覚えておいて損はない!!ナプキンのテーブルマナーとは?


テーブルマナーフランス料理等の高級なレストランに行ったときにナプキンの使い方が分からず困ってしまった。という経験はありませんか?
そこで今回はナプキンの正しいテーブルマナーをご紹介しましょう。
これであなたもテーブルマナーを守れるスマートな大人の仲間入りです。
この記事をお読みいただければ決して難しくないこともお分かりいただけると思います。

ナプキンを使わないのはマナー違反?

シミひとつない真っ白なナプキンを使うのはためらわれる、という方もいるでしょう。
しかしナプキンはレストラン側からの「これで口や指先をお拭きください」と供されているものですので使わないのはかえってマナー違反になります。

ナプキンは膝の上におく

イラストや漫画などでナプキンを襟もとに挟みこむ描写がされていることがありますが、あれは間違いです。
ナプキンは正方形の布ですので軽く二つ折りにして膝の上に起きましょう。
その際角と角を少しずらすと拭きやすいです。お皿の上からナプキンを取るタイミングはオーダーの後、料理が運ばれてくるまでの間です。
パーティーなどでは乾杯の後、主賓がナプキンをとったらそれに合わせましょう。

ナプキンで拭いても良い場所は?

ナプキンで拭いて良い場所は指先と口元です。その際ナプキンの内側を使うと使った後が見苦しくなりません。
ソースや飲み物をテーブルなどにこぼしてしまった場合はウエイターを呼びましょう。
また、飲み物のグラスに口を付ける前にナプキンで軽く口元をぬぐうと飲み口が汚れずスマートです。

中座するときは?

中座をする場合はナプキンは椅子の上に軽くたたんでおきます。テーブルの上に乗せると帰ったものとみなされてしまうので注意しましょう。

食事が終わった後は?

食事が終わった後はナプキンをたたんではいけません。ナプキンをたたむと「この店の料理はまずかった」という意味になってしまうのです。
しかし、あまりぐちゃぐちゃに置いても見苦しいもの。
使用した部分を見えないように内側にして、角と角をわざとずらした畳み方をして置いておくとよいでしょう。
置く場所はデザート皿の右側です。たとえすでに下げられていたとしても、デザート皿があった場所の右側に起きましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は正しいナプキンのテーブルマナーについてご紹介しました。
それほど難しいことではありませんので、社会人のマナーのひとつとして覚えておけば、いざというときに役に立ちます。


コースター制作のマスプロック