飲食店の消耗品をオリジナル制作して集客アップ!業者の選び方も!


「飲食店で使っている消耗品をオリジナルのものにしたい」というオーナーさん必見です。どの飲食店にもたいていはある消耗品。業務用資材とも言います。ほんの少し工夫するだけで、お店の宣伝にもなるということをご存じでしょうか?あなたのお店で使用している消耗品を新しく製作しましょう。この記事では、飲食品で使用する消耗品の選び方やオリジナル制作の方法などをまとめてご紹介します。

  1. 飲食店における消耗品について
  2. 飲食店の販促品について
  3. 飲食店の消耗品をオリジナル制作しよう!
  4. 飲食品の消耗品、デザインや注意点は?
  5. 飲食店の消耗品にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ほかのお店とは一味違った消耗品を制作することができますよ。集客アップのためにも、ぜひ参考にしてみてください。

1.飲食店における消耗品について

飲食店で使用する消耗品にはどのようなものがあるのでしょうか。その特徴や選び方などを解説します。

1-1.飲食店によくある消耗品とは?

よく見ると飲食店にはさまざまな消耗品があります。おしぼりやペーパーナプキン・割り箸や箸の袋・コースターなど、使い捨てにしている場合はすべて消耗品です。こういった消耗品は、飲食店を利用する顧客が必ずと言ってよいほど手にするもの。当たり前のように使用する消耗品にほんの少しでも工夫を感じられたら、お店のこだわりを感じることができるのではないでしょうか。

1-2.消耗品の特徴

おしぼりやコースターを使い捨てにすることでさまざまなメリットを得ることができます。まず、衛生的であるという点です。ほかの人が使用していないことが一目で分かるため、誰でも抵抗なく使用することができるでしょう。また、値段が安く保管が簡単というメリットもあります。素材についてもさまざまものが用意されており、たとえば「不織布」という素材で作られている紙おしぼりについても、その厚みによって値段が変わってくるのです。また、消耗品を選ぶときは、値段や素材はもちろんのこと、パッケージのデザインも考慮するようにしましょう。

2.飲食店の販促品について

次に、飲食店の販促品についてご紹介します。

2-1.よくある販促品とは?

販促品とは、販売促進を目的とした品物のことを言います。たとえば、新発売される商品の認知度を高めるために、街中でポケットティッシュなどを配っている様子を目にしたことがあるでしょう。飲食店においては、コースターや箸袋などを販促品として利用しているところが多くなっています。

2-2.販促品はなぜ必要なのか?

販促品は、お店のメッセージを伝える大切なものです。お店のコンセプトやこだわりを顧客に知ってもらうための手段と言えるでしょう。また、リピーターを増やすことにもつながります。「どこかで食事をしたい」と思ったときに、そのお店を思い出してもらえるように、工夫を凝らした販促品を用意することが大切なのです。

2-3.販促品を選ぶ際のポイント

販促品は、顧客に喜ばれるものである必要があります。そのため、できるだけ多くの人たちに受け入れてもらいやすいものを選ぶようにしましょう。たとえば、軽くてかさばらないもの・用途がたくさんあるものなどがおすすめです。コースターや箸袋・おしぼりなどは飲食店以外の場所でも使用する機会が多いため、喜ぶ顧客も多いのではないでしょうか。また、お会計のときにお菓子などを配布している飲食店も多くなっていますが、消費期限を考えてキャンディーやガムなどにすることをおすすめします。

3.飲食店の消耗品をオリジナル制作しよう!

消耗品をオリジナル制作している飲食店も増えてきています。オリジナル制作には、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、実例もいくつかご紹介します。

3-1.オリジナルのメリットとは?

消耗品をオリジナル制作することは、お店にとって大きなメリットになります。まず、お店の宣伝効果があるでしょう。普通なら持ち帰ることのない消耗品でも、デザインに魅力を感じれば持って帰ってくれる可能性はあります。そして、新たな集客につながる確率は高いでしょう。また、お店の特徴としてとらえる顧客も多いはずです。「細部にまでこだわったおしゃれな飲食店」というイメージを与えることができ、お店のイメージアップにもつながります。

3-2.実例紹介

次に、実際に消耗品をオリジナル制作している飲食店の実例をご紹介します。

3-2-1.変わった形のコースターで個性を演出

丸や四角い形をしたコースターではなく、変わった形のものを使用している飲食店があります。デザインだけだとなかなか目にとまりにくいコースターの特徴も、形を工夫することでインパクトを与えることが可能になるでしょう。

3-2-2.高級感のあるお店にふさわしいパッケージのおしぼり

高級感を売りにしている飲食店。布のおしぼりだと単価が高くなるため、紙おしぼりを使用しています。そこで、お店のイメージを崩さないように、パッケージは高級感のあるデザインのものを選びました。紙も厚みのあるものを使っています。

4.飲食店の消耗品、デザインや注意点は?

