大きな宣伝効果が期待できる! ポケットティッシュ工場に依頼する方法とは?


メーカーや小売店などの販促品やノベルティグッズとして定評のある販促用ポケットティッシュ。
街中や駅前などで配られている風景もよく見かけます。

広告としては一般化しているポケットティッシュですが、そこには様々なメリットがあり、うまく活用することで大きな宣伝効果が見込めるのです。

ここでは、そんなポケットティッシュのメリットや活用法などを分かりやすく解説していきます。

目次

  1. ポケットティッシュを活用することのメリット
  2. どのようなポケットティッシュがあるのか?
  3. PR効果を高めるオススメの活用法!
  4. 業者を選ぶ際のポイント

1.ポケットティッシュを活用することのメリット

数ある販促品の中でも、ポケットティッシュにしかないメリットはたくさんあります。
そのメリットを活用することで、費用対効果の高い宣伝が可能です。

では、どんなメリットがあるのでしょうか?
それを分かりやすく解説していきます。

1-1.お客様に受け取ってもらいやすい

ポケットティッシュは、誰でも使う可能性が高い実用品です。
あなたのカバンやポケットにも、1つくらいは入っているのではないでしょうか?

実用度が非常に高い製品なのでお客様にも受け取ってもらいやすく、いざというときに使われるので広告効果が抜群なのです。

「もらって嬉しい!」
「いざというときに助かった!」

そんな便利な実用品なので、ただ単にセールスされるときと違って印象度も良くなりますし、チラシやボールペンなどに比べてお客様に喜んでもらえる点が最大のメリットと言えます。

1-2.使い切るまで常に目にするもの

販促用ポケットティッシュは、一度目にしたらあとは忘れ去られるような販促品ではありません。
使い終わるまで常に目にするので、広告効果が切れることなく持続する性質があるのです。

また、持ち運びできる点も大きなメリットでしょう。
カバンやポケットなどに常に忍ばせられるので使ってもらえる頻度が高くなり、その結果宣伝効果も必然的に上がるのです。

かさばらない、ということもポイントですね。

1-3.シーズンを選ばない

ポケットティッシュは季節に関係なく使われるので、配る時期を選ばない点も重要なポイントです。
例えば、ウチワであれば夏季にしか使えませんし、マスクなら冬季のみしか使えません。

その点、ポケットティッシュであれば時期に関係なく使えます。
しかも長期間の保管もできるので、大量発注して単価を抑えつつ徐々に配っていく、というやり方もできるのです。

販促品やノベルティ品の中には、使われずに廃棄されるものも多いのですが、ポケットティッシュは廃棄量を抑えて無駄なく使えることも大きなメリットと言えます。

1-4.コストパフフォーマンスに優れる

ポケットティッシュは、コストパフォーマンスに優れるメリットもあります。
注文数やサイズなどによって変わりますが、1個当たりの単価は5~15円程度と非常に安価なのです。

チラシやハガキなどと比べてもコストに大きな差がないにも関わらず、販促効果が非常に高いのがポケットティッシュなんですね!

2.どのようなポケットティッシュがあるのか?

ポケットティッシュと一口に言っても、サイズや印刷法など多種多様のバリエーションがあります。
種類によって使い方も異なってくるので注意が必要です。

2-1.形状・サイズの違い

形状は大きく分けると2種類あります。
一般的な長方形型の「レギュラー型」と、真四角の「スクエア型」です。

レギュラー型は一般的なサイズでポケットなどに入れやすい反面、広告スペースが狭いデメリットがあります。

一方のスクエア型は、広告スペースが広く大きめのティッシュである反面、レギュラー型に比べるとかさばる点がデメリットです。

使用用途に合わせて選択しましょう。

2-2.印刷方法の違い

印刷方法にも違いがあります。
ポケットの部分にチラシを封入する「ラベル印刷」と、パッケージ本体に直接印刷する「フィルム印刷」です。

ラベル印刷は透明のティッシュのポケット部分にチラシを封入するタイプなので、広告内容だけを変えたい場合などにも便利な側面があります。

フィルム印刷は、初版代やデザイン料などがかかる場合がありますが、直接印刷を施すのでオリジナリティのあるアピール力に優れており、お客さんにも印象に残りやすいメリットがあるでしょう。
ブランドイメージや信頼性を上げたいのであればフィルム印刷がオススメです。

