飲食店のPRにコースターを使いたい。その方法をご紹介します。


飲食店の宣伝としてPRグッズを配る、という方法は昔から行われてきました。
古くはマッチやポケットティッシュ。
そして現在はコースターがPRグッズの主流になってきています。
今回は、飲食店のPRグッズとしてコースターを効果的に使う方法をご紹介しましょう。
今、コースターはマッチに代わるコレクターズ商品としての人気も高まっています。
ですから、思わず「集めてみたい」というコースターを作れば、よいPRにもなるでしょう。
オリジナルコースターを作ってみたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  1. コースターがPRグッズになる理由
  2. PRになりやすいデザインのコツとは?
  3. オリジナルコースターの作り方
  4. おわりに

1.コースターがPRグッズになる理由

まず始めに、コースターが飲食店のPRグッズになる理由をご紹介します。
グラスの水滴を吸収する実用的な道具であるはずのコースターがPRグッズに利用しやすいのは、ご紹介するようなわけがあるのです。

1-1.デザインが工夫しやすい

コースターは、グラスの外側についた水滴を吸収するために使われる道具です。
丸や四角のものが多いですが、グラスが置くことができればどんな形でもよいでしょう。
ですから、店舗のある地域の特産品の形にしたり、店のシンボルをかたどった形のコースターも作れたりします。
形が特徴的ならば、使った人の印象にも残りやすいでしょう。
また、コースターは平面に絵や文字を印刷できます。
店の名前だけでなくシャレたデザインやかわいらしいキャラクターを印刷すれば、人目をひきやすく印象にも残りやすいでしょう。

1-2.安価で大量に作れる

コースターは布やコルク、シリコン、厚紙などいろいろな水を吸う素材で作られています。
高級なコースターもありますが、店舗のPR商品にするならば紙コースターがお勧めです。
割りはしや紙おしぼりと同じように使い捨てできますし、1枚当たりの単価も安いですから大量に作れます。
顧客に持ち帰ってもらってもよいでしょう。
また、紙製とはいえ厚みはありますから、配色に工夫すれば高級感も出せます。
客単価が高い店で使っても問題ないでしょう。

1-3.コレクターズアイテムになりやすい

高価ではないけれど収集家の心をくすぐるアイテムは、いつの時代も一定数存在します。
飲食店でかつてよく配られていたマッチもそのひとつ。
マッチも外箱のデザインが工夫しがいのあるため、コレクションしている方はたくさんいました。
今は、コースターがその代わりになりつつあります。
ですから、思わず集めたくなるようなコースターを作れば、それ目当てに顧客が何度も店にやってきてくれるかもしれません。
コースターは安価なので、季節ごとにデザインを変えても面白いでしょう。

2.PRになりやすいデザインのコツとは?

この項では、店舗のPRになりやすいデザインのコツをご紹介します。
絵心が無くても大丈夫です。

2-1.店名をおしゃれな飾り文字にして入れてみる

シンプルですが、効果的なPR方法です。
フォントにはいろいろな種類があるので、店のイメージに合わせて選びましょう。
紙の色と文字の色の組み合わせしだいで、シンプルでも印象に残るものができます。

2-2.無料で使えるデザイン画などを利用する

インターネット上には、無料で使えるデザイン画が多数公開されています。
これらを組み合わせて、オリジナルのデザインを作ってもよいでしょう。
ただし、無料で使えるデザイン画の中でも商業利用は不可というものもあります。
利用したいものがあったら、規約をよく確認しましょう。
また、有料ですが安価で使えるデザインも公開されているので、お気に入りのものは購入してもよいでしょう。

2-3.ご当地のゆるキャラなどを使ってみる

「くまモン」をはじめとして、全国的に人気のあるご当地ゆるキャラはたくさんいます。
これらのキャラクターは県が管理しているので、普通の人気キャラクターよりも利用料が安かったり、県内の店舗であれば無料で使えたりというものもあるのです。
キャラクターのファンならば、キャラクターグッズを集めたいもの。
ですから、申請方法を調べて使用許可をもらいましょう。
旅の思い出にと持ち帰ってくれる方も増えるかもしれません。
キャラクターと一緒に店のPRもできます。

2-4.ご当地の観光名所の写真を使う

印刷技術の発達により、コースターに写真を印刷することもできるようになりました。
全国的に知られている観光名所が地元にある場合は、写真を撮ってコースターにしてみるのもすてきです。
また、観光名所でなくてもきれいな桜やもみじなど四季を感じさせる樹木の写真を使ってもよいでしょう。
使い方しだいで飾っておきたくなるコースターができあがります。

3.オリジナルコースターの作り方

では、最後にオリジナルコースターの作り方をご紹介します。
今は、インターネットを使えば簡単に業者にデザインを依頼することも可能です。

3-1.自分でパソコンを使って製作してみる

今はパソコンで、いろいろなデザインが簡単に作成できます。
専用のソフトを使わなくても、コースターくらいでしたら付属のソフトでも十分でしょう。
また、年賀状作成ソフトなどを利用しても、なかなかのものができます。
台紙は文房具店やインターネット通販で手に入るでしょう。
水分を吸収するものであればよいので、紙だけでなく布でも作れます。
ただし、家庭用のプリンターでは一度に作れる量に限度があるでしょう。
ですから、「とりあえず顧客の反応を見たい」という場合などにお勧めです。

3-2.専用の業者に依頼する

今は、インターネットを使えば簡単に業務用のオリジナルデザインのコースターの作成を業者に依頼できます。
専用のホームページを持っているところも多いので、まずは「オリジナルコースター 製作」などのキーワードで検索してみましょう。
コースターの形から色までホームページ上で選択できますので、めんどうな打ち合わせなどは必要ありません。
また、コースターはかさばらないので、たくさん作っても配送してもらえます。
業者の中にはデザイナーがいるところも多いので、デザインにかんする相談も乗ってもらえるでしょう。
メールで相談できるようになっているところもあります。
コースターはたくさん作るほど単価が安くなりますが、腐ったりいたんだりすることもありません。
ですから、たくさん注文しておいてもむだにはならないでしょう。
飲食店ならば、小さいところでも一か月に100枚くらいはコースターを使うはずです。

4.おわりに

いかがでしたか?今回は、オリジナルコースターを使って店舗をPRする方法などをご紹介しました。
今は、映画やアニメ、マンガなどもPR方法としてコースターを盛んに利用しています。
コラボカフェなどが開催されるときに、特典グッズとして飲み物や食べ物にコースターが付いてくることも珍しくありません。
また、開店×周年などの特別なときに、オリジナルのコースターを作ってお得意様に使う店舗もあります。
よい紙を使ったり、箔(はく)押しで文字や絵を印刷したりすれば高級感も出てよいアピールになるでしょう。
このように、コースターは工夫しだいで、いろいろなものをPRできます。
さらに、コースターは出前のときも使うでしょう。
会議などがあった場合はたくさんの注文がくることもあります。
そのときに、店名を印刷したコースターを使えば多くの方に店名をアピールできるでしょう。
その中の何人かがお得意様になってくれるかもしれません。


コースター制作のマスプロック