カフェにおけるランチョンマットの重要性は? 紙製のオーダー方法も


ランチョンマットは、テーブルの傷や汚れを防ぐためのものです。食事を提供することが多いカフェにおいては、とても重要なアイテムといえるでしょう。また、ランチョンマットを活用することで、カフェがオシャレな雰囲気に仕上がります。そんなランチョンマットをオリジナル製作したいけれど、どこでオーダーすればいいのか悩んでいる方は多いでしょう。

そこで、本記事では、カフェにおけるランチョンマットの重要性やオーダー方法などを解説します。

  1. カフェにおけるランチョンマットの重要性
  2. 紙のランチョンマットを取り入れるメリット
  3. カフェ用ランチョンマットをデザインするコツ
  4. 紙製ランチョンマットのオーダー方法
  5. カフェのランチョンマットに関してよくある質問

この記事を読むことで、紙製ランチョンマットのメリットやオーダーのコツなども分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.カフェにおけるランチョンマットの重要性

まずは、カフェにおけるランチョンマットの重要性をチェックしておきましょう。

1-1.テーブルの傷や汚れを防ぐことができる

食事を提供するカフェでは、テーブルが汚れたり、お皿やグラスがぶつかって傷がついたりすることがあるでしょう。ランチョンマットはテーブルの傷や汚れを防ぐ役割を担っているので、カフェといった飲食店では重宝されるアイテムです。テーブルの汚れや傷を防ぎたい・グラスやお皿を保護したいという方は、ランチョンマットを活用してください。特に、テーブルやイスなどインテリアにこだわりを持っているカフェの場合、ランチョンマットがとても役に立つでしょう。

1-2.テーブルを美しく演出できる

ランチョンマットにはさまざまな形や種類があり、カフェの雰囲気を際立たせるインテリアとしても活用できます。カフェのコンセプトや雰囲気に合ったランチョンマットを活用すれば、テーブルだけでなく提供する食事も美しく演出できるでしょう。雰囲気がいいカフェはTwitterやInstagramなどのSNSから口コミが広がりやすく、オシャレなランチョンマットが宣伝ツールの役割を果たしてくれることもあります。

2.紙のランチョンマットを取り入れるメリット

ここでは、紙のランチョンマットを取り入れるメリットについて解説します。

2-1.使い捨てタイプで管理が楽になる

紙製ランチョンマットの大きなメリットは、使い捨てタイプであることです。一般的なランチョンマットは布製でできているため、汚れたら洗濯してキレイにしなければなりません。汚れるたびに洗わなければならないので、時間と手間がかかってしまい管理が大変です。けれども、紙製のランチョンマットは汚れたら捨てるだけなので管理が楽になります。最近は、新型コロナウイルス感染症対策のために使い捨てタイプの紙製を選ぶ飲食店が増えてきているほどです。使い捨てタイプであれば衛生面に優れているため、利用客も安心してカフェが利用できるでしょう。

2-2.吸水性が抜群

紙製のランチョンマットは、吸水性が抜群なところも大きなメリットです。グラスの水滴やこぼした料理の汁も吸収してくれるのでテーブルを保護できるでしょう。特に、木製のテーブルを使用している場合、水滴がシミになってしまう恐れがあります。吸水性が抜群の紙製ランチョンマットを活用すれば、テーブルが汚れにくくなるのはもちろん、実用性が高いのも大きなメリットです。

2-3.オリジナリティーがアピールできる

オリジナリティーがアピールできるのも、紙製ランチョンマットの大きな魅力です。特に、オリジナルでランチョンマットを作りたい場合、紙はほかの素材よりもコストがかかりません。低費用で製作できるだけでなく、デザイン性も自由度が高いので、自分で描いたデザインをそのままランチョンマットに反映させることができます。ライバル店よりもオリジナリティーを出したい方は、カフェの雰囲気に合っているデザインを考えてみてはいかがでしょうか。

