焼肉屋の紙エプロンをオリジナル製作したい! オーダーのコツも解説!


「焼肉屋を経営しているが、オリジナルの紙エプロンを製作する方法を知りたい」をお考えでしょうか? 焼肉屋の経営では、競合他社との激しい競争を勝ち抜くためにも、紙エプロンの導入が必要不可欠ですよね。紙エプロン一つで売り上げに大きな差が出るのなら、導入しない手はありません。しかし、オリジナルの紙エプロンを製作するにしても、どこにどんな方法で依頼するとよいのか、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、焼肉屋の紙エプロンについて詳しく解説します。

  1. 焼肉屋に紙エプロンが必要な理由
  2. 焼肉屋に紙エプロンを取り入れるメリット
  3. 焼肉屋の紙エプロンにはどんな種類がある?
  4. 焼肉屋の紙エプロンをオーダーする方法
  5. 焼肉屋の紙エプロンに関するよくある質問

この記事を読むことで、焼肉屋の紙エプロンをオリジナルオーダーするポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.焼肉屋に紙エプロンが必要な理由

最初に、焼肉屋に紙エプロンが必要な理由を見ていきましょう。

1-1.洋服に汚れが飛び散りやすいため

焼肉屋では、肉を焼くときに油が周囲に飛び散ります。また、食べるときにタレがしたたり落ちることもあるでしょう。すると、高確率で洋服に付着してしまいます。焼肉屋であっても、油がタレの汚れが付着して平気だと考える人ばかりではありません。中には、不快に思う人もたくさんいます。店舗に落ち度がなくても、足が遠のいてしまうと答える人もいるほどです。

1-2.安心して食事をしてもらうため

焼肉屋にエプロンがあると、安心して食事をしてもらうことができます。特に、女性やファミリー層は、紙エプロンの有無が来店の決め手になることが多いでしょう。汚れを気にせずに食事をすることができるだけでなく、使い回しのエプロンより衛生的だからです。安心して食事に集中できることは、飲食店にとって大切なことといえます。

1-3.店舗のイメージアップのため

紙エプロンを用意している店は、衛生面で気遣いが行き届いている印象を与えるものです。また、客の立場に立って考えていると評価する人もいます。いずれにしても、紙エプロンを用意しているだけで店舗のイメージがグンとアップするのは事実です。イメージがよくなれば、口コミで来店する人も増え、業績アップにつながります。

2. 焼肉屋に紙エプロンを取り入れるメリット

焼肉屋に紙エプロンを取り入れるメリットを詳しく見ていきましょう。

2-1.客の満足度が高まる

焼肉屋に紙エプロンがあると、多くの客はサービスがよい店だと感じるものです。すると、メニューの味や内容に対しても、好意的に評価する効果が期待できます。この店はサービスも味もよいという印象を与えることができれば、客の満足度が高まり、リピート率もアップすることでしょう。安定した売り上げを確保するためにも、リピーターを増やすことは大切です。

2-2.女性の集客率が高まる

紙エプロンを取り入れることで、女性の集客率が高まるのも大きなメリットです。女性も焼肉が大好きな人が多いものの、洋服が汚れるのが困るという理由で焼肉屋を敬遠することがあります。しかし、紙エプロンがあると分かれば、安心して来店してもらえるのです。女性の集客率が高まれば、女子会だけでなく、カップルやファミリーでの来店にもつながるため、大幅な集客率アップが期待できるでしょう。

2-3.店舗の宣伝効果がある

紙エプロンに店舗のロゴやオリジナルデザインを施せば、高い宣伝効果が期待できます。紙エプロンを目にするだけで、自然と店舗のロゴやオリジナルデザインが目に入るからです。また、店舗のオリジナル紙エプロンを収集している人も来店する可能性があり、さらなる集客が見込めることでしょう。オリジナルデザインの紙エプロンが優れていれば、それだけでメディアの取材を申し込まれる可能性もあります。

2-4.洗濯する手間がかからず衛生的

紙エプロンは使い捨てるため、洗濯する必要がありません。また、汚れたらゴミとして捨てることができるので、管理がとても楽です。さらに、常に新品を使用することができるのも大きなメリットといえます。雑菌やカビの繁殖を心配することなく衛生的なため、客からも高評価を得ることができるでしょう。

2-5.保管場所を取らない

紙エプロンは薄い素材で、非常にコンパクトにたたむことができるため、保管場所を取りません。大量の枚数を保管しても省スペースで済むので、店舗内の棚を使えば十分に対応できます。店舗内をスッキリ整理整頓した状態にするためにも、布エプロンより断然紙エプロンが有利です。

2-6.追加発注しやすい

追加発注しやすい点も、紙エプロンを取り入れるメリットです。紙エプロンは使い捨てなので、徐々に在庫が減っていきます。しかし、簡単に追加生産できるので、気軽に発注することができるのがメリットです。必要なタイミングで必要な量を発注すれば、無駄な在庫を置いておく必要もありません。また、1枚の単価が安いので追加発注をしても経営を圧迫しないでしょう。

3.焼肉屋の紙エプロンにはどんな種類がある?

