飲食店の経営者は必見! 経費削減の方法や注意点について知ろう!


飲食店の経営をしている人は必見です。
できるだけ経費を削減するための方法について説明します。
経費削減を上手にできるかどうかで売り上げもだいぶ変わってくるでしょう。
飲食店をうまく経営するためにも、経費削減のポイントを知ってください。
飲食店の経費削減アイデア、見直すポイント、消耗品の効率的な使い方、注意点などさまざまな視点から説明しましょう。

目次

  1. 飲食店の経費削減アイデア
  2. 見直すポイント
  3. 経費削減する際の注意点
  4. まとめ

1.飲食店の経費削減アイデア

何かとお金がかかってしまう飲食店。次から次へとなくなっていく“消耗品”もあるでしょう。
飲食店の経費削減にはどのようなアイデアがあるのか、詳しく説明します。
飲食店の経営で悩んでいる人はぜひチェックしてください。

1-1 固定費の削減を考えよう

電気・ガス・水道料金といった“固定費”はなかなか削減できないと思いがちですが、決してそんなことはありません。
お店の取り組み次第で固定費もある程度削減できます。飲食店も家庭と同じなのです。
今、どのような経費が固定費にかかっているのかチェックし、認識することがもっとも大切なポイントになるでしょう。
実際に、とある企業で固定費がいくらかかっているのか料金と経費削減の趣旨を掲示板に掲げたところ、従業員の取り組みによって毎月の固定費が下がったという事例もあります。
契約を見直したり、水道を出しっぱなしにしない、蛇口を小さくする、エコのガス給湯器に変更するなどさまざまな工夫ができるでしょう。
大切なのはオーナー・経営者だけでなく、従業員にも意識づけることです。
毎月、どのくらいかかっているのか具体的にわかるように、従業員に使用料金を見せましょう。

1-2 広告宣伝費を最小限に抑える

広告宣伝費を最小限に抑えることも飲食店の経費削減のひとつです。
CM、ラジオ、チラシ、ポケットティッシュ、のぼりなどさまざまな宣伝方法があるでしょう。
しかし、これらの宣伝費はいくらかかかってしまいます。
今ではスマートフォンや携帯電話で飲食店の口コミが気軽に見られるように、口コミから広まる可能性が期待できるので広告宣伝費を抑えても上手にお店がアピールできます。
口コミサイトを常にチェックし、どのような感想が書かれているのか、改善ポイントを踏まえながらお店のよさをアピールしていきましょう。
また、限定メニューや人気メニューに絞ることも大切なポイントです。
メニューの数が多い分、発注しなければならない材料も増えるでしょう。
人気のあるメニューだけにしぼり、時間制限を決めておけばある程度、費用も抑えられるはずです。

1-3 消耗品を徹底管理する

飲食店には消耗品がたくさんあります。
コースター・おてふき・紙おしぼり・ポケットティッシュ・ボックスティッシュ・紙エプロン・ペーパーナプキンとさまざまです。これらの消耗品を徹底管理し、使用量をコントロールするのも飲食店の大きな削減につながるでしょう。
布製の消耗品を使っている飲食店は紙製に変えてみてはいかがでしょうか。
布製よりも紙製の方が単価が低く、経費削減できるのでオススメです。
品質が下がるかも…と不安に思うかもしれません。
しかし、紙製でも非常に品質が高いものもあるので安心してください。
実際に実物を見て確認するとよいでしょう。
消耗品の徹底管理は経費削減しやすい方法なので注目です。

2.見直すポイント

2-1 全体的に見直すことが大切

飲食店の経費を見直すためには、ひとつの要素だけでなく、すべての要素を見直すことが大切です。
なぜならひとつの要素に集中して下げてしまうとお店全体のゆがみがひどくなるからです。
経費削減をする期間が短期間・長期間でも必ずどこかでゆがみが発生するでしょう。
お店全体がゆがむと集客率も次第に下がり、売り上げも徐々に落ちていきます。経費削減のためにしたことなのに、売り上げが下がってしまうと元も子もありません。
よって、見直すポイントは“全体的に見直すこと”なのです。
ひとつだけでなく、さまざまな面で経費削減ができないかどうか見直してください。
全体的な見直しができれば、お店自体の向上も格段にあがるので一石二鳥です。

2-2 接客の改善=経費削減

飲食店の接待について見直すことも必要なポイントになるでしょう。
なぜならいくら経費削減を行っても、接客態度が悪ければ客足が遠のいてしまうからです。
接客が悪いお店には二度と行きたくありませんし、嫌な思いをしにわざわざ行く人もいません。
経費削減のために見直すポイントはたくさんありますが、接客の改善も大きなポイントになるのでぜひチェックしてください。
接客方法の見直しを行う時は、そのお店がどのような客層に集中して営業しているのか、お店にやってくるお客はどのくらいの年齢層が多いのか、お客様のことを考えて改善することが大切です。
接客の改善も経費削減につながる見直しポイントということを忘れないでくださいね。

3.経費削減する際の注意点

お客様目線で店舗を見直すこと

高いサービスの提供が売りだった高級飲食店が経費削減のためにサービスの品質が低下してしまうと意味がありませんよね。
今までのお客様がサービスの不満で減ってしまう恐れがあるでしょう。
よって、経費削減する際に気をつけてほしいのは“お客様目線で店舗を見直すこと”です。これがもっとも大切になるのではないのでしょうか。
お客様目線で店舗を見直していけばお客様の数を減らすことなく、上手に経費削減できます。
サービスの品質が低下しないように気をつけて見直してくださいね。
実際に、品質が落ちたせいで客足が少なくなり、閉店の危機に陥ったお店も少なくありません。

4.まとめ

飲食店の経費削減について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
自分たち次第で経費削減でき、地道にコスト削減への道がつながります。
方法はさまざまですが、決して間違った方法で経費削減を実行しないように気をつけてくださいね。
経費削減のために必要な知識を身につけることが大切です。

  • 固定費の削減を考える
  • 広告宣伝費を最小限に抑える
  • 消耗品の使用量をコントロールする
  • 全体的にお店を見直す
  • 接客の改善が経費削減につながる
  • お客様目線で店舗を見直す

以上のようなポイントに注目しながら、飲食店の経費削減を目指してください。
消耗品を変えようかなと考えている人は、業者をいくつか比較するとよいでしょう。
無料相談や無料見積もりを行っている業者もあるので気軽に利用してみるのもよいかもしれませんね。
何か疑問点があればすぐに業者に聞いて解消してください。


コースター制作のマスプロック