【大人気】ペーパーランチョンマットって何? オーダーのコツも伝授!


ランチョンマットは、食事のときの食べこぼしをキャッチしてくれるだけではありません。食事を楽しく演出するためにも、必要不可欠な存在と言えます。最近では、お店独自のものや企業のノベルティなどで、ペーパーランチョンマットを採用するところが増えてきました。皆さんの中にも、オリジナルのペーパーランチョンマットをオーダーしてみたい人もいることでしょう。そこで、今回はペーパーランチョンマットについて詳しく解説をします。どんな目的に使用できるか、オリジナル制作をするためにはどうすればいいのか、などさまざまな内容をお届けしましょう。

  1. ランチョンマットについて
  2. ペーパーランチョンマットについて
  3. ペーパーランチョンマットのオリジナル制作とは?
  4. ペーパーランチョンマットの制作業者を選ぶポイント
  5. ペーパーランチョンマットについてよくある質問

記事を読んだ人は、ペーパーランチョンマットについてさまざまな知識を身に付けることができます。また、オリジナルのものを制作するときのポイントも理解できることでしょう。オリジナルのペーパーランチョンマットは、すてきなだけでなく実用性も高い優れものです。ぜひ、じっくり読んでくださいね。

1.ランチョンマットについて

まずは、ランチョンマットについて基本を理解しておきましょう。使い方や種類・魅力などについて、学んでください。

1-1.ランチョンマットとは?

ランチョンマットは、テーブルマットと呼ぶこともあります。また、ランチョンマットは和製英語であり、正式にはプレイスマットと呼ぶことも覚えておきましょう。歴史は古く、ヨーロッパでは大体8世紀から使用していた記録があります。最初は、食器を置くためのものではなく手をふくためのものでした。現在のように使用するようになったのは、13世紀ぐらいからです。日本でも、戦後になってから食卓にランチョンマットを使用する文化が広まってきています。

1-2.ランチョンマットの使い方や種類

テーブルクロスは、テーブル全体を覆うものであることに対し、ランチョンマットは、ひとりずつ用意することが基本です。ランチョンマットは、テーブルと食器類がこすれたり、料理や飲み物でテーブルやテーブルクロスを汚してしまったりすることを防ぐ役割があります。ランチョンマットを用意することで、食卓の見た目が華やかになるだけでなく汚れや水濡(ぬ)れを防止する役割もあると考えましょう。機能性を考えても優れていると言えます。

1-3.ランチョンマットの魅力

ランチョンマットは、シンプルなものからデザインに凝ったものまで多くの種類があります。また、素材も布製・紙製・木製などさまざまなパターンがあることも特徴です。時代や文化によっても特色が出やすいものであるため、多くの愛好家が存在しています。ランチョンマットは、実用性に優れているだけでなく、デザインにも大きな魅力があるのです。

2.ペーパーランチョンマットについて

ここでは、ペーパーランチョンマットについての知識を学びましょう。ペーパーランチョンマットには、多くの魅力があることを知ってくださいね。

2-1.ペーパーランチョンマットとはどんなもの?

ペーパーランチョンマットとは、紙でできたランチョンマットです。たとえば、レストランやカフェなどでテーブルやテーブルクロスの上に敷いてあります。また、ファーストフード店では、トレイの上に敷いて提供する例もあるなど、飲食店全体での使用が広がってきているのが特徴です。ランチョンマットの中でも特に使い勝手がいいため、多くの場面で使用されています。

2-2.ほかのものとの違い・魅力・メリットは?

ペーパーランチョンマットは、ほかのランチョンマットと比べて使い捨てできるという違いがあります。布製や木製などは、使い捨てではなく繰り返し利用することになるため、お手入れが必要です。しかし、ペーパーランチョンマットなら使い捨てなのでお手入れの必要も無くて楽な点がメリットと言えます。また、吸水性があるため、テーブルを汚しにくい点でも実用性が高いことも魅力ですね。

2-3.ペーパーランチョンマットの主な用途について

ペーパーランチョンマットは、たくさんの用途があります。主なものにかんしては、下記をご覧ください。

  • 季節行事用
  • 記念日用
  • アウトドア用
  • 子供用
  • 業務用(店舗用・ノベルティ用)

ペーパーランチョンマットは使い捨てできることから、いつも清潔な状態で使うことができるというメリットがあります。また、紙製なので捨てるのも楽という点も、用途を広げる理由と言えるでしょう。

