チラシ製作は目的を明確にすることが重要! おすすめの活用例も紹介


「チラシを配布する目的がよく分からない」「チラシをどう活用すればよいのか?」という悩み、よく分かります。現在も、チラシを作成して配布している企業や飲食店などは多いでしょう。しかし、何を目的としているのかきちんと理解せずにチラシを作っても、効果を得ることは困難です。

この記事では、チラシの目的や活用例・作成時のコツなどを詳しくご紹介しましょう。

  1. チラシの目的は?
  2. チラシが向いている店舗や商材とその活用例を紹介
  3. チラシを作る際のコツは?
  4. チラシの印刷を依頼する方法
  5. チラシ製作に関するよくある質問

この記事を読むことで、チラシの役割や作成を依頼する際の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.チラシの目的は?

まずは、チラシの目的について詳しく解説しましょう。

1-1.商品や商売を知ってもらうためのきっかけ

情報発信の手段であるチラシは、商品や商売を知ってもらうためのきっかけとなるものです。すべての情報をチラシだけで伝えることは難しいため、そこから資料請求や無料相談会など、次のステップへと誘導する必要があります。つまり、チラシの内容に興味を持ってもらうことが何より大切になるのです。

1-2.目的に合ったチラシを作成することが大切

チラシを作成する目的には、「商品を売りたい」「集客したい」「知ってもらいたい」など、さまざまなものがあるでしょう。そのすべてを満たしたチラシを作成することは難しいため、目的を絞る必要があります。何を目的としてチラシを作成するのかを明確にしましょう。そうすることで、チラシとしての役割を果たすことができるはずです。

2.チラシが向いている店舗や商材とその活用例を紹介

チラシの配布が向いている店舗や商材と、チラシの活用例をご紹介しましょう。

2-1.スーパーや青果店

スーパーや青果店・精肉店など、日常的に利用する人が多い店舗では、チラシを配布するのが効果的です。商品ラインナップのほか、割引セールの開催や限定商品の紹介などにチラシを使用することが多いでしょう。

2-2.アパレル量販店や家電量販店

大手のアパレル量販店や家電量販店でも、チラシを配布することが多くなっています。定期的に足を運ぶ人が多いため、チラシで宣伝するのが効果的です。チラシを見て割引セールの開催を知る人も多いでしょう。

2-3.引越し業者や鍵の交換・修理業者

引越し業者や鍵の交換・修理業者、水回りの修理業者など、緊急性の高い業種も、チラシの配布が向いています。ポスティングなどの方法でチラシを配布しておくと、タイミングがよければ顧客の獲得に役立つでしょう。

2-4.エステサロンや宅配チェーン

エステサロンや宅配チェーンなども、商品ラインナップが豊富なため、チラシの配布がおすすめです。割引クーポン付きのチラシを配布する例も多いでしょう。

2-5.不動産業者

物件の紹介や住宅展示会開催のお知らせなど、不動産業者にもチラシの配布は向いているでしょう。ファミリー層が多い地域では、ポスティングによるチラシ配布もよく行われています。

2-6.新規オープンする店舗

カフェやケーキ屋・クリーニング店・居酒屋など、新規オープンする店舗の告知としてチラシを配布するのもおすすめです。新規オープン時はセールやキャンペーンを開催することも多いため、効果的に告知することができるでしょう。

3.チラシを作る際のコツは?

チラシを作成する際に知っておくべきコツをご紹介しましょう。

3-1.ターゲットと目的を明確にする

まずは、チラシによって「誰に」「何を」伝えたいのかを明確にすることが大切です。アピールの仕方はターゲットによって変わってきます。誰に伝えたいのかをはっきりさせることで、より相手側に立った目線でチラシを作成できるでしょう。

3-2.見やすく分かりやすいものにする

チラシ作成の基本は、「見やすく分かりやすいもの」にすることです。何を伝えようとしているチラシなのか、一目で分かるものでなければ、じっくり見ようとはしないでしょう。そのためには、シンプルな言葉で伝えること、そして、写真やイラストも使って伝えることが大切です。思わず興味を持ってしまうようなデザインを心がけましょう。

3-3.見る人が気になるキャッチコピーを

キャッチコピーは、見る人の目にまず飛び込んでくる部分です。キャッチコピーで相手の目を惹(ひ)きつけることができるかどうかが重要になるでしょう。ポイントは、「自分に投げかけている言葉だ」と見る人に思わせることです。投げかける言葉を使ったり数字を強調したりすることで、印象的なキャッチコピーを作ることができるでしょう。

3-4.情報が多くなりすぎないように注意

チラシに載せる情報量が多くなりすぎないよう注意が必要です。一つのチラシにたくさんの情報が書いてあると、本当に伝えたいことが何なのか分からなくなってしまいます。見る側としても途中で読むのが面倒になってしまいがちなので、伝えたいことをシンプルにまとめることが重要です。

4.チラシの印刷を依頼する方法

チラシの印刷を業者に依頼する流れや業者の選び方などをまとめました。

4-1.納品までの流れ

チラシの印刷を業者に依頼する流れは、一般的には以下のようになります。

  1. 無料相談・無料見積もりを申し込む
  2. 原稿データを提出する
  3. 製作開始
  4. 納品

4-2.事前に確認すべきことは?

印刷を依頼する前に確認しておくべきことがいくつかあります。たとえば、どのような印刷方法で行われるのか・サイズはどのくらいなのか・納期はいつになるのかを必ず確認しておきましょう。また、最小ロット数も業者によって異なるため、注意してください。マスプロックでは、デジタルオフセット印刷機によるダイレクト印刷になり、サイズはA3とA4を作成可能です。納品までの期間は依頼する枚数によって変わってくるため、必ず事前に確認してください。

4-3.業者選びは慎重に

安心して任せられる印刷業者を選ぶために、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • デザインや納期の相談に乗ってくれるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

5.チラシ製作に関するよくある質問

「チラシ製作について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.「チラシ」という名称はどこからきたのでしょうか?

A.「周囲にまき散らす」の「散らす」から、チラシという名称で呼ばれるようになったといわれています。

Q.チラシの最終的な目的は何でしょうか?

A.資料請求や無料相談会への参加・商品の購入など、何らかのアクションを相手に起こしてもらうことが最終目的といえます。

Q.チラシ印刷の費用はいくらでしょうか?

A.マスプロックでは、300枚までの発注で片面4色18,000円(税別)・両面4色36,000円(税別)です。この料金に、用紙代と仕上げ代がプラスされます。

Q.チラシのデザインが決まらないのですが、どうすればよいでしょうか?

A.業者によっては相談に応じてデータ作成を代行してくれるところもあります。

Q.少量のチラシでも印刷を依頼できるのでしょうか?

A.割高になりますが、マスプロックでは相談に応じています。

まとめ

チラシの目的や活用例・印刷を依頼する方法などをまとめてご紹介しました。目的を明確にしないままチラシを作成しても、効果を上げることは難しいでしょう。まずは、チラシの役割を理解し、どんなチラシを作成すべきなのかよく考えることが大切です。ぜひこの記事を参考に、目的に合ったチラシを作成してください。


コースター制作のマスプロック