飲食店のコースターをオリジナル製作するメリットや方法を紹介!

「飲食店で使用するコースターを製作したいが、どのようなものにすればよいのかわからない」「オリジナルコースターを製作するにはどうすればよいのか?」とお悩みではありませんか? 飲食店ではグラスの下にコースターを敷いていますが、実はコースターにはさまざまな役割があるのです。そのため、どのようなコースターにするかは飲食店にとって重要なポイントになります。

この記事では、飲食店にコースターが必要な理由やコースターを選ぶポイント・オリジナルコースターを製作するメリットなどをご紹介しましょう。

  1. 飲食店にコースターが必要な理由は?
  2. コースターの種類を紹介
  3. コースターを選ぶ際のポイント
  4. オリジナルコースターを製作するメリットは?
  5. オリジナルコースターを製作する方法
  6. 飲食店で使用するコースターに関するよくある質問

この記事を読むことで、コースターの素材ごとのメリットや、オリジナルコースターを製作する際のポイントなどがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.飲食店にコースターが必要な理由は?

まずは、飲食店におけるコースターの必要性についてご紹介します。

1-1.グラスの滑り止めとして

冷たい飲み物が入っているグラスには水滴がつくため、コースターがないとその水滴がテーブルに流れ落ちてきてグラスが滑りやすくなってしまいます。そうならないように、水滴を受け止める役割を果たしているのがコースターなのです。

1-2.テーブルに傷やシミがつくのを防ぐため

コースターは、テーブルに傷やシミが付着するのを防ぐ役割も持っています。テーブルの素材によってはグラスを置くときに傷がついてしまったり、水滴によってシミができてしまったりすることがあるのです。常にテーブルをきれいで清潔な状態にしておくために、コースターは重要なアイテムといえます。

1-3.飲食店の宣伝効果も期待できる

コースターに飲食店の店名やロゴなどを印刷することで宣伝効果も期待できます。コースターはドリンクを注文したときから食事が終わるまでテーブルに置かれるものなので、お客さまの目に留まりやすいのが特徴です。また、コースターをコレクションしていて持ち帰る人もいるため、知らないうちにお店の情報が広まっている可能性もあります。

2.コースターの種類を紹介

飲食店で使用するコースターにはどのような種類があるのかをご紹介しましょう。

2-1.紙製

紙製のコースターは飲食店で多く使われているため、目にすることが多いはずです。吸水性に優れているだけでなく、低コストで大量生産できるので飲食店としてもメリットが大きいといわれています。また、デザインの自由度が高く、オリジナル製作に使用されることも多いのが特徴です。

2-2.コルク製

コルク製のコースターも吸水性に優れているうえに軽くて扱いやすいため、採用している飲食店が多くなっています。コストを抑えて大量生産できるのは紙製コースターと同じですが、再利用できる点がメリットです。

2-3.珪藻土

珪藻土は吸水性だけでなく速乾性に優れているため、コースターに使用されることも増えてきています。ただし、紙製やコルク製に比べてコストがかかることや、デザインが少ないことなどがデメリットです。

3.コースターを選ぶ際のポイント

飲食店で使用するコースターを選ぶ際、ポイントにすべきことをご紹介しましょう。

3-1.目的で選ぶ

コースターは目的で選ぶことも大切です。たとえば、ガラス天板のテーブルを使用している飲食店だと、テーブルを保護するために厚手のコースターを使用する必要があります。店の雰囲気や使用する食器・グラスとのバランスを重視して選ぶのもよいでしょう。

3-2.予算で選ぶ

コースター選びでは予算も重要なポイントになります。飲食店では大量のコースターを用意する必要があるため、コストを抑えたいのであれば単価が安いものを選ぶことが大切です。まずは、予算を設定してからコースター選びをするとよいでしょう。

3-3.オリジナル性で選ぶ

ほかの店との差別化を図りたいのであれば、オリジナル性でコースターを選ぶのがおすすめです。ほかでは見たことがないようなデザインのコースターなら、お客さまの目にも留まりやすくなるでしょう。宣伝効果を重視するなら、オリジナルコースターの製作も検討してみるべきです。

4. オリジナルコースターを製作するメリットは?

オリジナルコースターを製作するメリットをまとめました。

4-1.集客効果が期待できる

オリジナル製作だと好きなデザインにできるため、お客さまの印象に残りやすくなります。コースターをきっかけにして飲食店に興味を持ってくれるお客さまが出てくる可能性もあるでしょう。店名やロゴと一緒にQRコードを印刷しておき、飲食店のホームページにつながるようにしておく方法もおすすめです。

4-2.世界で一つだけのコースターが作れる

オリジナルコースターは世界で一つだけのデザインなので、他の飲食店と差別化できるという効果もあります。数多くある飲食店の中でお客さまの印象に残るためには、他の飲食店にはないアイデアが必要になるのではないでしょうか。コースターは飲食店を利用されるほとんどの方が目にするものなのでデザインしだいでは大きな宣伝効果が期待できるはずです。

5.オリジナルコースターを製作する方法

オリジナルコースターを製作する方法や、依頼する際のポイントなどをご紹介しましょう。

5-1.オリジナル製作業者に依頼する

オリジナルコースターの製作は、オリジナル製作業者に依頼することが可能です。できるだけ豊富な実績を持ち、品質のよいオリジナルコースターを製作してくれる業者を選びましょう。製作できるコースターの素材や印刷方法などは業者によって異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

5-2.豊富な実績を持つマスプロックへご相談を

オリジナル製作業者をお探しなら、創業50年の歴史と豊富な実績を持つマスプロックへご相談ください。吸水性に優れた素材のコースターを1枚3.5円から製作可能です。コースターの形状や大きさも多数用意しているので、ホームページからチェックしてみるとよいでしょう。

6.飲食店で使用するコースターに関するよくある質問

「飲食店で使用するコースターについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.「仕上がりがイメージと違う」ということにならないためには、どうすればよいでしょうか?

A.サンプル例を見せてもらいながら入念に打ち合わせをおこない、仕上がりのイメージに差が出ないようにするのがおすすめです。

Q.印刷には何色使うことができますか?

A.業者によって異なりますが、マスプロックでは1~4色まで使うことが可能です。

Q.自分でデザインデータを作るのが難しいときはどうすればよいでしょうか?

A.業者によっては手書きのイメージ図を提出すればデータ化してくれるので相談してみてください。

Q.オリジナル製作業者選びのポイントは何でしょうか?

A.豊富な実績があるか・料金体系は明確か・丁寧でスピーディーな対応か・見積書に詳細が記載されているかなどをチェックするのがおすすめです。

Q.デザインを決める際の注意点を教えてください。

A.著作権に侵害に該当するため、インターネット上のデザインは使わないようにしましょう。使うのであれば著作権フリーのものを選んでください。

まとめ

飲食店で使うコースターの選び方やオリジナル製作の方法などを詳しくご紹介しました。コースターは宣伝効果も抜群なのでこだわりのあるデザインのものを用意するのがおすすめです。ほかの飲食店と差をつけるためにも、実績豊富なオリジナル製作業者に相談してみるとよいでしょう。