オリジナルコースターで飲食店をブランド化しよう!


ドリンクに付属する消耗品であるコースターは喫茶店や飲食店では欠かせません。

オリジナルのコースターを作成している喫茶店、飲食店も多く、コースターは“お店の顔”ともいえます。

店舗のブランド化や知名度の向上などオリジナルコースターには多くの効果があるのです。

オリジナルコースター導入のメリットや導入例や集客を高めるデザインなどを紹介するので、ぜひオリジナルコースター採用の参考にしてください。

  1. オリジナルコースターを導入するメリットとは?
  2. どのようなコースターが作れる?
  3. 業者を選ぶポイントとは?
  4. まとめ

1. オリジナルコースターを導入するメリットとは?

1-1.  オリジナルコースターの集客効果

オリジナルコースターは“店舗の名刺”というようなイメージです。

オリジナルコースターを作るメリットについてご紹介しましょう。

【オリジナルコースターで集客率UP】

普通であれば持ち帰ることの少ないコースターでも、個性的なデザインのものであれば持ち帰る可能性も高まります。

持ち帰ったコースターから新たな集客につながるというケースもあり、個性的なコースターを作成すれば高い集客効果を期待できるでしょう。

コースターの収集家もいるため、デザインの良いコースターを作り集客率向上を図ってみましょう!

【オリジナルコースターで店舗イメージをUP】

“おしゃれな飲食店”には“おしゃれなコースター”などのイメージがあり、オリジナルコースターを作ることは店舗のイメージを向上させる効果があります。

店舗のイメージを向上させるためのオリジナルコースターは、店舗の雰囲気にあわせたデザインで作成することが大切です。

オリジナルコースター作成ではデザインのアドバイスを受けられる業者もあるので、相談のできる業者を選びましょう。

1-2. オリジナルコースターの上手な使い方

コースターはアイデア次第で色々な利用方法があります。

オリジナルコースターの上手な使い方をご紹介しましょう。

【コレクション心理をくすぐるデザイン】

導入して間もない時期はオリジナルコースターも目新しく感じられますが、月日が経ってしまうと新鮮さが失われてしまいます。

せっかく導入したコースターも、新鮮さが失われ効果が薄れては意味がありません。

そこでオリジナルコースターは“定期的なデザイン変更する”“いくつかのバリエーションを用意する”などの対策をすることでコースターの付加価値を高められます。

利用者のコレクション心理をくすぐるようなデザインはコースターの効果を高めるためにも大切です。

【店員の一言も大切?】

使用後は捨ててしまう紙製のコースターは利用者が持ち帰っても良いものなのですが、利用者側としては少し持ち帰りにくいものです。

そんな場合には、「コースターはお持ち帰りいただいても構いません」という店員の一言だけでも、利用者はコースターを持ち帰りやすくなります。

オリジナルコースターを宣伝ツールとして利用するためには“コースターを持ち帰ってもらう”ことが大切になるので、コースターを持ち帰りやすいような環境を作ることが大切です。

【コースターを配る】

コースターを配ることで広告としての使用可能です。

街頭で配るということも効果的ですが、レジ横に置いて自由に持ち帰ってもらうということでも十分に広告としての効果があります。

簡易的なポイントカードとしても使えるなど、オリジナルコースターはアイデア次第で様々に利用可能です。

2. どのようなコースターが作れる?

2-1. 丸や四角だけではない?個性的なコースターとは?

コースターを魅力的な広告にするためには、通常の丸型コースターよりも“変形コースター”を利用するのも一つの方法です。

オリジナルコースターには丸型や角丸型などの通常コースター以外にもさまざまな形のものを利用できます。

コースターの話題性を高めたい場合には、変形コースターを使用して珍しい形のコースターをデザインしてみましょう。

2-2.  オリジナルコースターを有効に使う

オリジナルコースターをデザインするためのポイントについてご紹介しましょう。

・店舗のイメージをデザインに反映する

店舗の広告としてアピールするためには店舗のイメージをデザインすることが大切です。

例えば、“店構え”“店舗のロゴ”など店舗を特定できるものをデザインすることで広告効果が高まります。

・期間限定のオリジナルコースターをデザインする

オリジナルコースターを期間限定にすることで、コースターの付加価値を高められます。

例えば、春夏秋冬など季節に応じて使い分けて季節感を演出するなどの使用方法も良いでしょう。

単価は高くなってしまいますが1,000枚単位から作成することも可能なので、イベントなどに合わせてオリジナルコースターを作成するのも効果的です。

3. 業者を選ぶポイントとは?

3-1. 品質とコストが重要

オリジナルコースターを依頼する業者を選ぶ際には、コストや品質、機能性も重視して選びましょう。

コースターの機能性は“吸水性”にあり、品質の良いコースターを作成できる業者をえらぶことは非常になります。

また、イベントで利用するなどの場合には少数ロットにも対応していることも業者選びのポイントです。

オリジナルコースター作成を依頼する業者は、品質とコストのバランスを考え選びましょう。

3-2. 変形コースターのバリエーションで選ぶ

店舗のブランド化を視野にオリジナルコースターを検討している場合には、変形コースターのバリエーションも大切です。

変形コースターの形状を複数から選ぶことのできる業者であれば、オリジナルコースターのデザインの幅も広がります。

目立つオリジナルコースターを作りたい場合には変形コースターを利用できる業者を選んでみましょう!

まとめ

飲食店の名刺ともいえるオリジナルコースターを、効果的に利用する方法についてまとめてみましょう。

  • コースターを広告として使ってみよう!
  • 店舗のイメージにあわせた付加価値を高めるようなデザイン
  • コースターを利用するためのアイデアを考える

消耗品であるコースターですが、広告としても非常に効果的です。

コースターによって口コミが広がることを考えると、オリジナルコースターは広告として考えましょう。

オリジナルコースターを効果的に使用するための方法には以下のような方法があります。

  • 持ち帰ってもらえるような環境を作る
  • 個性的なコースターを作る
  • 定期的にデザインを変える

飲食店はイメージが大切であり、オリジナルコースターは店舗のブランド化に役立つ消耗品です。

飲食店のイメージをブランド化するためにも、オリジナルコースターを検討してみましょう。


コースター制作のマスプロック