では、飲食店の消耗品をオリジナル制作する場合、デザインはどのようなものにすればよいのでしょうか。料金の相場や注文方法などもご紹介します。

4-1.デザイン・色・サイズの工夫

飲食店には必ずコンセプトがあるはずです。消耗品をオリジナル制作する場合は、そのコンセプトをイメージしてデザインすることをおすすめします。一目でお店のイメージが伝わりやすくなるでしょう。また、季節ごとに色を変える方法もあります。コースターなどをコレクションしている人も多いため、希少価値の高いものになるでしょう。ただし、持ち帰りやすいサイズに制作することが大切です。「バッグに入らないので持って帰らない」ということになってはもったいないでしょう。

4-2.印刷方法

コースターなどは自分で印刷することも可能ですが、枚数が多い場合やクオリティーの高いものを希望する場合は、業者に依頼した方がよいでしょう。消耗品へのデザインの印刷方法は、業者によって異なります。素材によって印刷できるものとできないものがあるため、事前に問い合わせて確認しておいてください。

4-3.料金相場

業者に依頼した場合の料金については、使用する素材や印刷に使う色の数によって変わってくるでしょう。コースターを例に挙げると、1枚当たりの単価が3~5円程度というところもあります。制作を依頼する枚数が多ければ、割引の対象になることもあるでしょう。必ず事前に見積もりを依頼し、チェックしておいてください。

4-4.注文方法

業者への注文は、電話やメール、Webサイトの申し込みフォームから行うことが可能です。まずは無料見積もりを依頼し、その内容に納得してから正式に申し込むことをおすすめします。そのため、無料見積もりを受け付けている業者を選ぶようにしましょう。

4-5.相談窓口

無料相談を受け付けている業者もあるため、ぜひ利用してみてください。何枚から注文できるのか・どのような実例があるのかなど、気軽に聞いてみることができます。「株式会社マスプロック」では、ホームページのフォームから無料相談を申し込むことが可能です。経験豊富なプロのスタッフが、イメージを形にするための最適なアドバイスをいたします。
http://www.masprock.net/consultation.html

4-6.業者を選ぶ際の注意点

消耗品のオリジナル制作を業者に依頼する場合の注意点をまとめてみました。以下のような業者は選ばないことがおすすめです。

  • 料金体系が分かりにくい。
  • 納品数や納期の融通が利かない。
  • 対応が遅い。
  • 品質が悪い。

5.飲食店の消耗品にかんするよくある質問

「飲食店の消耗品について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.ペーパーナプキンにはどのようなメリットがありますか?

A.使ったら捨てられる・吸水性が高い・使用用途がたくさんあるなどのメリットがあるでしょう。最近のペーパーナプキンは、布ナプキンに劣らずしっかりとした作りのものも多くなっています。

Q.最もデザインを工夫しやすい消耗品は何ですか?

A.コースターでしょう。形も自由に作ることができますし、使った人の印象に残りやすいと言えます。

Q.自分で消耗品のオリジナル制作をすることは可能ですか?

A.もちろん可能です。インターネットの無料デザイン画を組み合わせることで、比較的簡単にデザインすることができます。ただし、大量に作りたい場合はやはり業者に依頼した方がよいでしょう。

Q.コースターに使われる素材にはどのようなものがありますか?

A.厚紙や布・フェルト・コルク・シリコンなどがあります。デザインを重視する場合は、木や竹・ガラス・陶器が使用される場合もあるでしょう。

Q.原稿を用意しなくても制作してくれる業者はありますか?

A.原稿のデータ作成が不可能であれば、イラストや写真を使って打ち合わせをすることで受け付けてくれる業者もたくさんあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。飲食店の消耗品にかんする情報をまとめてみました。飲食店で使用する消耗品は、ほんの少しの工夫でお店のイメージを大きくアップすることが可能です。ぜひこの記事を参考にして、あなたのお店だけのオリジナル消耗品を作ってください。


コースター制作のマスプロック