コツを知って企業や商品への認知度アップ! ノベルティの選び方


企業の知名度や商品への認識を高めるために必要なのは、ノベルティです。無料で配布されることも、景品として使われることもあります。
本来なら企業や商品への関心を高めるために使われるものですが、ノベルティグッズそのものに注目が集まることもあるのです。ノベルティをどのように選ぶかで、担当者のセンスが問われるのではないでしょうか? 
企業イメージアップや販売促進にもつながる大切なノベルティは、慎重に選ぶようにしたいですね。
ノベルティを選ぶときのコツをご紹介します。

  1. ノベルティの目的とは?
  2. ノベルティの選び方
  3. ノベルティに向いているもの
  4. まとめ

1.ノベルティの目的とは?

商品アピールや企業の知名度をアップする目的で使われることが、ノベルティの目的です。消費者により身近に感じてもらえる大切なきっかけ作りになります。
展示会で急遽(きゅうきょ)ノベルティを用意する場面もあるでしょう。日常生活の中で何気なく手にしていることが多く、中にはお気に入りのノベルティを大切に保管している消費者もいるほど。
街頭で配布する場合は、ポケットに収まる手軽なノベルティグッズが好まれる傾向があります。受け取ってもらえる確率が高いと、より目的を達成することができるでしょう。販促品としての役割は大きいと考えられます。
ノベルティ選びはセンスが問われますが、こだわりすぎても問題があるのです。対象としている性別と年齢を見極め、ターゲットに合わせたノベルティを選ぶことが大切でしょう。

2.ノベルティの選び方

販促品として重要なノベルティは、企業イメージや商品に合うものを選ぶことが大切です。アピールしたいものと反対のイメージを選べば、逆効果になってしまいます。
高い効果を発揮するノベルティは、どのように選ぶといいのでしょうか?コツをご紹介します。

2-1.イメージに沿ったものを

何より大切なのは、企業と商品のイメージに沿ったノベルティであること。イメージにそぐわないものを選んでしまうと、アピールしたいものから遠ざかってしまい、本来の目的から逸(そ)れてしまうはずです。
ノベルティ作りには予算も決まっているケースがほとんどですので、決められた範囲の中でいかに効率良く消費者の目に留まるノベルティを選ぶことができるかも、担当者の才覚だといえるでしょう。
販売促進につながる相乗効果が期待できるものもいいですね。

2-2.ターゲットに合わせた選び方

アピールしたい商品が、どのような消費者であるかを絞ることから考えていきましょう。年齢層と性別により、関心を持つノベルティは異なります。若い女性をターゲットにしているのに、的外れな選び方をすれば親しみが湧くことはありません。
愛着を感じるキャラクターがあしらわれたノベルティグッズを選び、親近感を抱いてもらえる可能性は高まります。
年齢が上がるほど、商品名や企業が前面に宣伝されているものは敬遠されてしまう可能性もあるでしょう。どのように宣伝効果を発揮したいのかをしっかり把握し、的を絞ったノベルティ選びが求められます。

2-3.かわいいキャラクター乱用はご注意

ゆるキャラが注目を集める中、キャラクターで集客しようとする企業もあります。しかし、なかなか現実は難しく、浸透するのはごく一部であるといえるでしょう。
もしキャラクターを採用したい場合は、長い目で見て愛され続けることができるかもポイントです。流行(りゅうこう)に流されないことも大切でしょう。個性が強いキャラクターを使ったノベルティグッズを敬遠する方も少なくありません。
また、採用したキャラクターが他社と類似していないことも、事前にチェックしておいたいものですね。著作権に触れないキャラクターであることも合わせて確認してください。

2-4.実用性が高いものが好まれる

使いにくいものや邪魔になるものは、ゴミ箱に捨てられてしまうことが多いものです。商品との関連性にばかり執着し、消費者の実用性を無視してしまう傾向も強いので、ノベルティグッズ選びは難しいといえます。
消費者に喜ばれる実用性が高いもので、気の利いたものを選ぶようにしたいですね。使い道がないノベルティでは、商品アピールのチャンスまで逃してしまいます。
もらったけれど使わないし、マニアックで邪魔だと感じれば捨ててしまう。せっかく用意したノベルティも資源の無駄使いになってしまいます。

2-5.大きさにも配慮

かさばるものは受け取るのに躊躇(ちゅうちょ)し、荷物になってしまうので避けた方がいいでしょう。大きさにも配慮しておくことが大切です。
ただし、小さすぎて目立たないものも逆効果。興味を引きつけられるサイズであることも重要なポイントでしょう。

2-5.ノベルティ選びに迷ったら

ノベルティ選びに頭を抱える担当者は多いもの。個性が強すぎるものや受け取りにくいサイズのものは避けられる傾向があります。キャラクターを使う場合も、年齢や性別を見極めて使用するべきです。
簡単なようで難しいのがノベルティグッズ選び。集客を上げるためにも高い効果を発揮します。選び方しだいで決まるといっても過言ではないでしょう。
ノベルティグッズは単なるおまけではない、大変奥が深いものなのですね。
もしノベルティ選びに悩んだら、数あるカタログの中から無難なものを選ぶことをおすすめします。性別と年齢に関係なく、使いやすいものを選ぶようにしましょう。
予算から決める方法もあります。ノベルティ制作会社に予算を提示し、ターゲットや希望を伝えてみてください。

3.ノベルティに向いているもの

どの企業もノベルティには力を入れています。他社に負けないインパクトを求めようと、ノベルティ選びに迷うこともあるでしょう。
悩みすぎてなかなか決まらないケースも少なくありません。企業イメージアップや商品への認知度を高めるポイントになるので、ノベルティ選びは責任重大ですよね。
ノベルティに向いているものをご紹介します。

3-1.紙コースター

印刷技術が進歩し、紙製品が頻繁に使われるようになってきました。中でも紙コースターは使い勝手もよく、ロゴをアピールしやすいメリットがあります。
清涼飲料水や酒類にもぴったりで、キャンペーンを行う店舗でも配られるアイテムです。場所も取らず荷物にならない、写真の印刷もできます。少ない予算でも対応できるメリットもあるでしょう。
平面なので、こだわりのあるデザインやイラストも印刷しやすいので、オリジナリティを表現できます。

3-2.日用品

普段使う消耗品は、消費者にとっても嬉(うれ)しいもの。ポケットティッシュ・入浴剤・付箋など、持っていると便利なノベルティグッズは印象がいいでしょう。
企業の展示会では、クリアファイルを配布するケースも多く見ることができます。紙コースター同様、平面でデザインにこだわることができる便利なアイテムです。ボールペンは名入れしやすいと好評で、保管スペースにも困らないので企業にとってもメリットがあります。

3-3.携帯ストラップ

キャラクターを採用したノベルティを検討している企業は、携帯ストラップにも注目しています。スマートフォンや携帯電話を1人1台持っているといわれている今、携帯ストラップの需要も増えていると考えられるでしょう。
消費者が気に入って使うことで、商品や企業についてクチコミで広まるメリットもあります。

4.まとめ

ノベルティについてご紹介しました。

  • ノベルティの目的とは? 
  • ノベルティの選び方
  • ノベルティに向いているもの

企業アピールや商品への認知度を高めるポイントになるノベルティは、オリジナリティにあふれたものを選びたいですよね。消費者の印象に残り、使い勝手のいいものを選ぶといいでしょう。販促品としてさまざまな企業で採用されているノベルティは、集客アップにつながるチャンスにもなりますので、ぜひ活用してみてください。 


コースター制作のマスプロック