飲食店開業を計画している方へ~飲食店開業までの流れと準備について~


飲食店の開業には準備や時間がかかるものです。
開業にそなえてしっかり準備しなければ失敗してしまいます。
気持ちよく開業するためにも、飲食店開業までの流れをきちんと把握しておきましょう。
飲食店開業までの流れや飲食店開業の準備、オリジナル制作のメリットについて説明します。
飲食店開業にかかる費用を抑えるためにも、オリジナルおてふきやテーブルマットもご紹介しましょう。

目次

  1. 飲食店開業までの流れ
  2. 飲食店開業の準備
  3. オリジナル制作のメリット
  4. まとめ

1.飲食店開業までの流れ

時間と手間が必要になる飲食店の開業は慎重にすすめていかなければなりません。
きちんとスケジュール計画を立てて飲食店開業を目指してください。
では、飲食店開業までの流れについて説明しましょう。

1‐1.飲食店開業のコンセプトを明確にする

始めて飲食店を開業する人にとっては、初めてやることがたくさんあるでしょう。
まずは、飲食店開業のコンセプトを明確にしなければなりません。
飲食店といってもさまざまな種類があります。
洋食、和食、ラーメン、ハンバーガー、パンケーキ、カフェなど幅広いものです。
飲食店を開業するにあたり、メニューや内容を考えておきましょう。
そして、コンセプトを作成してください。
出店エリア、客層、客単価、外観、内装、経営スタイル、売り方、価格帯、営業時間や定休日など明確にする項目はたくさんあります。
コンセプトを明確にするためにも、1度すべて紙を書き出してください。
紙に書き出してみると自分が出したいお店のイメージがわきます。

1‐2.店の名前とロゴデザインの決定

飲食店のコンセプトが決まったら店の名前とロゴデザインの作成に入ります。
店の名前とロゴデザインは、結構大切なポイントです。
人の記憶に残るような店の名前・ロゴデザインを考えなければなりません。
コンセプトの内容をふまえつつ、ぴったりな名前とロゴデザインを決めてくださいね。そして、開業するための投資・収支計画も立てていきましょう。
開業するためにはお金がいくら必要になるのか、収入はいくらになるのかある程度考えたほうが良いですよ。
投資・収支計画をすすめながら店舗物件を探してください。
出店エリアを決めたうえでガスや電気、排気ダクト、給排水関連も確認する必要があります。

1‐3.店舗の設計、手続き、開店前の準備

資金が調達できたら店舗の設計と施工、役所などへの手続きが必要になります。
店舗物件の契約完了後、店舗の設計や施工にすすむでしょう。
店舗の設計をする際は、信頼できる業者に依頼することが大切です。
実際、業者に依頼した後“イメージと違った”“工事が雑で汚い”などのトラブルが起きています。
順調に開業準備をすすめるためにも、信頼できる業者に選び内装を整えていきましょう。
そして、飲食店営業許可申請などの手続きを役所でしなければなりません。立地や開業の条件によって必要な手続きが異なるので注意してくださいね。
店舗の内装工事が終わったら、いよいよ従業員のトレーニングや機器・設備の稼働確認など開店前の準備に入ります。

2.飲食店開業の準備

2‐1.飲食店開業までのスケジュールを立てる

飲食店開業の準備は「スケジュール計画」が大切になります。
無計画では飲食店開業をスムーズにすすめることができません。
飲食店開業までのスケジュールは、半年前から始まります。
開業日の半年前までには“お店のコンセプト”を決めておきましょう。
できれば、コンセプトシートを作成することが大切です。
賃金調達はせめて2か月前に完了しておかなければなりません。
店舗の選定・契約も2か月前に確認しておき、打ち合わせも始まります。店舗の内装工事や厨房(ちゅうぼう)器類の発注、基本的なレイアウトを決めてくださいね。
開業1か月前には飲食店を運営するための備品、メニューの最終決定、スタッフの役割分担が必要になります。
できるだけ時間に余裕をもって、飲食店開業の準備をすすめていきましょう。

2‐2.飲食店の販促計画もしっかり立てる

飲食店開業の準備は、飲食店内に関係することだけではありません。
店内の工事や従業員のトレーニングはもちろんのこと、“販促計画”も立てる必要があります。
販促計画とは、お客さんに自分の飲食店を宣伝することです。
できるだけ早いうちから開業することを周囲に伝えていかなければなりません。
販促計画の主流は「看板」になるでしょう。
看板でも電飾タイプや黒板タイプ、のぼりなどさまざまな種類があります。
「できるだけ費用を抑えたい」と思っている人は、手書きのチラシでも効果抜群です。また、最近ではFacebookやTwitter、LINE、ブログなどさまざまなSNSがあります。SNSも上手に利用して宣伝すると良いでしょう。

3.オリジナル制作のメリット

3‐1.飲食店の宣伝ができる

飲食店を開業するにあたり必要になるのが、さまざまな備品です。
コースターやおてふき、紙おしぼり、テーブルマットなど消耗品がたくさんありますよね。焼き肉店の場合は紙エプロンも必要になるでしょう。
消耗品は定期的に発注するため、お金がかかってしまいます。
できるだけ消耗品にかかるお金を抑えることが、経営のポイントになるでしょう。
そこで、おすすめしたいのがオリジナル制作です。
オリジナルおてふき、テーブルマットなど受注している業者があります。オリジナル制作のほうが高くつくのでは…と思うでしょう。
しかし、業者の中には低料金で受注しているところもあるので安心してください。
また、オリジナル制作は飲食店の宣伝ができます。ほかのお店よりもインパクトの強いオリジナルを制作しましょう。

3‐2.無料見積もり・無料相談を利用する

オリジナル制作のメリットは低料金かつ、お店の宣伝効果につながる点です。
宣伝効果はとても大切なポイントになるでしょう。
しかし、初めての人にとってはオリジナル制作に疑問を抱いているはずです。
そこで、まずは無料見積もり・無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。
業者のホームページからでは無料見積もり・無料相談を受けつけています。
経験が豊富な業者ほど、さまざまな飲食店に合わせてアドバイスをしてくれるでしょう。
飲食店のコンセプトに合ったデザインを業者に伝えてください。
できるだけ細かく打ち合わせしなければデザインにずれが出てしまいます。
失敗しないためにも、しっかり打ち合わせをしてくださいね。

4.まとめ

飲食店開業までの流れや飲食店開業の準備、オリジナル制作のメリットについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
飲食店開業を順調にすすめるためには、計画と準備が大切です。
しっかり計画を立てたうえで、慎重に準備をすすめていきましょう。

  • 飲食店開業のコンセプトを明確にする
  • 店の名前とロゴデザインを決める
  • 店舗の設計、手続き、開店前の準備
  • 飲食店開業までのスケジュールを立てる
  • 飲食店の販促計画もしっかり立てる
  • オリジナル制作は飲食店の宣伝ができる
  • 無料見積もり、無料相談を利用する

以上のポイントは大切です。
オリジナル制作のコースターや紙おしぼりなどはお店の宣伝効果になります。
お店の宣伝をしつつも、低価格で制作が依頼できるでしょう。
お店のイメージにぴったりなロゴデザインを決めてオリジナル制作に取りいれてくださいね。
業者との打ち合わせが大切なポイントになります。
打ち合わせの中でお店にぴったりなデザインを決めると良いですよ。


コースター制作のマスプロック