お客様から喜ばれて収益アップ!オリジナルボックスティッシュ活用法


どんなに素晴らしい自社製品やサービスがあっても、それをお客様に認知されないことには買っていただけません。営業活動や販売促進は、企業やメーカーにとっては永遠の課題です。

そこでメーカーや企業は、様々な販促品やノベルティグッズを製作して配っていることと思いますが、思ったような成果を得られない場合も多々あることでしょう。

そこでオススメしたいのが、オリジナルの広告が印刷されたボックスティッシュです。これをうまく活用することで、商品やサービスを利用していただくための強力な武器となります。

目次

  1. 効果の出ない販促品の特徴とは?
  2. なぜボックスティッシュは効果があるのか?
  3. 接点を増やすことが購買に繋がる
  4. ボックスティッシュの効果的な活用法

1.効果の出ない販促品の特徴とは?

1-1.多種多様にある販促品

世の中には、様々な販促品・ノベルティグッズがあります。代表的なもので言えば、タオルやメモ帳・ボールペン・カレンダー・携帯ストラップなどでしょう。

しかし、これらの販促品は必ずしも販促に繋がるかというと、決してそうとは言い切れません。

タオルやボールペン・メモ帳は使われないままカバンの中や文房具入れの中に放置されることもありますし、携帯ストラップに至っては、そのままゴミ箱行き……なんてことも。

わざわざ販促費をかけて、お客様に配る手間暇をかけても、宣伝効果がなければ本末転倒です。

企業にとって、宣伝広告は最も重要な課題であり、効果の出ない販促品やノベルティを配ることはなんとしても避けたいものでしょう。

そこでオススメしたいのが、自社のロゴなどが印刷できるオリジナルのボックスティッシュなのです。

2.なぜボックスティッシュは効果があるのか?

2-1.お客様に喜ばれる

オリジナルのボックスティッシュをオススメする理由として、第一に『喜ばれるものである』という点が挙げられます。生活必需品なのでほぼ間違いなく使われるものであり、あって困ることはないからです。

2-2.広告面が広く使える

第二に、『広告面が広く使える』という点。最大6面もの広範囲に文字やロゴを入れることができるので、バリエーション豊かなアピールができます。

2-3.毎日目にするものである

そして最も重要な点が、『毎日目にするものである』ということです。ボックスティッシュは、一度開封されてしまえば中身を使い切る数週間~数ヶ月間ものあいだ、ほぼ毎日目に入るものになります。

これにより、ユーザーに認知されやすくなり、無意識の記憶にも定着するので、広告効果が非常に高いのです。

また、配布した販促品がもしお客様にとっていらないものだったとしたら、お客様からすればゴミが増えるだけになり、最悪の場合、企業イメージを損なう恐れもあります。

しかし、ボックスティッシュはほぼ間違いなく使われるものなので、『お客様から喜ばれる』ということが非常に重要なのです。

3.接点を増やすことが購買に繋がる

3-1.お客様との関係性

企業とお客様の関係も、広義で言えば人間関係です。そして人間関係を円滑に運ぶために最も重要なことは、『どれだけその人と接点を持てるか?』これに尽きます。

接点を増やすとどうなるか?

それは『信頼関係の構築』に繋がります。お客様が商品やサービスを購入するということは、相手(企業)を信頼しているからに他なりません。

これはビジネスにおいては基本の考え方で、ブランド力があるということは、そのブランドへの信頼度が非常に高い状態なのです。

3-2.信頼関係が重要

昨今、食品の成分偽装や異物混入などが大きく取り沙汰されていますが、それはひとえにお客様と企業との信頼関係が崩れたことを意味しています。

一度信頼関係が崩れてしまうと、企業の売上にも大きく響いてくるのです。

逆に言えば、信頼関係をしっかりと構築していけばお客様から商品やサービスが利用され、大きな売上アップが見込めます。

4.ボックスティッシュの効果的な活用法

4-1.ロゴやウェブサイト表記のみでは不十分

人は、一番身近な家族や友人に一番信頼を寄せるようになります。企業とお客様との関係も同じです。

さすがに直接お客様と毎日顔を合わせるのは難しいのですが、ロゴやメッセージを毎日目にすることができるボックスティッシュであれば、自然に接点を持たせることができます。

もちろん、ただ単にロゴやホームページアドレスを載せただけでは効果は少ないので、そこはアピール力の腕の見せ所です。

企業ロゴだけでアピールできるのは、圧倒的なブランド力をもった大企業だけなのが実情であり、効果的なアピールをするためにはブランド力以外の部分で勝負する必要があります。

4-2.具体性

そのためのポイントの1つが、『具体化』です。

具体化というのは、会社そのものをアピールするのではなく、『お客様に認知されたい商品やサービスを前面に推しだす』ということ。

分かりやすい例で言えば、水道管の修理屋さんがよく配布している、冷蔵庫に貼るタイプのマグネットシールです。

水道屋さんのマグネットシールには、企業のロゴやウェブサイトではなく『こんなトラブルがあったとき、こういう風に対処します。ここにお電話いただければ、半日で修繕します!』といったように、お客様の悩みを解決するサービス紹介を載せています。

すると、もしも水道管が破裂したとき、『そういえば冷蔵庫に水道屋さんのシールがあったわね!』と思い出していただけるのです。

ボックスティッシュに印刷する広告も、お客様の悩みや問題を解決するための商品やサービスを掲載することで、潜在的見込み客へのアピールになります。

4-3.インパクト

また、『インパクト』を持たせた広告も覚えてもらいやすいのでオススメです。

インパクトのある広告とは、一目見ただけでその企業のイメージを表せるような印刷の仕方にあります。

例えば、バス会社であれば、ボックスティッシュがバスの形に見えるように、窓やタイヤなどを印刷してバスをかたどらせたり、八百屋さんなら、実際の店頭の写真そのままを印刷してみたりするとインパクトがあって面白くなります。

このように、お客様にあなたの会社や商品・サービスを認知してもらい、販促につなげるためにボックスティッシュをうまく使うことが非常に有効な手段なのです。

ただ単にチラシやボールペンなどをを配ったときと、ボックスティッシュを配布したときの販促効果の差は非常に大きいことがイメージできたと思います。

4-4.実は導入しやすい販促品

ボックスティッシュというと、主に自動車のディーラーや保険屋さんが利用しているような印象があります。

大企業が、自社のブランディングの一環として使っているイメージでしょう。

しかし、オリジナルの印刷を施したボックスティッシュの単価は、約50~100円前後と、非常にリーズナブルな価格になっているので、中小企業にこそ利用してほしい販促品なのです。

そして、形状やサイズにもバリエーションがあります。

通常サイズの平型に加え、自動車のダッシュボードなどにも置きやすいサイコロ型や、かさ張らないコンパクト型など多岐に渡るので、見込み客の属性によって使い分けることも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでもう一度ボックスティッシュのメリットをまとまると、

  • 他の販促品に比べてお客様から喜ばれる
  • 印刷面が広いのでアピール力が強い
  • 毎日使うものなので認知されやすい
  • お客様との信頼関係構築に一役を買う
  • リーズナブルに作成できる

これほどメリットが多い販促品なので、あなたの会社でもぜひ利用していただければ、と思います。

ちなみに、オリジナルのボックスティッシュはネットで簡単に注文できます。当社でも無料相談を受け付けておりますので、オリジナルボックスティッシュの作成を考えている企業様はお気軽にご連絡ください。


コースター制作のマスプロック