飲食店オーナーは必見!繁盛しているお店の共通点や特徴を把握しよう!


飲食店オーナーにとって毎日繁盛しているお店を目指しているでしょう。
繁盛するほどお店は盛り上がり、たくさんの人でにぎわいを見せます。
繁盛している飲食店にはある共通点・特徴があるのです。
自分のお店を繁盛店の1つにするためにも、共通点や特徴をチェックしていきましょう。繁盛している飲食店の共通点や特徴、繁盛するため今からできること、お店をうまくアピールする方法や注意点について説明します。
飲食店オーナーは要チェックですよ。

目次

  1. 繁盛している飲食店の共通点・特徴
  2. 繁盛するために今からできること
  3. お店をうまくアピールする方法・注意点
  4. まとめ

1.繁盛している飲食店の共通点・特徴

実際繁盛している飲食店にはどのような共通点があり、特徴を持っているのでしょうか。
自分のお店が繁盛するためにも、成功したお店の共通点や特徴をしっかりチェックしてください。

1‐1.「環境設備」が整っている

何事も新しいことを始めるためにはまず「環境」を整えていかなければなりません。しっかりとした環境を保(たも)てるからこそ、良いサービスや商品、食事が提供できるものです。
商売繁盛している飲食店のほとんどは「環境設備」が整っています。
食事をつくるために必要な器具や機械、厨房(ちゅうぼう)道具、伝票やテーブルクロス、おはしや器などすべてにおいて必要なものをしっかり管理しているのです。
よく、節約したいからと環境設備を削っているお店もあります。しかし、ほとんど繁盛していません。
環境設備が整っていれば、自然と店内もキレイになります。
誰でも汚いお店で食事はしたくありません。

1‐2.お店を上手にアピールしている

繁盛しているお店ほど、上手にそとへ自分たちのお店をアピールしています。
「繁盛するためにしていることは何ですか?」と尋ねてみると、ほとんどのお店が「接客をよくする」「料理をおいしくする」と答えています。
確かに、2つはお店が繁盛する大切な要素です。
しかし、2点だけでは繁盛しません。
なぜなら、ただお店を開けているだけできるからです。
本当に繁盛している飲食店は毎日お店を開けてお客様を招くだけでなく、自分たちからお店を積極的にアピールしています。
アピール方法はお店によってさまざまです。
後ほど、お店をアピールする方法について説明するのでぜひチェックしてくださいね。

1‐3.どの飲食店にも負けないものを持っている

繁盛しているお店には、「どの飲食店にも負けないものを持っている」特徴があります。
飲食店にもさまざまな種類はありますが、あなたのお店は「他店に負けない!」というものを持っているでしょうか。
「接客」や「笑顔」というような形にないものではありません。
形にあるものを指しています。
たとえば、料理メニューですね。
繁盛しているお店には何かしら他店とは違うオリジナルメニューを持っています。
オリジナルメニューがあるからこそ、利用客が増え、常連客もつくのです。
まだ他店に負けないものを持っていない飲食店は、「絶対に負けないもの」を1つで良いのでつくってください。
従業員や料理長と相談しつつ決めていくと良いですよ。

2.繁盛するために今からできること

2‐1.厨房(ちゅうぼう)や店内の環境を見直し整える

これから飲食店を開くオーナーも、すでに営業している場合でも1度「厨房(ちゅうぼう)や店内の環境」を見直してください。
繁盛している飲食店は少なからず「環境整備」に力を入れています。
しっかり環境が整っていなければお客様が満足する料理、接客ができません。
厨房(ちゅうぼう)では、「厨房(ちゅうぼう)器具」に目を向けてみましょう。
飲食店オーナーはお店を経営するがわなのでなかなか現場チェックができません。
しかし、オーナーみずからチェックすることが大切ですよ。
実際に働いている従業員から不備な点や改善してほしいところが聞けます。「もっと○○すれば効率が良い」などためになるアドバイスももらえるのです。
厨房(ちゅうぼう)や店内の環境を見直し、従業員からの意見を柔軟に取り入れながら少しずつ環境を整えていきましょう。
環境整備は今すぐにでもできることです。

2‐2.他店には負けない「オリジナル」をつくる

繁盛するために今からできることはほかにもたくさんあります。
たとえば、他店に負けない「オリジナル」をつくることです。
ふと入ったお店のオリジナルメニューがお気に入りになると何度でも足を運んで食べたくなってきますよね。
つまり、オリジナルメニューで顧客をつかめば常連客になる可能性が高いのです。
繁盛しているお店には必ず「常連客」がついています。
常連客が多いほど安定した収益につながるでしょう。
よって、繁盛するため自店のオリジナルメニューやキャンペーンなど、他店には「負けないもの」を1つつくってください。
オリジナルメニューが看板になれば大々的な宣伝もできますよ。
自分の飲食店は‟何が売りなのか”‟何をアピールしていきたいのか”明確にすることが大切ですね。

3.お店をうまくアピールする方法・注意点

3‐1.「チラシ」や「のぼり」、「コースター」のオリジナル製作

繁盛しているお店はどのようなアピールをしているのでしょうか。
アピール方法としてはテレビや雑誌、チラシなどが一般的になっています。
ただし、テレビや雑誌などは依頼がこない限り宣伝できないでしょう。
よって、気軽にできる方法としては「チラシ」や「のぼり」になります。
自分たちでチラシやのぼりを製作して上手にアピールしていきましょう。
チラシには「チラシをお持ちいただければ10%オフ」など‟特典”をつけると効果的ですよ。「1度行ってみようかな」という気持ちになります。
そして、オリジナルコースターを製作するのも1つの方法です。
オリジナルコースターであれば、お客様の目を引くと同時に細部までこだわっているお店として認識します。
ぜひコースターを作成してみてはいかがでしょうか。

3‐2.お金のかけすぎには要注意

繁盛店の仲間入りをするため、あらゆるところにお金をかける人もいます。
しかし、無駄な経費は飲食店の赤字になってしまうので気をつけなければなりません。効率的に繁盛するにはどうすればよいのか考えることが大切なのです。
1つの方法としては、「低コストの雑用品」を利用するやり方があります。
おてふきや紙おしぼり、ボックスティッシュ、テーブルマットなど毎日使う消耗品を低コストのものに変えてみてはいかがでしょうか。
低コストかつ、自店の名前が入ったオリジナルを利用すれば、客単価があがる可能性もあります。
また、ポケットティッシュを製作してご来店いただいたお客様に渡すのも良いでしょう。できるだけお金をかけない方法で上手にアピールしていきたいですね。

4.まとめ

繁盛している飲食店の共通点や特徴、繁盛するために今からできること、お店をうまくアピールする方法や注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
飲食店オーナーだからこそ、繁盛するためのポイントをしっかり学ぶことが大切になります。
実際に現場で働いている従業員の意見を聞きながらお店を上手にアピールしていきましょう。

  • 「環境設備」が整っている
  • お店を上手にアピールしている
  • どの飲食店にも負けないものを1つ持っている
  • 厨房や店内を見直し改善する
  • 他店には負けない「オリジナル」をつくる
  • チラシやのぼり、コースターのオリジナル製作
  • お金のかけすぎには要注意

以上はぜひ押さえておきたいポイントになります。
飲食店の繁盛を継続するためにもできることから始めていきましょう。


コースター制作のマスプロック