2-4.ペーパーランチョンマットの最近の傾向

ペーパーランチョンマットが普及するようになると、いろいろな使い方をして楽しむ人が増えてきました。たとえば、お気に入りの色柄のペーパーランチョンマットを壁に飾ってみたり、雑貨やアクセサリー類をディスプレイするときに下に敷いたりして利用するのです。また、ゴチャゴチャとしたデザインよりは、シンプルな柄で上品なものも人気があります。最近では、和食とのコーディネートを楽しむために和風の柄にかんする注目も高いです。従来の決まりきったサイズ・柄ではなく、自分の好みに合わせて色や柄をチョイスする人が増えています。

2-5.業務用・ノベルティ用に利用するメリット

ペーパーランチョンマットは、業務用やノベルティ用に利用するとたくさんのメリットがあります。主なメリットにかんしては、以下をご覧ください。

  • 簡単にオリジナリティーをアピールできる
  • 実用性が高く気軽に使ってもらえる
  • 使用機会が多いので効果的な宣伝になる
  • コストが掛からない
  • 再制作も簡単にできる
  • 紙製なので保管スペースを取らない

業務用やノベルティ用に利用するときは、自社にとってメリットが多いものを考える必要があります。ペーパーランチョンマットなら、業務用やノベルティ用にぴったりだと言えるでしょう。

3.ペーパーランチョンマットのオリジナル制作とは?

ペーパーランチョンマットは、オリジナル制作をすることでメリットを最大限に生かすことができます。オリジナル制作で必要なポイントについて、確認しておきましょう。

3-1.オリジナルペーパーランチョンマットの魅力

ペーパーランチョンマットは、オリジナル制作も可能です。オリジナルペーパーランチョンマットは、自分だけのデザインで制作できるという喜びがあります。オリジナルペーパーランチョンマットには、既製品には無い愛着を感じることができるのが大きな魅力と言えるでしょう。食事の時間がより楽しくなるのも、魅力のひとつです。実際にオーダーした人が、オリジナルペーパーランチョンマットに満足しているのも証拠と言えます。

3-2.ペーパーランチョンマットのデザインについて

ペーパーランチョンマットは、紙でできているためにデザインをアレンジしやすいことが大きな特徴です。たとえば、角を丸くしたりカットしたりするとオリジナリティーも高まります。また、色を考えたり印刷を加えたりロゴを押すなどなど、デザインアイデアが無限に広がるものです。ペーパーランチョンマットならではの、自由なデザインをいろいろと考えてみてください。

3-3.ペーパーランチョンマットの印刷について

ペーパーランチョンマットは、印刷することでオリジナリティーを高めることができます。また、紙の色やサイズを変えて印刷をすることでバリエーションを増やすことも簡単です。オリジナリティーを高めたいときは、ロゴやデザインを印刷することを考えましょう。なお、ペーパーランチョンマットに印刷する場合は、食器を並べたときの状態を考えてデザイン配置をすることをおすすめします。

3-4.ペーパーランチョンマットのサイズについて

ペーパーランチョンマットは、食事をするときに使用するもののため、大体のサイズが決まっていることが多いです。小さ過ぎるとランチョンマットとしての意味が無くなるので注意しましょう。なお、主なサイズの目安については以下を参考にしてください。

  • Lサイズ:414ミリ×302ミリ
  • Mサイズ:368ミリ×262ミリ

サイズについては、自分が使いやすいものを考えてみましょう。なお、サイズを決めるときには、角を丸くしたりカッティングを入れたりするかどうかも決めるといいですよ。

3-5.ペーパーランチョンマットのオーダーについて

オリジナルのペーパーランチョンマットは、業者にオーダーすることをおすすめします。自分ひとりで制作することも可能ですが、時間と手間が掛かる割にはできあがりに不満が残るものです。また、大量に制作するためには自分ひとりでは難しいでしょう。その点、業者に依頼すればオリジナルのペーパーランチョンマットを簡単にたくさん制作することが可能です。業者にオーダーすることを、積極的に検討してみてください。

3-6.ペーパーランチョンマットのオーダーにかんする注意点

ペーパーランチョンマットのオーダーをするときは、自分がどんなものを希望しているか、明確にしておくことが大切です。実際にオーダーするときまでに、下記の内容を決めておいてください。