焼肉屋の紙エプロンには、主にどんな種類があるかご紹介しましょう。

3-1.ひも付きタイプ

ひも付きタイプの紙エプロンは、首にかける部分がひも状になっていて、後ろで結んで使います。焼肉屋の紙エプロンで最も多く見るタイプです。ひも付きタイプは、ひもの縛り方でエプロンの位置を好みに調整することができる一方、強く引っ張るとひもが破れてしまいやすいのがデメリットになります。

3-2.首かけタイプ

首かけタイプの紙エプロンは、首にかける部分に大きな穴が開いていて、頭からスッポリ被って装着します。首の後ろを破れば簡単に外すことが可能です。首かけタイプの紙エプロンは、簡単に装着できるのがメリットになります。ただし、紙エプロンの長さや位置を調整できないため、体格によっては合わせにくいのがデメリットです。

3-3.両面テープタイプ

両面テープタイプの紙エプロンは、首にかかる部分を両面テープで留めて調整するタイプのものです。簡単に脱着できるので、子どもでも使いやすいのがメリットでしょう。ただし、つけ方を間違えると破って外す必要があるため、新しいものに交換せざるを得ないのがデメリットです。

4.焼肉屋の紙エプロンをオーダーする方法

焼肉屋の紙エプロンをオーダーする方法を詳しく解説します。信頼できる業者を選ぶポイントや注意点も併せて参考にしてください。

4-1.オリジナルオーダーの流れ

焼肉屋の紙エプロンをオリジナルオーダーする場合、以下のような流れで進みます。

  1. 業者に紙エプロンのオリジナルオーダー製作について問い合わせる
  2. 業者が依頼者の要望に基づいて見積もりを作成する
  3. 依頼者が見積もりを確認し、納期・料金などが問題なければ正式に依頼する
  4. 業者と依頼者が打ち合わせをし、紙エプロンの仕様を細かく決定する
  5. 依頼者が業者にデザインデータを送付する
  6. 業者がデザインデータを使用して紙エプロンの製作を進める
  7. 業者が納期までに紙エプロン製作を終え、依頼者に納品して完了

4-2.信頼できる業者を選ぶポイント

焼肉屋の紙エプロンをオリジナルオーダーするときは、以下のような条件を満たす業者を選ぶといでしょう。

  • 紙エプロンのオリジナルオーダー実績が豊富
  • デザインセンスがよく豊富な実例を見せながら提案してくれる
  • 高品質な仕上がりで定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ明確な料金システム
  • 最低ロット数が少なく気軽に注文しやすい
  • 希望の納期にできるかぎり合わせてくれる
  • スタッフが親切で丁寧に対応してくれる
  • 顧客からの評判がよい

なお、当マスプロックも紙エプロンのオリジナルオーダー製作をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-3.不明な点はその場で確認してから進めること

紙エプロンをオーダー製作するときは、業者とのコミュニケーションをこまめに行い、不明な点を残さないことが大切です。小さなことでも不安や疑問を感じたら、必ず確認しておきましょう。特に、以下のポイントはコミュニケーション不足により行き違いが発生しやすいので注意してください。

  • エプロンの形状や紙の種類
  • 印刷方法や色指定
  • 初回ロット数
  • デザインデータの送付期日
  • 最終納期

5.焼肉屋の紙エプロンに関するよくある質問

最後に、焼肉屋の紙エプロンに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.紙エプロンに多色使いの店舗ロゴを入れることはできる?

A.可能です。また、業者によっては、写真のようなフルカラー高画質印刷を依頼できるので、相談してみてください。

Q.初回ロット数は何枚ぐらいがおすすめ?

A.最低でも2か月分の枚数は欲しいところです。店舗の月間平均来店数を割り出し、約2倍の枚数を発注しておけば、減り方を見ながら追加発注しても間に合います。なお、発注ロット数が大きくなるほど1枚当たりの単価が下がるので、コストダウンのため初回に多く発注するのもおすすめです。

Q.気に入った紙を持ち込んで製作してもらえる?

A.原則としてできません。主な理由は、以下のとおりです。

  • 紙質によっては印刷品質を維持できない
  • 印刷機械が故障する可能性がある

紙エプロンは、使い勝手や耐久性を考慮した紙にデザインを印刷し、最後に裁断して作成します。デザインしだいで好みの仕上がりに近づけることは可能なので、業者とよく相談してみてください。

Q.実際の印刷サンプルを見てから正式に発注できる?

A.通常はできません。過去の製作サンプルや発色確認のための印刷例を見せてもらうことはできます。なお、大量発注を前提にしたケースでは印刷サンプルの提出に応じてくれる可能性があるので確認してみてください。

Q.印刷データはどんな形式で納品するべきか?

A.業者の指定ファイル形式に従ってください。なお、デザインソフトを持っていない場合は、業者に有料で依頼し、原画を元にデザインデータを作成してもらえることもあります。

まとめ

今回は、焼肉屋の紙エプロンについて詳しく解説しました。焼肉屋では、油などが洋服に飛び散ることから紙エプロンが必要不可欠です。紙エプロンは使い捨てなので、衛生的で洗濯の手間がかからないなどのメリットがあります。また、オリジナルのオーダー製作もでき、高い宣伝効果を期待できることも見逃がせません。オシャレで気の利いたデザインの紙エプロンを用意すると、客からの印象もアップすることでしょう。オリジナルの紙エプロンをオーダーするときは、信頼できる業者とよく相談して進めることが大切です。豊富な経験や実績のある業者なら、どんな紙エプロンにするとベストか、的確なアドバイスを受けられることでしょう。


コースター制作のマスプロック