使い捨てお手拭きのメリット・デメリットを解説! オーダーメイドの方法も紹介


お手拭きやおしぼりが店で出てくると、その心遣いを嬉しく感じる人は多いことでしょう。お手拭きやおしぼりにはいろいろな種類があります。予算や場面に応じて使い分ければ、売り上げアップにつながるかもしれません。また、「使い捨てのお手拭きとおしぼりのどちらを選んでいいか迷っている」という人もいるでしょう。

今回は、使い捨てお手拭きを使うメリットとデメリット、オリジナルの使い捨てお手拭きを作る方法などを紹介します。

  1. おしぼりでお店の印象が大きく左右される
  2. 使い捨てお手拭きのメリットとデメリット
  3. 飲食店で使い捨てお手拭きをオーダーする方法
  4. 使い捨てお手拭きに関するよくある質問

この記事を読めば、オリジナルの使い捨てお手拭きを作るメリットも分かるでしょう。オリジナルの使い捨てお手拭きに興味がある人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

1.おしぼりでお店の印象が大きく左右される

はじめに、おしぼりを使うことでお店の印象がどう変わるか、売り上げにどう影響があるかを紹介します。

1-1.おしぼりやお手拭きはお店の心遣いの証し

おしぼりやお手拭きが出されたり付いていたりすると、気持ちよく食事ができます。テイクアウトの食事でもお手拭きが同封されていると「気が利くな」と思われるでしょう。リピーターも増えるかもしれません。

1-2.おしぼりで売り上げが上がったり下がったりするかも

おしぼりの管理が悪いと、悪臭がしたり外側が汚れたりします。そんなおしぼりを出されても、お店のイメージが悪くなるでしょう。逆に、清潔感のあるおしぼりを出されると、それだけでイメージが良くなります。おしぼりやお手拭きは管理をしっかりとしましょう。

2.使い捨てお手拭きのメリットとデメリット

では、使い捨てお手拭きのメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか? この項では、その両方を紹介します。

2-1.使い捨てお手拭きのメリット

使い捨てお手拭きには、以下のようなメリットがあります。

  • 1枚あたりの単価が安い
  • テイクアウトにも遠慮なくつけることができる
  • 1枚1枚が密封されており、清潔的
  • 使う場所を選ばない

2-2.使い捨てお手拭きのデメリット

使い捨てお手拭きの最大のデメリットは「高級感がない」ということでしょう。テイクアウト専用なら問題ありませんが、店内で出す場合は、店の雰囲気に合わないこともあります。ですから、店内ではおしぼり、テイクアウト用には使い捨てお手拭きを使うなど使い分けるといいでしょう。

3.飲食店で使い捨てお手拭きをオーダーする方法

この項では、飲食店で使い捨てお手拭きをオーダーする方法を紹介します。

3-1.オリジナルの使い捨てお手拭きとは?

飲食店で使う使い捨てお手拭きのパッケージを独自にデザインすれば、オリジナルの使い捨てお手拭きになります。オリジナリティを出せるのはもちろんのこと、宣伝効果も期待できるでしょう。

3-2.オリジナルデザインのお手拭きは1000枚単位で作ることができる

オリジナルデザインのお手拭きは、1枚数円で1000枚単位から作成することができます。多いように思われますが、お手拭きならば、毎日使うものですし、コンパクトなものですから、長期保管も可能です。

3-3.マスプロックなら簡単にオリジナルの製品が作成可能

マスプロックでは、1枚あたり4.3円でオリジナルの使い捨てお手拭きを作ることができます。お手拭きは5,000枚、おしぼりは600本から作成が可能です。少しでも他店と差を付けたい、手軽に宣伝をしたいという方は、ぜひご相談ください。

4.使い捨てお手拭きに関するよくある質問

この項では、使い捨てお手拭きに関するよくある質問を紹介します。

Q.使い捨てお手拭きは喫茶店でも使えるでしょうか?

A.はい。軽食につけてもいいですね。

Q.オリジナルデザインとはどのようなものがありますか?

A.たとえば、店名をオシャレなデザインで入れてもいいでしょう。

Q.使い捨てのお手拭きとおしぼりはどう違いますか?

A.お手拭きは、コンパクトで平たいデザイン、おしぼりは円筒形のデザインです。

Q.未開封でお手拭きはどのくらい持ちますか?

A.おしぼりは2か月ですが、お手拭きに消費期限はありません。

Q.お手拭きの宣伝効果はどのくらい期待できるでしょうか?

A.テイクアウト用に用いれば、かなり広範囲に店の名前や存在を広げることができるはずです。

まとめ

今回は、使い捨てのお手拭きのメリット、デメリットや使い捨てお手拭きをオリジナルデザインで作る方法などを紹介しました。オリジナルの使い捨てお手拭きを作れば、宣伝効果も高いでしょう。ぜひ、ご相談ください。


コースター制作のマスプロック