チラシの印刷で失敗したくない人へ! 安いのに満足できるコツを伝授!


魅力的なチラシは、顧客の購買意欲を刺激し、集客率をアップするためにも必要不可欠です。ライバルとの競争に打ち勝つためにも、チラシ印刷で手を抜くことはできません。何とかしていいチラシを作りたいものです。しかし、むやみに制作費用をかければいいものができるとも言えません。ポイントを外してしまえば、お金の無駄になるだけです。そこで、今回は、チラシの印刷で失敗したくない人のために、安いのに満足できるためのコツを解説します。

  1. チラシについて
  2. チラシの印刷・製作の基本を学ぼう
  3. チラシの印刷前に決めておくこと
  4. チラシの印刷業者選びのポイント
  5. チラシの印刷にかんするよくある質問

この記事を読むことで、チラシ印刷についての基本から応用まで必要な知識が身に付き、注文時のコツがわかります。いい業者の選びかたや注意点を参考にし、満足できるレベルのチラシを作ることができるでしょう。必ず役に立つ内容ですから、ぜひ読んでみてください。

1.チラシについて

最初に、チラシにかんする基本を学びましょう。どんなときに必要か・効果・最近の傾向などについて解説します。

1-1.チラシとは

チラシとは、主に広告を目的として配布する紙のことです。チラシには、以下のような種類があります。

  • 新聞の折り込みチラシ
  • 手配り用チラシ
  • 置きチラシ

1-2.チラシはどんな場合に必要か

チラシは、以下のようなときに必要です。

  • 催事のお知らせ
  • セールのお知らせ
  • 開店・閉店のお知らせ
  • 団体や個人活動の宣伝

1-3.チラシの効果について

チラシの主な効果は、集客効果・宣伝効果です。効果の度合いは、目を引くデザインと配布のタイミングという2つの要素で効果が決まります。まずは、チラシの想定ターゲットが目にとまりやすいデザインを考えることが大切です。さらに効果を倍増するためには、適切なタイミングで配布しましょう。

1-4.チラシの最近の傾向

紙のチラシだけでなく、電子チラシを導入するケースが増えているのが最近の傾向です。スマホやパソコンの普及率が上がり、新聞購読率が下がったことが主な理由と言えるでしょう。しかし、電子チラシは閲覧するために、インターネットに接続したスマホやパソコンが必要です。特別な環境を必要とせず、いつでもだれでも見ることができる点で、紙のチラシが有利と言えます。

2.チラシの印刷・製作の基本を学ぼう

チラシの印刷・製作の基本を学び、注文時に活(い)かしましょう。

2-1.チラシの魅力やメリットとは?

チラシには、多くの魅力やメリットがあります。主なものについては、以下のとおりです。

  • デザインの自由度が高い
  • 低コストで大きな効果を得られる
  • 携帯性に優れている
  • 配布しやすい
  • 軽量で場所を取らないので保管しやすい

2-2.チラシはどんなところで印刷できる?

チラシを印刷するところは、主に以下となります。チラシの目的や性質に応じて、どこで印刷をするか決めましょう。

  • 自宅(家庭用プリンターを使用)
  • 広告会社
  • 印刷会社

2-3.チラシの印刷について

チラシの印刷について、具体的に解説します。

2-3-1.素材・サイズ・種類

チラシを印刷するためには、素材やサイズ・種類を始めに決める必要があります。同じデザインでも、質感や大きさ・種類が異なると違った印象を受けるものです。配布のシチュエーションやタイミング、ターゲットへの効果をじっくり考えて決めましょう。実績豊富な業者なら、実例サンプルを多く持っているはずです。参考に見せてもらうといいでしょう。

2-3-2.印刷方法や技術について

チラシの印刷方法や技術は、日々進歩しているものです。現在では、高品質なデジタルオフセット印刷・活版印刷・グラビア印刷など、デザインに合わせて多くの印刷方法が使われています。特に、デジタルオフセット印刷は優れた発色と細部の表現で定評があり、仕上がりにこだわる場合でも満足できる結果を出せる方法と言えるでしょう。

