ラーメン屋に紙エプロンは必要? 導入メリットやオーダーする方法


ラーメンを食べる際はスープが飛び散りやすいので、衣類を汚さないために紙エプロンを提供しているラーメン屋が増えています。しかし、エプロンといってもさまざまな種類があるため、どのようなエプロンを提供すればいいのか悩んでいる方は多いでしょう。さらに、最近は、新型コロナウイルス感染症対策のために、より一層衛生面に気をつけなければなりません。そこで、おすすめしたいのが紙エプロンです。

本記事では、なぜ紙エプロンがラーメン屋に最適なのか、取り入れるメリットなどを解説します。

  1. ラーメン屋に紙エプロンが必要な理由
  2. ラーメン屋に紙エプロンを取り入れるメリット
  3. ラーメン屋の紙エプロンにはどんな種類があるのか?
  4. ラーメン屋の紙エプロンをオーダーする方法
  5. ラーメン屋の紙エプロンに関してよくある質問

この記事を読むことで、ラーメン屋の紙エプロンをオーダーする方法なども分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.ラーメン屋に紙エプロンが必要な理由

まずは、ラーメン屋に紙エプロンが必要な理由をチェックしておきましょう。

1-1.衣類を汚さないため

ラーメン屋に紙エプロンが必要な1番の理由は、衣類を汚さないようにするためです。ラーメンは麺をすするときにスープの汁が飛び散り、ネクタイやシャツなど衣類が汚れやすくなります。実際に、お昼休憩にラーメン屋で食事をしたら、衣類にスープの汁がついてしまった方は多いでしょう。その後に会議があったり、お気に入りのワンピースにうっかりついてしまったりするととてもショックですよね。また、ラーメンの汁はついてしまうと完全に除去するのはほぼ不可能だといわれています。このように、衣類を守るためにも紙エプロンが必要不可欠です。

1-2.お客とのトラブルを防ぐため

お客とのトラブルを防ぐためにも、ラーメン屋の紙エプロンは必要です。前述したように、ラーメンは汁物ですので、気をつけていても汁が飛び散ってしまい衣類が汚れてしまいます。お客の中には「衣類が汚れたのはお店のせい」と難癖をつけてくる人もいるでしょう。お客との余計なトラブルを未然に防ぐためにも、紙エプロンは用意しておいたほうが安心です。

2.ラーメン屋に紙エプロンを取り入れるメリット

ここでは、ラーメン屋に紙エプロンを取り入れるメリットを解説します。

2-1.集客率アップにつながる

紙エプロンを導入するメリットとしては、集客率アップにつながることです。「このラーメン屋は紙エプロンがあるから安心して食べることができる」と好感度があがり、そのまま集客率にもつながります。実際、ラーメン屋で紙エプロンが用意されているととてもうれしいですよね。衣類が汚れる心配もなく、おいしいラーメンが堪能できます。逆に、紙エプロンが用意されていないラーメン屋は、自然とお客の足行きが悪くなる傾向もあるのです。特に、衣類の汚れを気にしがちな女性にとっては、紙エプロンが用意されているラーメン屋を選ぶケースが増えています。

2-2.使い捨てタイプで衛生面にも良い

布エプロンなど、さまざまな素材で作られたエプロンがありますが、紙エプロンは基本的に使い捨てタイプです。使い捨てタイプだからこそ、衛生面にも優れているのは大きなメリットといえるでしょう。布エプロンだと一度使えばまたきれいに洗わなければなりません。前述したように、ラーメンの汁はなかなか落とせない汚れですので、きれいに洗うことがとても大変な作業になってしまいます。また、きれいにしたとしても、誰が使ったのか分からないエプロンを使うのははばかれてしまうものです。衛生面に考慮するためにも、紙エプロンは最適なアイテムといえるでしょう。

2-3.ラーメン屋に対する印象が変わる

紙エプロンが用意されているラーメン屋と何も用意されていないラーメン屋、どちらのほうが印象を良く感じるでしょうか? おそらく、ほとんどの人が前者のほうが好印象を抱くと思います。このように、紙エプロンが用意されているラーメン屋は、初めて来店したお客に対する印象を良くさせるアイテムです。「このラーメン屋はきちんと配慮できている」と好印象を受けると、また来店したくなりますよね。好印象をお客に与えるという意味でも、紙エプロンの大きなメリットといえるでしょう。

3.ラーメン屋の紙エプロンにはどんな種類があるのか?