  • 注文枚数は何枚にするか
  • 納期はいつまでにするか
  • 予算はどうするか
  • 紙の色はどうするか
  • デザインはどうするか
  • ロゴを入れるかどうか
  • そのほか必要なことは無いか

オーダーをするときには、自分の希望を正確に伝えることが肝心です。それぞれのポイントについてあやふやだと、注文時に困ってしまうので注意しましょう。

4.ペーパーランチョンマットの制作業者を選ぶポイント

では、オリジナルのペーパーランチョンマットを作るための業者を選びましょう。業者選びに失敗すると残念な結果になるので注意してくださいね。

4-1.良い業者選びのポイントを伝授!

オリジナルのペーパーランチョンマット制作で満足するためには、良い業者を選ぶことができるかどうかに掛かっています。以下に、業者選びのポイントを紹介するので参考にしてくださいね。

  • ペーパーランチョンマットの制作で豊富な実績がある
  • ペーパーランチョンマットのオリジナル制作を受け付けている
  • デザインパターンが豊富に例示してある
  • デザインパターンのセンスがいい
  • デザインやロゴ・色などの相談に親身になって回答してくれる
  • オーダー価格が良心的な設定になっている
  • 希望納期にできるかぎり応じてくれる
  • 利用者からの評判がよくて満足度も高い

なお、業者選びの際には以下も参考にしてください。オリジナルのペーパーランチョンマット制作で、実績も豊富です。

マスプロック

4-2.デザイン・ロゴ・色について

業者には、さまざまなデザインパターンが揃(そろ)っています。実際にどんなものがあるか、インターネットのサイトなどで確認してみましょう。また、企業ロゴを入れることも可能ですし、紙の色や印刷の色を選ぶこともできます。ただし、業者によってできる範囲が異なりますので、まずは相談してみてください。また、デザインなどでよくわからない点があるときは、業者の意見を参考にしましょう。実績豊富な業者なら、適切なアドバイスをくれるはずです。

4-3.印刷についても理解しよう

ペーパーランチョンマットの印刷方法は、オフセット印刷などになります。オフセット印刷は、多色刷りに対応できたり安価に印刷が可能だったりするメリットがあるため、多くの業者で採用しているのです。ただし、印刷方法は、業者によっても異なるので必ず確認しておきましょう。なお、印刷できるものとできないものがあります。ランチョンマットは主に上質紙への印刷となるため、写真品質のフルカラー印刷は対応が難しい場合もあることを理解してください。また、凹凸のある印刷は不可能となります。自分が希望する印刷ができるかどうかについては、業者に相談しましょう。

4-4.業者に依頼するときの料金の相場

業者に印刷するときの料金については、1枚に付き数円から十数円程度が相場となります。当然ながら、多色使いや印刷枚数により上下することを理解しておきましょう。実際にオーダーをしたときの料金については、業者からの見積もりを参考にしてください。なお、料金を抑えたい場合は、ごくシンプルなデザインになります。こだわりのデザインでオリジナリティーを追求したい場合は、予算を多めに見積もっておきましょう。

4-5.業者でのペーパーランチョンマットの制作方法

業者では、依頼者の希望にそって、大きさ・色・デザインを決定してペーパーランチョンマットを制作します。依頼者がペーパーランチョンマットに印刷を希望する場合は、原稿を元に作成することになるため、事前に原稿データを作成してください。原稿データの作成が難しい場合は、業者で対応できることもあるので確認しておきましょう。なお、原稿データはあくまでもペーパーランチョンマットを制作するためのものです。業者の指定に合った形式で送付してくださいね。

4-6.業者にペーパーランチョンマットを注文する方法

ランチョンマットの相談や注文は、電話もしくはインターネットを利用できます。また、ペーパーランチョンマットを注文する方法については、以下の流れを参考にしてください。

  • 業者にペーパーランチョンマット作成の相談をする
  • 業者から見積もりが来る
  • 見積もりの内容を確認して納得した場合は正式契約をする
  • オーダーのための原稿を用意して業者に送付する
  • 業者でペーパーランチョンマットを実作する
  • 完成後に依頼者の元に送付する
  • 依頼者がチェックして問題が無ければ完了する

なお、業者にペーパーランチョンマットを注文するときは、最低印刷枚数を確認しておきましょう。少ない枚数でも問題無いと考えていても、すぐに足りなくなる可能性もあります。ペーパーランチョンマットは使い捨てである点からも、2,000枚程度は注文を考えておきましょう。