2-3.ラベル印刷の違い

ラベル印刷にも、いくつか違いがあります。
チラシが封入されていない「無地タイプ」、片面印刷の「通常ラベル」、両面印刷の「両面ラベル(巻きラベル)」です。

両面の方が広告面が広いので宣伝効果は高いのですが、その分単価は上がります。
無地タイプは自分でチラシを用意する必要がありますが、単価を安くすることができます。

これらサイズや印刷方法の違いから様々な組み合わせがあるので、自社の戦略や特色に合ったタイプを選びましょう。

3.PR効果を高めるオススメの活用法!

ポケットティッシュは広く使われている販促品なので、ただ単に広告を載せるのではなく、ライバルを出し抜くアイデアや使い方をしていく必要があります。

3-1.広告に工夫を持たせる

広告部分にQRコードなどを載せてサイトに誘導することでキャンペーン告知やメルマガ登録を促す方法や、クーポンや引換券などを載せることで即効性のある集客が期待できます。

また、少ないスペースを活かすためには欲張ってあらゆる情報を載せるよりも、そのお店の看板品やキャッチコピーを前面に押し出すことも有効です。
お客さんにインパクトを与え、覚えてもらいやすい広告を心掛けましょう。

3-2.渡し方に工夫を持たせる

ポケットティッシュを配る場所は、街角や駅前の印象が強いです。
確かに、その方法は多くの見込み客にアピールできますが、逆に言えば商品やサービスにまったく興味のない人にも渡ってしまい、効率も悪くなります。
また、すべての人に受け取ってもらえるわけではありません。

受け取ってもらえる確率が高くなるのは、ポスト投函です。
街角では素通りでも、ポストであればその場で捨てる人はいませんので、見てもらえる可能性が高まります。

そして、商品やサービスに興味を持った見込み客に渡したいのであれば、来店していただいたお客さんに会計時などに渡す方法です。
もともと興味があって来店しているはずなので、クーポンなどを入れたポケットティッシュを渡せば、リピートしてくれる可能性が高くなります。

ビジネスをしていくにあたって大事なのは、新規顧客以上にリピーターをいかに増やすかが大事です。
リピーターを増やすためにポケットティッシュを利用する、という視点も持つよう心掛けましょう。

4.業者を選ぶ際のポイント

4-1.相談や打ち合わせに親身に対応してくれるか?

オリジナルの広告やティッシュを作成する以上、出来上がりイメージと実際の製品が違っていた、ということはよくあることです。

それを防ぐためにも、

  • 親身になって対応してくれるか?
  • 間違いがないように確認をしてくれるか?

という部分が重要になってきます。
担当者の対応の良さなどに注目しましょう。

4-2.見積もりをキチンと出してくれるか?

いくら単価が安いとはいえ、まとめて発注するものなので決して安くはありません。
色によって値段が違う、発注数によって値段が違う、といって当初見積もり以上の額が請求される場合もあります。

特に大量発注となると間違いは避けたいので、キチンと見積もりを出してくれて、色校正などの相談にも乗ってくれる業者を選びましょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

ポケットティッシュは使い方次第で非常に強力な販促品です。
たくさんのお客さんに喜んでもらえるよう、ここに書かれていることをぜひ実践してみてください。
弊社でも集客の手助けになれるよう、親身な対応を心掛けておりますので、ポケットティッシュの導入をお考えであればまずはお気軽にご相談いただければと思います。


コースター制作のマスプロック