ここでは、ラーメン屋の紙エプロンにおける種類をいくつか紹介します。

3-1.無地の紐タイプ

多くのラーメン屋で見かけるのは、無地の紐タイプでしょう。首の後ろで紐を結ぶタイプになっており、自分で調整できるのが大きな特徴です。紐タイプはほかの紙エプロンよりも外れにくい仕様になっているため、ラーメンを食べているときにずれ落ちたり、外れたりすることはありません。一般的なものはおなかのあたりまでカバーできる大きさですが、中には、太ももあたりまでカバーできる長さのものもあります。ラーメンは上着が汚れるケースがほとんどなので、上半身だけカバーできるサイズで十分でしょう。

3-2.つけ外しが簡単なテープタイプ

紐タイプよりも少し単価が高くなりますが、テープタイプの紙エプロンもあります。テープタイプは首の後ろで紐を結ぶ必要がないため、つけ外しが簡単です。紙エプロンをよく使っている人の中には、後ろで紐を結ぶのが苦手な人もいるでしょう。そのひとのためにも、テープタイプの紙エプロンを用意しておくと親切です。また、子ども用の紙エプロンは紐タイプよりもテープタイプのほうが親御さんに喜ばれるでしょう。

3-3.ニーズに合わせて選ぶ

ほかにも、さまざまな色を使ったカラータイプの紙エプロンや、小さめや大きめのものなど多種多様なサイズがあります。どれを選べばいいのか悩んでしまいがちですが、ニーズに合った種類を選ぶことが大切です。ラーメンは汁が上半身に飛び散りやすいため、なるべく上半身をカバーできるサイズ感の紙エプロンを選んだほうがいいでしょう。どうすればお客が安心してラーメンを堪能してくれるのか・どんな紙エプロンを用意すれば喜んでくれるのか、相手の立場になって考えてみてください。

4.ラーメン屋の紙エプロンをオーダーする方法

ここでは、ラーメン屋の紙エプロンをオーダーする方法について解説します。

4-1.オリジナル製作を行っている業者に依頼する

一般的に、紙エプロンのオーダーはオリジナル製作を行っている製作業者へ依頼することになります。製作業者の中には、紙エプロンや紙ナプキンなど、紙製を中心に取り扱っているところもあるのでぜひチェックしてみてください。なるべく製作実績がある業者に依頼したほうが、理想どおりの仕上がりになります。ホームページ等でどのような商品を扱っているのか・これまでどのようなオリジナル商品を製作してきたのか製作事例を確認するといいでしょう。また、可能であれば実物を見せてもらってください。実際に製作した紙エプロンを見せてもらうことで、具体的にイメージしやすくなるでしょう。

4-2.デザイン・サイズ・形を決める

製作業者によって、製作できるサイズや形が異なるので事前の確認が必要です。ラーメン屋の雰囲気やテーマに合わせて、ぴったりな形の紙エプロンを洗濯してください。製作を依頼する前に、複数の業者を比較し、どのようなサイズや形の紙エプロンがあるのかチェックするといいでしょう。そして、求めている紙エプロンに合った業者へ依頼します。また、オリジナル製作の場合、デザインを自分で決めることも可能です。ほとんどのラーメン屋では無地の紙エプロンを使用していますが、他店との差別化を図るためにロゴやお店の名前を入れるのもアリでしょう。