4-7.ペーパーランチョンマットの制作にかんする相談窓口

ペーパーランチョンマットの制作についてわからない点は、業者の相談窓口を利用すると解決します。相談窓口では、制作費用や納期の見積もりを依頼したり実例紹介をしてもらえたりできるので積極的に利用してください。ひとりで悩んでいるよりも、相談した方が早いですしスッキリするはずです。なお、以下に相談窓口の一例をご紹介しておきます。

マスプロック無料相談窓口

4-8.ペーパーランチョンマットの制作業者にかんする注意点

ペーパーランチョンマットを制作できる業者も、数多く存在します。しかし、中には注意が必要な業者もあるので注意しましょう。たとえば、見積もりの段階で正式注文を必要以上に急いだり、依頼内容に対しての回答がいい加減だったりする場合は、見合わせてください。オリジナルのペーパーランチョンマットで満足するためには、業者との意思の疎通が大切です。希望が伝わりにくい業者や自分たちの利益だけを考えるような業者は、選ばないでくださいね。

5.ペーパーランチョンマットについてよくある質問

最後に、ペーパーランチョンマットについてよくある質問に回答します。今まで学んだことの総仕上げとしても活用してください。

5-1.ペーパーランチョンマットを敷いていればテーブルが汚れませんか?

ペーパーランチョンマットは、吸水性に優れていたり汚れたらすぐに捨てられたりすることが特徴です。しかし、紙製なので大量の料理や飲み物がこぼれた場合には、十分な対応できません。完全な防水性を望むのであれば、防水加工を施した布製のものかビニール製のランチョンマットを考えてください。ただし、布製やビニール製のランチョンマットは、使い捨てタイプではないため、汚れたときはきちんと洗いましょう。

5-2.ペーパーランチョンマットをノベルティとして考えた場合の注意点は?

ペーパーランチョンマットは、企業のノベルティとしても人気が高まっています。さて、ノベルティとして考えた場合は、付加価値を高めるようなデザインを考えてください。たとえば、自社の人気キャラクターを載せるなど、記念となるデザインがおすすめです。受け取った人が、ほしくなるようなデザインを選ぶことがノベルティとしての価値を高めます。自社の評判にも関係してきますから、しっかり考えてみてください。 

5-3.ペーパーランチョンマットと同時制作をするといいものはありますか?

たとえば、コースターやペーパーナプキンを同時制作すると重宝します。特に、飲食業で業務用に利用する場合は、ほかの店との差別化を図ることができておすすめです。来店してくれたお客様にも、ペーパーグッズが揃(そろ)っていることは良い印象を与えます。理由は、店作りにこだわりと丁寧さを感じるからですね。お客様のリピート率を高めるためにも、ぜひ同時制作を検討してください。

5-4.最低注文数を下回る枚数がほしい場合は注文ができないのでしょうか?

業者にペーパーランチョンマットの制作を依頼する場合は、2,000枚から制作可能などと最低注文数が決まっているところが多いです。しかし、相談によっては最低注文数を下回る数量でも制作ができることもあります。なお、最低注文数を下回る注文の場合は、1枚当たりの制作費用は規定の料金よりも割高になることが多いです。まずは、業者に相談してみてください。

5-5.ペーパーランチョンマットを再注文するときには原稿を送り直す必要がありますか?

ペーパーランチョンマットを再注文するときは、多くの業者で注文当時のデータを残してあるものです。そのため、通常は原稿を送り直す必要はありません。ただし、業者によっては数年ごとに注文データを破棄していることもあるので注意しましょう。原稿を送り直す必要があるかどうかについては、再注文のときに確認をしてみてください。

まとめ

オリジナルのペーパーランチョンマットは、お店や企業のアピールに最適です。皆さんも、オリジナルのペーパーランチョンマットを制作してどんどんアピールしていきましょう。また、ペーパーランチョンマットは、実用性の高さでも人気があります。たとえば、使い捨てができて便利なことや衛生面を考えたときに、通常のランチョンマットよりも有利なのです。記事を何度も読んで、こだわりのペーパーランチョンマットをオーダーしてみてください。思いどおりのペーパーランチョンマットができあがったときは、感動しますよ。


コースター制作のマスプロック