2-3-3.チラシ印刷価格の目安

チラシの印刷価格の目安は、以下を参考にしてください。以下は、A3サイズもしくはB4サイズのデジタルオフセット印刷で対応した場合です。

  • 300枚まで:片面4色18,000円・両面4色36,000円
  • 1,000枚まで:片面4色22,000円・両面4色44,000円
  • 3,000枚まで:片面4色30,000円・両面4色60,000円

ひとむかし前と比べると簡単にキレイな印刷ができるため、費用も低価格化する傾向があるのも事実です。しかし、品質にこだわるほどに高価になることは変わりません。また、色の追加や箔(はく)押しなど特別な印刷方法を用いるときは、オプション料金が必要です。詳しくは、業者に確認してください。

2-3-4.チラシの製作時間について

チラシの製作時間の目安は、データ入稿後、営業日で3日から10日程度が目安となります。高度な印刷方法や特殊印刷を多用する場合、注文枚数が大量の場合は、より多くの日数が必要になることもあるので注意してください。

2-4.チラシの印刷・製作にかんするそのほかのこと

いいチラシを作成するためには、できるだけ多くのデザインに触れることが大切です。アイデアに詰まったときも、実例を眺めているうちにいい案が浮かんでくることもあります。また、業者のアドバイスは素直に聞きましょう。プロの実績と経験は、侮ることはできません。業者の協力を得てこそ、いいチラシが印刷できると考えてください。

3.チラシの印刷前に決めておくこと

チラシの印刷前には、決めておくべきことがたくさんあります。サイズや形状・デザイン・枚数など、ひとつずつ確認しておきましょう。

3-1.チラシのサイズや形状の種類について

チラシのサイズは、主に以下となります。

  • B5サイズ:コンパクトなチラシを作りたいときに向く
  • A4サイズ:手頃な大きさで配りやすい
  • B4サイズ:A4サイズよりも大きいのでインパクトが大きくなる
  • A3サイズ:情報をより多く載せたいときに有効

なお、チラシの形状は長方形が一般的であり、変形タイプは特別なものと考えましょう。

3-2.チラシのデザインはどうする?

チラシのデザインは、依頼者の自由自在にできます。しかし、広告媒体に合わせたチラシデザインにすることが大切です。

  • 写真入り印刷:セール情報など商品詳細をビジュアルで訴えるときなどに向く
  • カラー印刷:見た目にキレイで目に付きやすいので広告効果が上がる
  • モノクロ印刷:黒1色での印刷となるため派手さはないがデザインのシンプルさが生きる場合もある

3-3.チラシの枚数と予算について

チラシの枚数と予算についても、決めておくべきです。一般的に、チラシは多く印刷するほどに1枚当たりの単価が下がります。しかし、必要以上に印刷しても余ってしまうのでは本末転倒です。特に、期間限定の催事や特売セールのチラシは、余ってしまうと意味がありません。チラシの枚数と予算のバランスを考えて、業者に依頼しましょう。

3-4.チラシの印刷前にかんする注意点

チラシは、納期厳守で作成してこそ価値があるものです。デザインやそのほかの仕様を決めかねているうちに、納期に余裕がなくなることはよくあります。しかし、製作に必要な期間を考えると、できるだけ急いで注文することに越したことはありません。業者に無理を言うケースも多くありますが、短納期での発注は予期せぬトラブルの元にもなるので避けましょう。余裕を見て発注できるように、早めに準備をしてください。

4.チラシの印刷業者選びのポイント

チラシの印刷業者選びは、仕上がりの満足度に大きな影響を与えます。選び方のコツや注意点など、知っておくべきことを学びましょう。

4-1.チラシ製作の流れを学ぼう

チラシを注文したい場合は、まず業者に連絡して見積もりを出してもらいましょう。信頼できる業者なら、すぐに見積もりが届くはずです。以下は、見積もりを受け取った後の流れとして参考にしてください。

  1. 見積もり内容に納得した場合は本契約をする
  2. 業者と依頼者でチラシデザインの打ち合わせをする
  3. 業者にチラシ用のデザインデータを送付する
  4. 業者はデザインデータを受け取り後本印刷に入る
  5. チラシが刷り上がったら納品となる