4-3.見積書の内容は必ずチェックする

紙エプロンをオーダーするといくらぐらいかかるのか気になっている方は多いでしょう。発注数やデザイン・サイズ・形・色数によって費用は大きく異なりますが、目安は1枚あたり数円~数十円です。布エプロンよりも低費用に抑えることができるのは大きな魅力でしょう。ただし、あくまで目安となるため、具体的な見積もりに関しては製作業者に尋ねてください。優良業者なら、どうすれば費用を抑えることができるのかアドバイスももらえるでしょう。見積書にはどのような作業にいくらかかるのか具体的に記載されているため、細部までチェックすることが大切です。

4-4.製作業者選びのポイント

どの製作業者に依頼すればいいのか分からない方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 紙製品のオリジナル製作に長(た)けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 製作実績がホームページ等に掲載されているか
  • 料金体系が明確になっているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較するのがおすすめです。複数の業者を比較することで、製作業者ごとの特徴が分かりますし、悪徳業者も見極めやすくなります。なお、マスプロックでは紙製品のオリジナル製作を行っているので、ぜひチェックしてください。

5.ラーメン屋の紙エプロンに関してよくある質問

ラーメン屋の紙エプロンに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.紙エプロンを提供する方法は?

A.カウンターに紙エプロンを用意したり、お客1人1人に声をかけたりするなどさまざまな提供方法があります。お店が混雑する時間は声をかける余裕がないと思うので、セルフサービスの場所に紙エプロンも用意しておくと便利です。余裕があるときには、お客に「紙エプロンを使いますか?」と尋ねると心配りができているラーメン屋だと好印象を与えることができるでしょう。

Q.製作費用を抑えるポイントは?

A.なるべくまとめて発注することが、製作費用を抑えるポイントとなります。発注数を少なく酢よりも多くしたほうが、1枚あたりの単価を抑えることができるのです。また、無地にしたり、シンプルなデザインにしたりするのも費用を抑えるポイントといえるでしょう。ある程度、予算が決まっている場合は、製作業者に相談することをおすすめします。親身になって話を聞いてくれる優良業者なら、予算と希望に見合った紙エプロンを提案してくれるでしょう。

Q.ロット数とは?

A.1回で生産する製品数量のことです。たとえば、ロット数が1,000枚~の場合、1,000枚以下の受注は受け付けてもらえません。製作業者の中には大ロット数でないと受注不可というところもあるので注意してください。発注数を少なくしたい場合は、なるべく小ロット数での受注を受け付けている製作業者を選びましょう。後でトラブルにならないためにも、ロット数は事前に確認しておきたいポイントです。

Q.デザインに悩んだときの対処法は?

A.インターネットで「紙エプロン オリジナル製作」と調べてみるといいでしょう。すると、たくさんの形やサイズをした紙エプロンがチェックできるはずです。製作業者のホームページで製作事例をチェックするのも、さまざまなデザインがあるので参考になります。どうしてもデザインに悩んだときは、製作業者に相談してみてください。

Q.製作依頼から納品までの流れは?

A.だいたいの流れは以下のようになります。

  1. ホームページまたは電話で製作業者に問い合わせする
  2. 発注数やサイズ・デザインなど大まかな要望を伝える
  3. 製作業者から出た提案や見積書を確認する
  4. 見積書に納得したらデザイン案を入稿する
  5. デザインを最終チェックし、製作開始
  6. 数週間~1か月で納品

あくまで大まかな流れとなるので、具体的な流れを知りたい方は製作業者に確認してください。また、納品を早めてほしい場合、製作業者によっては対応してくれるところもあります。悩まずに一度相談してみましょう。

まとめ

スープが飛び跳ねたり、具材がこぼれたりするなどの恐れがあるため、ラーメン屋におけるエプロンは必要不可欠なアイテムです。エプロンといってもさまざまな素材で作られた種類がありますが、最近では使い捨てタイプの紙エプロンが注目されています。紙エプロンは低価格で製作できますし、使い捨てタイプなので衛生面にも良いと評判です。紙エプロンの製作を受け付けている業者が存在しているので、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。


コースター制作のマスプロック