の販促ツールは、チラシや割引クーポン・ポイントカードなどの紙媒体や、ホームページやSNSアカウントなどのweb媒体が主流です。多くの飲食店はこの2つを併用して販促を行っています。

2-2.両方の特性をうまく使うことが大切

チラシなど紙媒体の販促ツールは配布する手間がかかりますが、店の近くに住んでいる人など、より店舗を利用する可能性が高い人たちにアピールすることができます。一方、web媒体は世界中の人たちに店の存在や特徴を知ってもらえますが、閲覧数と利用者数は必ずしも一致しません。また、定期的に更新したり新しい情報をアップしたりしないと、閲覧者数も減っていきます。媒体の特性を把握し、必要に応じて使い分けましょう。

2-3.コストを考えて利用することも大切

チラシや販促グッズを作る場合は、最低でも千枚単位の注文が必要です。小ロットでグッズやチラシを作ってくれる業者もありますが、割高になるでしょう。初期費用は1万円台が相場です。さらに、複数人で配布する場合は、人件費もかかるでしょう。webに広告を出したりサイトを作ったりする場合も、数万円~の費用がかかります。費用と宣伝効果を比較して選ぶことも大切です。

2-4.コースターなどのオリジナルグッズも販促ツールになる

オリジナルのコースター・紙ナプキンなども販促グッズになります。デザインがオシャレだと人々の記憶に残りやすく、人の目にも留まりやすいでしょう。販促グッズ目的に来店する人も出てきます。また、販促グッズは料理と共に提供すれば、配る手間もかかりません。店舗の通常的な宣伝におすすめの方法です。

3.飲食店で販促に使えるオリジナルグッズの作製方法

この項では、飲食店の販促ツールとして利用できるオリジナルグッズの製作方法を紹介します。

3-1.販促ツールに使えるオリジナルグッズは豊富

飲食店で販促ツールに使えるオリジナルグッズには、コースター・箸袋・お手拭き・紙ナプキン・ランチョンマットなどがあります。店舗でよく利用するものをオリジナルグッズにすれば、販促ツールになるでしょう。

3-2.オリジナルグッズはロゴを入れるだけでできる

オリジナルグッズは店名をロゴとして入れるだけでも、作成できます。飾り文字などを使えば、オシャレなものができるでしょう。また、クーポンを入れたポケットティッシュなども配るだけでなく、店の利用客に持っていってもらえば宣伝になります。

3-3.グッズを作る際の注意点

インターネットでシャレたデザインを見つけると、これを利用してグッズを作りたいと思う人もいるでしょう。しかし、デザインやイラストには著作権があります。勝手に使用してはいけません。フリーで使用できるイラストやデザインも、商用利用できないこともあります。注意しましょう。

3-4.注文は千枚単位~、費用は1万円台~が相場

オリジナルグッズを作製する場合、注文は千枚単位~が基本です。1度にたくさん利用するほど1枚当たりの単価は下がります。マスプロックでは、オリジナルコースターは千枚単位から注文でき、費用は1万円台~です。

3-5.業者は費用だけでなく納入期限などで選ぶ

グッズの作製費用は業者によって異なります。安価な費用でグッズを作ることをウリにしている業者もいますが、デザインの相談に乗ってくれたり、納入が早かったりする業者を選ぶことも大切です。マスプロックではサイトから手軽にオリジナルグッズ製作の相談ができます。また、グッズのデザインも豊富です。ぜひご利用ください。

4.飲食店の販促ツールに関するよくある質問

この項では、飲食店の販促ツールに関する質問を紹介します。

Q.webだけ、紙媒体だけでは販促には不十分でしょうか?

A.はい。紙媒体だけでは情報が届く範囲が狭くなり、webだけでは効果が薄い可能性があります。可能ならば両方を使ってください。

Q.販促グッズは、何種類作ればいいでしょうか?

A.1種類だけでも効果があります。まずは1つ作ってみましょう。

Q.販促グッズは紙製品が基本ですか?

A.はい。プラスチック製品もありますが、コスト面からコースター・ランチョンマット・ポケットティッシュなど紙製品が基本になります。

Q.販促グッズを作る際、気をつけることは著作権のほかに何があるでしょうか?

A.人を不快にさせる言葉、イラストを使わないように注意してください。食欲をなくすようなイラストも不可です。

Q.百枚単位で販促グッズを作ることはできますか?

A.可能ですが、割高になるので千枚単位がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? 今回は飲食店で使える販促ツールの種類や販促ツールにも使えるオリジナルグッズの使い方を紹介しました。チラシやサイトと併せてオリジナルグッズを作れば、より効果的な販促が可能です。ぜひオリジナルグッズも作ってみましょう。人目にもとまりやすくなります。


コースター制作のマスプロック