3.カフェ用ランチョンマットをデザインするコツ

ここでは、カフェ用ランチョンマットをデザインするコツについて解説します。

3-1.テーマやコンセプトに沿って考える

カフェ用のランチョンマットをデザインするときは、カフェのテーマやコンセプトに沿ったものにするといいでしょう。たとえば、北欧風カフェの場合、白をベースに青や黄色を取り入れたり、森・草花・動物たちをモチーフにデザインしたりするなどです。逆に、モダンテイストのカフェであれば、白黒のスタイリッシュなデザインにしたほうが雰囲気に合っているでしょう。カフェのテーマやコンセプトを考慮してデザインを考えたほうが、雰囲気とマッチしたランチョンマットになります。

3-2.形状にオリジナリティーを出す

ライバル店と差別化したい場合は、ランチョンマットの形状にオリジナリティーを出すのも選択肢の1つです。たとえば、紙製品のオリジナル製作を行っているマスプロックでは、一般的な形状のLカドRをはじめ、丸みを帯びたMカドR、四角形に近いL六角形A・Bの4種類があります。カフェの雰囲気に合わせるのはもちろんのこと、形状からデザインを考えるのもポイントの1つです。

3-3.カフェのロゴや名前を入れる

ランチョンマットを宣伝ツールとして使いたい場合、カフェのロゴや名前・モチーフなどをワンポイントとして入れるのも選択肢の1つです。カフェのロゴをランチョンマットの片隅に入れるだけでも、宣伝になります。食事中はランチョンマットを使うため、宣伝効果は抜群です。また、オシャレなロゴほど無地に映えるので、凝ったデザインにしなくても雰囲気がよくなるでしょう。さらに、カフェのオリジナルキャラクターをランチョンマットのデザインに反映させると、子どもや女性に注目されやすくなります。このように、カフェの客層を考えてデザインを考えるのもポイントです。

3-4.製作業者にデザイン相談をする

どうしてもランチョンマットのデザインが思い浮かばない場合、製作業者にデザインの相談をしてみてください。製作業者の中には、オリジナルデザインの相談を受け付けているところがあります。どのようなランチョンマットにしたいのか・予算はいくらぐらいなのかなどを聞き取り、要望に合ったデザインを提案してくれるでしょう。なお、製作業者にデザインの相談をするときは、なるべく具体的に伝えることが大切です。

4.紙製ランチョンマットのオーダー方法

ここでは、紙製ランチョンマットのオーダー方法とポイントを解説します。

4-1.製作実績のある業者に依頼しよう

前述したように、オリジナルのランチョンマットを製作する場合は専門業者へ依頼することになります。理想のランチョンマットが製作できるように、なるべく製作実績のある業者に依頼してください。まずは、製作業者のホームページで施工事例をチェックしてみるといいでしょう。これまでどのようなものを製作してきたのか確認できますし、デザインの事例もチェックできるはずです。製作業者の中には、実物を見せてくれるところもあります。製作方法に関しても、ホームページ等で確認してください。

4-2.形状・サイズ・材質などを確認する

製作業者によってランチョンマットの形状・サイズ・材質などが異なるため、必ず確認しておかなければなりません。ランチョンマットのデザインが明確に決まっているなら、そのデザインに合った形状を選ぶといいでしょう。製作業者の中には、薄っぺらい材質を使っているところもあるので注意が必要です。たとえば、マスプロックの場合は、以下のような材質・台紙色・印刷方法を用いています。

  • 材質:色上質紙(中厚口)
  • 台紙色:レモン・さくら・若草・水・アイボリー・ラベンダー
  • 印刷方法:オフセット印刷

4-3.製作費用の目安は1枚あたり約8円〜

デザインやサイズ・形状・色数などによって異なりますが、オリジナルランチョンマットの製作費用は1枚あたり約8円〜です。目安として、マスプロックの価格表(一部)を下記にピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

  • 2,000枚:無地 17,000円、1色 23,000円、2色 25,000円、4色 29,000円
  • 4,000枚:無地 30,000円、1色 42,400円、2色 38,400円、4色 54,400円
  • 6,000枚:無地 38,400円、1色 58,200円、2色 52,800円、4色 76,200円
  • 8,000枚:無地 45,600円、1色 71,200円、2色 78,400円、4色 94,400円
  • 10,000枚:無地 50,000円、1色 78,000円、2色 88,000円、4色 108,000円

4-4.製作業者選びのポイントをチェック!

