粗品のティッシュ製作でお悩み? 魅力・注文方法・コツを詳しく!


「粗品」という言葉を耳にしたとき、ティッシュを思い浮かべる方も多いことでしょう。ティッシュは、気軽に配れる粗品として根強い人気があります。価格が手ごろで実用性が高い点など、製作しやすいのもメリットです。しかし、満足できる仕上がりにするためには、いくつかのコツがあります。今回は、オリジナルティッシュ製作について詳しく解説しましょう。

  1. 粗品としてのティッシュの魅力
  2. 粗品のティッシュ製作について
  3. 粗品のティッシュのオリジナル製作方法
  4. 粗品のティッシュに関するよくある質問

この記事を読むことで、粗品のポケットティッシュついてよく分かり、満足度の高いものを製作できるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.粗品としてのティッシュの魅力

最初に、粗品としてのティッシュの魅力を解説します。

1-1.価格が手ごろ

ティッシュは、価格が手ごろなのが大きなメリットです。大量の粗品が必要でも、単価が安いため予算が少なくても対応しやすいでしょう。同じ予算でも、クオリティーが高いものを作りやすい点でもおすすめです。

1-2.実用性が高い

ティッシュは消耗品であり、持っていると何かと助かります。急いで汚れや水分をふき取ったり、簡易的にものを包んだりするときにも重宝するでしょう。特に、ポケットティッシュは外出時の携帯性に優れていることから人気です。また、ボックスティッシュは自宅で使いやすいこともあり、粗品としてもらうとうれしいとの声が聞かれます。

1-3.宣伝効果が高い

粗品のティッシュは、宣伝効果が高いことも大きな特徴です。使用するたびに、印刷が目に入るため、企業のノベルティーや新製品を売り出す際の販促品などにも向いています。企業のロゴやシンボルマークを目立たせることで、消費者に自然と覚えてもらえるのもメリットです。

1-4.サイズや種類が豊富

ティッシュは、サイズや種類が豊富な点も見逃せません。主な種類としては持ち運びに便利なポケットティッシュ、オフィスや家庭で重宝するボックスティッシュがあります。また、それぞれ形や大きさが異なるため、予算や仕上がりイメージに合わせやすいのも特徴です。

2.粗品のティッシュ製作について

粗品のティッシュ製作について詳しく解説します。

2-1.粗品のティッシュ製作はどんなときに向く?

粗品のティッシュ製作は、以下のようなケースに向きます。

  • 限られた予算で最大の宣伝効果を得たい
  • 大量のノベルティーや販促品を製作したい
  • 実用性の高さを優先したい
  • もらった人に気負いなく使ってほしい
  • オリジナル性を簡単に出したい

2-2.製作できるティッシュの種類は?

たとえば、当マスプロックでは以下のような種類・サイズで製作することができます。同じデザインでも選ぶ種類や大きさによって仕上がりイメージが異なるのでじっくり検討してください。

<ポケットティッシュ>

  • 120mm×80mm(長方型)
  • 120mm×105mm(スクエア型)

<ボックスティッシュ>

  • 235mm×115mm×55mm(平型)
  • 235mm×115mm×50mm(平型)
  • 215mm×115mm×33mm(平型)
  • 110mm×110mm×110mm(サイコロ型)
  • 120mm×130mm×53mm(コンパクト型)

2-3.オリジナルティッシュ製作の費用

オリジナルティッシュ製作の費用は、種類・大きさ・印刷方法などによって異なります。まずは、業者に見積もりを依頼して確認してから正式に発注するといいでしょう。当、マスプロックの製作費用の目安は、以下を参考にしてください。

3.粗品のティッシュのオリジナル製作方法

粗品のティッシュのオリジナル製作方法について詳しく解説します。

3-1.まず何を決めるべきか?

粗品のティッシュをオリジナル製作する場合、以下のことを決めましょう。

  • ティッシュの種類・サイズ
  • 製作ロット数
  • デザイン
  • 印刷方法
  • 納期

3-2.オリジナルのティッシュ製作業者の選び方

オリジナルのティッシュ製作を依頼するときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • オリジナルティッシュの製作で豊富な実績がある
  • 豊富な実例を元に、的確なアドバイスをしてくれる
  • さまざまなサイズ・種類を選択できる
  • 最低ロット数が少なめで、少量でも注文しやすい
  • 高品質さで定評がある
  • 見積もりは無料
  • 価格がリーズナブルで明確
  • できるだけ希望納期に合わせてくれる
  • 担当者の受け答えが丁寧
  • 利用者の評判がいい

なお、当マスプロックでも粗品のティッシュ製作をお受けしています。まずは、お気軽にお見積もりからご依頼ください。

3-3.オリジナルのティッシュ製作の流れ

オリジナルのティッシュ製作は、以下のような流れで進みます。

  1. 依頼者と業者でデザインや仕様・製作数を相談する
  2. 見積もりが届いた後、金額・納期などを確認し正式契約
  3. 指定日までに依頼者がデザインを入稿
  4. 納期までに業者が製作・依頼者の元に送付される

3-4.不安や不明な点を残したまま製作しないこと

業者とのやり取りで、不安や不明な点を残したままにしないでください。たとえば、見積もりに不審な点があるのなら、すぐに確認しておきましょう。双方に認識違いがあるままで製作が進んでしまうと、仕上がりに不満を残す原因になります。業者に明らかな落ち度があるケース以外は、やり直しになっても実費負担となり、日にちもかかるので十分つういしてください。

4.粗品のティッシュに関するよくある質問

最後に、粗品のティッシュに関するよくある質問に回答します。それぞれ目をとおし、役立ててください。

Q.できるだけ安価に製作するコツは?
A.シンプルなデザインかつ印刷色数を抑えることです。また、ボックスティッシュよりもポケットティッシュのほうが単価がひくく、同じ予算でも多く製作することができます。

Q.ポケットティッシュかボックスティッシュか迷うのですが?
A.配りやすさや携帯しやすさを重視するのなら、ポケットティッシュが有利です。販促品として大量に配る必要があるときも、ポケットティッシュがいいでしょう。ただし、記念品やノベルティーとして製作する場合、ボックスティッシュにすると手をかけた感じになるのでおすすめです。

Q.ティッシュの中身を色つきにできますか?
A.一般的には、中身のティッシュは白色です。色つきや柄つきの中身には対応していない業者が多いので事前に確認しておきましょう。

Q.ボックスティッシュが届いたら外箱が凹(へこ)んでいたのですが?
A.まずは、業者に状況をすぐに伝えましょう。業者の梱包(こんぽう)不備もしくは配送業者の扱い不良によるものであれば、無料交換してくれるはずです。なお、雑な開封作業によるものなど、依頼者に責任がある場合はあきらめるか、実費負担にて追加注文してください。

Q.追加注文時にもデザインデータを渡すべきか?
A.同じ仕様で追加注文する場合は、不要とする業者もあります。ただし、デザインの変更を伴う場合は、業者ですでにデザインデータを破棄している場合は、改めて渡してください。

まとめ

今回は、粗品のティッシュについて詳しく解説しました。粗品のティッシュは、配りやすい・実用性が高い・宣伝効果が高いなど、多くのメリットがあります。製作費用が手ごろで大量に製作しやすいことでも、根強い人気です。ただし、満足度の高い仕上がりにするためには、どんなデザインにするか・種類はどうするかなど、信頼できる業者とよく相談しながら進めるといいでしょう。


コースター制作のマスプロック