4-2.チラシの印刷業者の選び方について

チラシの印刷業者で失敗しないためには、いい業者を選ぶ必要があります。具体的には、下記のポイントに従って選びましょう。

  • チラシの印刷で豊富な実績がある
  • センスのいいデザインを提案している
  • すぐに見積もりを出してくれる
  • 料金がリーズナブル
  • できるだけ希望納期に合わせてくれる
  • 高品質な印刷技術を持っている
  • 対応が迅速・親切・丁寧
  • 顧客からの評判がいい

なお、当マスプロックでも、チラシの印刷には自信があります。あらゆる要望にお応えし、最良のチラシ製作のお手伝いをしますのでお気軽にお申し付けください。

4-3.チラシの印刷業者選びにかんするそのほかのことや注意点

料金の安さを重視し過ぎると、品質で不満が残りやすくなります。また、納期が長くかかるなど不都合も多くなるものです。また、印刷の相談に親身になって応じてくれるかどうかが大きなカギとなります。いいチラシを作るためには、業者の協力が必要不可欠です。見た目の安さに引かれて、最も重要視するところを見逃さないようにしましょう。

5.チラシの印刷にかんするよくある質問

最後に、チラシの印刷にかんするよくある質問に回答します。注文してから後悔しないためにも、それぞれ確認しておきましょう。

5-1.チラシの印刷データは業者に作成依頼できますか?

業者によっては、チラシの印刷データ作成を受けているところもあります。自分でデータ作成ができない、データ化する環境がないなどの場合は、相談してみましょう。なお、データ作成費にかんしては、業者によって設定が異なります。また、手書きでもいいので完成イメージを渡すとイメージに近いデータを仕上げるのに助かるでしょう。

5-2.チラシを至急追加発注したいときの注意点は?

まずは、いつまでに納品してほしいのか再度確認しましょう。次に、業者の都合を聞き、依頼できるか相談してください。業者にもほかの顧客からの注文があったり、印刷体制にも限界があったりするため、必ずしも希望を叶(かな)えてもらえるとは限りません。いずれにしても、できるだけ早く相談してみてください。なお、急ぎの発注はオプション費用の請求となるケースが多いので覚えておきましょう。

5-3.チラシの本注文を入れる前に見本印刷をもらうことはできますか?

大量注文の場合は、本注文の前に見本印刷をしてもらえる場合があります。しかし、数百部程度の場合は、見本印刷がないこともあるでしょう。見本印刷を見せてほしいときは、業者に相談してみてください。発注部数が少ない場合でも、オプションで見本印刷が可能になるケースもあります。

5-4.同じデータを利用して複数の大きさのチラシを同時発注できますか?

データが同じならば、同時発注・製作も簡単です。ただし、製作日数は通常時よりプラス1日から3日ほど見ておくといいでしょう。なお、同じデザインでも大きさが異なると印象が変わるものです。本当に同じデータでいいのか、手直しするべきところはないか、注文前に確認しておきましょう。

5-5.チラシの印刷品質に問題がある場合は再印刷してもらえますか?

明らかな色ずれ・色抜けなど、業者の印刷ミスならば再印刷をしてもらうべきです。しかし、仕上がりの印象がイメージと異なるなどの場合は、無料での再印刷は難しいでしょう。パソコンで作成した色合いと実際に印刷する色合いは、まったく同じにすることはできません。印刷イメージに多少のずれが出ることは、想定範囲内と考えてください。

まとめ

今回は、チラシの印刷について詳しく解説しました。魅力的なチラシをタイミングよく配布することで、大きな収益やメリットを得ることができます。そのためにも、チラシ印刷には手を抜くことができません。まずは、目的に応じてどんなデザインが好ましいかじっくり考えてみましょう。実績豊富な業者に相談すると的確なアドバイスがもらえるのでおすすめです。せっかくチラシを印刷するのなら最大限の効果を出しましょう。業者に相談しながら、いいチラシを作り上げてください。


コースター制作のマスプロック