どの製作業者に依頼すればいいのか分からない場合、以下のポイントに注目してください。

  • オリジナル製作の実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 料金体系が明確になっているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 低コストで質のいいランチョンマットが製作できるか
  • 製作の疑問や悩み・デザインについて相談できるか
  • リピートにも即対応できるか
  • 口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較するといいでしょう。

4-5.低コストで製作するなら「マスプロック

マスプロックでは、目的や店舗イメージに合わせた製品づくりをアドバイスしています。また、原料調達・製作・印刷すべてを地元で対応しているので、低コストでのオリジナル製作が可能です。デザインだけでなく品質にこだわりを持っているため、ハイクオリティーな製品を生み出しています。「カフェ用ランチョンマットを低コストで製作したい」「デザインの相談をしながら作りたい」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

5.カフェのランチョンマットに関してよくある質問

カフェのランチョンマットに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ノベルティー用品としても利用できるのか?

A.ランチョンマットは、ノベルティー用品や業務用としても活用できるアイテムです。特に、紙製のランチョンマットは簡単にオリジナリティーをアピールできるため、ノベルティーとして人気があります。「オープンしたばかりのカフェを手軽にアピールしたい」と悩んでいる方は、ノベルティーとしてオリジナルランチョンマットを活用してみてはいかがでしょうか。

Q.紙製ランチョンマットの最近の傾向は?

A.最近では、お気に入りの柄のランチョンマットを壁に飾ったり、雑貨やアクセサリー類をディスプレイする際は下に敷いたりするなど、ランチョンマットの用途が広がっています。だからこそ、紙製ランチョンマットはノベルティー用品・業務用としても活用できる優れものといえるのです。

Q.製作費用を抑えるコツは?

A.デザインよりも製作費用を重視している方は、色数を抑えるといいでしょう。複数の色を使うよりも無地のほうが、低費用で製作できるからです。そのほか、デザインを控えめにしたり、サイズを小さめにしたりするなど、たくさんの方法があります。予算内でどのようなランチョンマットが製作できるのか、業者に相談してみてください。

Q.オリジナル製作を依頼する際の注意点は?

A.注文枚数・予算・納期スケジュールなどを確認することです。特に、製作業者によって最小ロット数が決まっているので、必ずチェックしてください。最小ロット数とは最小受注枚数のことで、最小ロット数が100枚の場合は100枚以下の発注ができません。製作業者とトラブルにならないためにも、事前に最小ロット数をチェックしておきましょう。

Q.依頼しないほうがいい悪徳業者の特徴は?

A.相談をしても丁寧に答えてくれない・見積書の内容が具体的に記載されていない・料金体系が明確になっていない製作業者は悪徳業者の可能性があります。特に、悪質な業者ほどスタッフの対応が悪く、返信スピードも遅いので注意してください。複数の業者を比較し、どの製作業者が安心して依頼できるのか見極めましょう。少しでも不安要素がある製作業者には依頼しないほうが安全です。

まとめ

カフェにおけるランチョンマットは、テーブルの傷や汚れを防ぐだけでなく、カフェそのものの雰囲気をより良くするアイテムです。オリジナルデザインでオーダーすれば、カフェの雰囲気にぴったり合ったランチョンマットを使うことができるでしょう。また、最近のランチョンマットは、新型コロナウイルス感染症対策として使い捨てタイプの紙製が人気です。紙製はお手入れの必要もないので、管理が楽になります。ぜひ、紙製のオリジナルランチョンマットをオーダーしてみてはいかがでしょうか。


コースター制作のマスプロック