紙コースターの使い道3選! 使い終わった後も楽しめるって本当?


「紙コースターの使い道について知りたい」とお考えではありませんか? カフェやレストランなどで使われているコースターの中には、おしゃれなデザインのものも多くなっています。思わず持ち帰りたくなることもあるのではないでしょうか。「でも、持ち帰っても何に使えばよいのか?」と悩んでしまいますよね。

この記事では、紙コースターの役割やさまざまな使い道についてご紹介しましょう。

  1. 紙コースターにはどんな役割があるのか?
  2. 使い終わった紙コースターの使い道を紹介
  3. 紙コースターの使い道に関するよくある質問

この記事を読むことで、使い終わった紙コースターをリメイクする方法や、コレクションするときのコツなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.紙コースターにはどんな役割があるのか?

まずは、紙コースターの本来の役割について解説しましょう。

1-1.飲み物を飲むときにさまざまな役割を果たす

本来、コースターは飲み物を飲むときにグラスの水滴を受け止める役割を持っています。テーブルが水滴でぬれるのを防ぐだけでなく、テーブルに傷がつかないようにしたりグラスが滑らないようにしたりする効果もあるのです。

1-2.店の宣伝効果もある

コースターは「飲み物を飲むときに使うもの」というイメージがあると思いますが、実はそのほかにも、「店の宣伝効果が狙える」という効果もあります。最近はおしゃれなオリジナルデザインのコースターを作成して使用する飲食店も増えてきており、店を効果的にPRできるアイテムとして意識しているところも多いのです。

1-3.紙コースターを採用している店は多い

コースターにはさまざまな素材のものがありますが、紙素材のコースターを採用している飲食店は多くなっています。使い捨てが可能なので衛生的であること・作成コストが安く済むこと・在庫を管理しやすいことなどがその理由でしょう。

実用的な用途のほかに宣伝効果が期待できるんですね。
はい。また、ノベルティにも使えます。

2.使い終わった紙コースターの使い道を紹介

使い終わった紙コースターの使い道についてご紹介しましょう。

2-1.メッセージカードとして使う

紙コースターをメッセージカードとして使用してみてはどうでしょうか。デザインによっては自由にメッセージを書き込めるものも多いと思います。特別な人へのプレゼントに添えたり、願い事を書いてクリスマスツリーに飾ったりするのもおすすめです。

2-2.飾りとして使う

紙コースターは両面テープやマスキングテープなどで簡単に貼り付けることができるため、家具や壁の飾りとして使う方法もおすすめです。「家具のワンポイントの飾りとして利用する」「額に入れて壁に飾る」などすれば、部屋の雰囲気もおしゃれに変わるのではないでしょうか。

2-3.コレクションアイテムとして保管する

使い終わった紙コースターをコレクションしている人も少なくありません。保管する際は、コースター用の保存ファイルを利用するのがおすすめです。日焼けを防ぐことができ、コースターが増えてもどんどん保管していけるため、場所を取らずに済みます。

コレクターズアイテムにもなるんですね。
はい。記念品としても使えます。

3.紙コースターの使い道に関するよくある質問

「紙コースターの使い道について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.オリジナルデザインの紙コースターには、どのようなメリットがありますか?

A.世界で一つだけのデザインなのでほかと差をつけることができるでしょう。飲食店や企業の宣伝効果が高いのもメリットです。

Q.紙コースターは企業の販促品としても人気がありますか?

A.はい。かさばらないので持ち帰りやすく、使い道が多いことから販促品としても人気です。

Q.オリジナルデザインの紙コースターは自宅でも作ることができますか?

A.材料があれば自宅で制作することも可能です。しかし、仕上がりが悪くなる可能性があるでしょう。飲食店での使用や販促品として制作する場合などは、業者に依頼することをおすすめします。

Q.紙コースターの制作を業者に依頼した場合、どのくらいで納品されるのでしょうか?

A.株式会社マスプロックでは、受注から約10日で納品可能です。

Q.オリジナル紙コースターの制作業者を選ぶポイントを教えてください。

A.豊富な実績があるか・提案力があるか・無料見積もりを受け付けているか・口コミの評判はよいかなどをチェックするとよいでしょう。

まとめ

紙コースターの役割や使い道について詳しくご紹介しました。紙コースターは本来の役割を終えた後も、さまざまな使い方をして楽しむことができます。意外な使い道もあるため、ぜひこの記事を参考にして取り入れてみてください。


コースター制作のマスプロック